フリーターからの転職
20代フリーター就職サイト > 20代転職 > 退職してフリーター 転職できる?

退職してフリーター 転職できる?


退職 フリーター 転職

正社員を退職してフリーターに。しばらくアルバイトをして食いつないで、それからまた転職活動をしよう、と思っている方も多いのではないでしょうか。

ブラック企業に就職してしまった場合、サービス残業が多すぎて時間も無い、給料もなぜか安い。これならフリーターの方が自由があってマシかも。

もう正社員を辞めたい!

正社員を退職してフリーターになったとしても、年齢やフリーター期間(ブランク期間)によっては再び正社員として転職に成功する事は十分可能です。
第二新卒として採用されやすい年齢の方もいるでしょう。

しかし場合によってはフリーター期間が思いがけず長引く可能性もあります。
フリーター生活が居心地が良く抜け出せなくなる。フリーター期間が長くなり、転職活動をしても書類選考で落ちる事が増えてえします。

そうなると20代をフリーターで終えてしまい、30代フリーターに突入することにもなりかねません。

正社員経験があってもブランク期間が長い30代フリーターは、転職先が決まりにくくなります。

正社員を退職してフリーターになるにしても、出来るだけ早い時期に転職活動をスタートされることをオススメします。

転職支援を利用する方も多いでしょう。
転職エージェントとして、幅広い業界・職種の20代向け求人が多い、

リクルートエージェント

DODA

などの転職エージェントの活用がおすすめです。

今までの正社員経験からどんな転職先が狙えるか、といったアドバイスをもらうだけでも参考になります。

退職してフリーター 転職できる?

新卒で入社した会社を退職、フリーターになって少ししてから転職をしたいと思っている。

すぐにでも辞めたいので、退職してアルバイトしながら生活費を稼ぎつつ転職活動をしようと思うけれど、転職出来るかな?

新卒で入社して3年経ったし、そろそろ転職したいな・・・

退職したいと思う時期が早い方だと就職後2ヶ月、3ヶ月といった1年目の場合もあるでしょうし、2年目、3年目で踏ん切りがついて退職を決める方もいると思います。

(実際、30歳を越えてから一旦フリーターになって転職をしよう、と考える方は少ないでしょう。リストラ解雇や倒産などがあれば別ですが・・・)

気になるのは、やはり退職後の転職、仕事のこと。

退職後、すぐに転職活動をせずに少し休みたい。
気分転換に旅行に行こうと思っている。
正社員転職をせずに、フリーターとして少し過ごそうかな。

といった方も多いのではないでしょうか。

退職してフリーターになったとしても、再び正社員として働くための転職は出来ます。

お住まいの地域、年齢や希望職種によっては厳しい事もありますが、転職が絶対無理といった事はありません。

特に20代であれば、

20代向け 就職支援サイト

などを活用して未経験の職種に新たに挑戦、転職する事も出来るでしょう。

30歳を越えてのフリーターからの転職は確実に厳しいです。

ただ、いずれにしても退職後、なぜ空白期間が空いているのかは質問されるでしょうから面接対策は必須と言えます。

就職した会社での正社員としての仕事が忙しかった方は、やはり退職したら「少し休みたい・・・」という気持ちもあると思います。

退職後、ブランク期間が空くほど転職活動は難しくはなります

退職願
退職を実行する前に一つ覚えておきたいのは、やはり退職後にブランク期間が空くと転職活動は厳しくなる、ということです。

私も以前とは立場が変わって、採用に携わる事もあり面接官をする事もあるのですが中途採用、転職希望者で気になるのはやはり「ブランク期間が長い」求職者です。

「正社員としての勤務後、退職してどうして2年もブランク期間(フリーター期間)があるのだろう?」

といった方も少なくありません。

正社員としての勤務後、退職。
フリーター期間が2,3ヶ月であれば、そこまで気にする事も少ないです。

個人的な感覚としても、知り合いで人事に携わる人と話をしていても、短期間のアルバイト生活であれば「転職活動をしながらアルバイトで生活費を得ていたのだろう」と納得感はあります。

退職後、フリーターとしてブランク期間が空くほど、

なぜ?どうして?

と深く突っ込まれますし、理由が求められる事は覚えておきたいポイントです。

「転職活動をしても中途採用が決まらなかった理由がある人材ではないのかな?」

と少々ネガティブなイメージから採用選考が始まる事が多い事は、しっかり受け入れる事が必要と思います。

既に退職してフリーターとして収入を得つつ、生活されている方もいるかもしれませんね。

そうした方で20代の方は、自力での転職活動が思った以上に苦労する事を実感されている方も多いのでは、と思います。

20代向け 就職支援サイト

などを利用して、仕事探しの相談をされることも考えてみてはいかがでしょうか。

第二新卒といわれる方であれば、かなりの確率で転職先を見つける事も可能です。

これから退職、という方も出来れば転職がしやすい在職中の次の転職先を見つけるのがベストとは思いますが、事情があってどうしてもそこまで待てない、といった方もいると思います。

その場合であっても、出来るだけ早めにフリーター生活を切り上げて、正社員として働くために転職活動をスタートされる事をオススメします。

どういった転職活動をするか、ある程度イメージしておくと良いかもしれませんね。

アルバイトが忙しい!転職活動をする暇が無い・・・とならないように注意

正社員としての勤務先、会社を辞めてフリーターになったとして、注意したいのはフリーター生活が楽で楽しくなってしまい、アルバイトが忙しくて転職活動をする暇が無い、転職活動をする気も無くなってしまう事です。

先ほども書いたのですが、フリーター期間が長くなればなるほど、転職活動は難しくなってきます。

正直なところ、フリーターとしての収入では生活もギリギリ、といった方は多いと思います。

生活するためにアルバイトを減らす事が出来なくなり、転職活動が出来ない・・・といった状況にならないように注意はする必要がありますね。

そのため、退職後に転職活動するにしても「どれくらいの期間で転職をするか」は決めておく方が良いと思います。

下手をすると20代後半、それも30歳手前までアルバイトを続けていってしまう可能性もありますからね。

20代の間はアルバイトもまだ見つかりやすいですし、バイト先でも同じように20代が多いと思いますから自分自身でも違和感を感じることも少ないと思います。

しかし、30代になるとアルバイトも次第に見つかりにくくなってきますし、バイト先でも少しずつバイト仲間として入りにくくなってくる感覚を持つ方も多いのではないでしょうか。

22歳のアルバイトからすれば、30歳、31歳のフリーターはやっぱりちょっと違いますよね。

退職後、フリーター生活が長くなればなるほど様々なリスクが増える事は理解をして、早め早めに転職に向けて動かれる事をオススメします。

退職後フリーター、アルバイト生活が居心地が良すぎて抜け出せない・・・

退職後、居酒屋でフリーターで稼ぐ

正社員の仕事はやっぱり大変な仕事が多いです。

それこそ、ブラック企業に就職してしまった場合にはアルバイトが超楽に感じられますし、むしろ楽しいとさえ思うのではないでしょうか。

それでいて、ブラック企業の頃よりも短い勤務時間で生活出来るだけのバイト代が得られます。
当たり前の話ですが、長く働けばそれだけ時給が発生して月収が上がります。

フリーターで月収20万円など稼ぐ方もいるかもしれません。

月収20万までいかなくても、月収15万くらいでも東京でも十分、ひとり暮らしは出来ますよね。

バイト先で賄いなど出れば、食費も浮きます。

正社員を退職してからのフリーター生活が、居心地が思った以上に良くてフリーターから抜け出せない、といった可能性はあります。

とはいえ、フリーターは年収が上がりません。
ボーナスも無いですし、時給で働きますから限界があります。

フリーター生活が長くなると、正社員になるのが面倒に感じられるようになってしまうかもしれません。

退職後フリーターになる場合には、いつまでに就職活動をする!

と期限を決めておくことが重要といえます。

それも意思が弱いと破ってしまうかもしれませんが、期限を決めておかないよりはマシではないでしょうか。

退職後の脱フリーターには、転職エージェントを利用する

転職エージェントを利用して20代で転職
退職後、フリーター生活から脱出する方法として、自力で転職活動をする方法もあります。

しかし、転職エージェントを利用して他者の力を利用して半強制的に転職活動を進める方法も効果的です。

転職エージェントとのやり取りが面倒、絶対に利用したくない!

といった場合には無理に利用をオススメはしませんが・・・転職エージェントの持つ情報網、求人の多さ、採用担当者とのパイプは魅力的です。

フリーター生活が心地よい・・・という方は特にこの後もフリーター生活が長引く可能性があります。

そうした場合にこそ転職エージェントを利用して、半強制的に転職活動を進める方法が良いかもしれません。

前職を活かしての転職がスムーズですし、そうした経験を活かせる転職を希望されている方も多いと思います。

丸っきり未経験への異業種転職も、20代であれば狙うことは十分可能です。
企業によっては30代前半くらいまで未経験転職が可能な場合もありますから、転職エージェントと相談しながら、転職先を絞ってみると良いでしょう。

⇒ リクルートエージェント

⇒ DODA

一般の求人サイトでは情報が手に入らない非公開求人が多いことも、こうした転職エージェントを利用するメリットです。

【Re就活】職歴1年以上、第二新卒に強いの転職エージェント

新卒で入社して職歴が1年、2年といった方の転職は難しいことも多いです。

リクルートエージェントやDODAなど大手転職エージェントを利用してみて、良い結果が得られなかった場合には、20代を専門とする転職エージェントの活用がおすすめです。

最初から利用して転職活動をする方法も良いと思います。

20代専門の転職エージェントの中でも、職歴が1年~3年の第二新卒者の転職支援に強いエージェントが、

Re就活エージェント

です。

転職が難しくなりがちな職歴1年~の人であっても、Re就活エージェントの内定率が高い理由は、

確実に20代を採用している企業のみを紹介してくれるから

です。

紹介してもらえる企業の中には、知名度が高い大手企業、優良企業もあります。

Re就活エージェントの拠点は以下となります。

・東京オフィス(最寄り駅:東銀座、築地市場)
・名古屋オフィス(最寄り駅:伏見)
・大阪オフィス(最寄り駅:梅田)

(2020年7月13日時点の情報です)

新卒で入社した会社を辞めて、転職を希望される場合にはこうした20代専門の転職エージェントの活用もおすすめです。

⇒ Re就活エージェント 詳細はこちら

職歴が短い人でも就職できる?

就活の悩み

退職してフリーターになり、また改めて就職活動をする方も多いかもしれません。

新卒で正社員として就職して、2,3ヶ月で退職しフリーターで生計を繋ぐ、といった方も多いのではないでしょうか。

実際のところ、多くの企業は早期退職の職歴はかなり気にします

採用担当者は「また同じことを繰り返してしまう可能性 = 早期退職」を考えずにはいられません。

そのため、求人サイトを利用して自力で企業へ応募する場合には、書類選考で落ちる可能性は高くなることを覚悟して、転職活動を継続することが必要となります。

もちろん、面接対策も重要になりますね。

確実に早期退職の理由を質問されます。
フリーターになった理由、転職を考えた理由など質問されることが増えるのは確実と言えます。

新卒入社2ヶ月での早期退職、といった方がフリーターを経て正社員として転職を成功させるには、経歴が浅い第二新卒者も専門的に転職支援を行っている転職エージェントを利用する方法もあります。

⇒ DYM就職

⇒ ハタラクティブ

⇒ 就職shop

といったエージェントは、20代フリーター、第二新卒者、既卒といった方の転職にも活用することが出来ます。

2,3ヶ月で退職といった場合には、正直なところそこまで経験も積めていませんし、スキルも身に付いていないでしょう。

ほぼ新人、未経験者といった状態です。

中には研修期間中に退職した方もいるのではないでしょうか。

であれば、こうした転職エージェントを利用して、未経験者歓迎の求人を多く紹介してもらう方法も転職成功率を上げる事が出来ますのでおすすめです。

フリーター歴や無職歴が長くなってもOKの企業も多くクライアントとしている場合が多いですよ。

自力での就活が難しい・・・と感じてからハタラクティブなどを利用する方も多いです。

情報収集に活用してみる、それから利用を考えてみたいといった方も、まずは相談からでも大丈夫です。

ぜひ、活用して早い時期のフリーター脱出、無職脱出などを目指してみてくださいね。

早期退職 関連記事

1,2ヶ月 短期退職の場合、職歴は書かなくても良い?

1ヶ月、2ヶ月といった短期退職の場合、履歴書はどう書いたら良いのでしょうか?
短期の職歴なら書かなくても良いのでしょうか。
できれば、早期退職の経歴は書きたくないです。





キーワード