履歴書の書き方
20代フリーター 就職サイト > 就活ノウハウ > 1,2ヶ月 短期退職の場合、職歴は書かなくても良い?

1,2ヶ月 短期退職の場合、職歴は書かなくても良い?


短期の職歴、履歴書や職務経歴書に書く必要あるの?

正社員になる事を目指して就職活動をされているフリーターの人の中には、正社員として就職した経験を持つ人もいると思います。

高校や大学を卒業する時に新卒で就職していたり、フリーターを一度脱出して正社員就職していたり、と経歴は人により様々と思いますが、その職歴が短い場合。

例えば、1ヶ月、2ヶ月といった短期で退職した場合の職歴

短期の職歴に関しても、しっかりと履歴書などには書いた方が良いでしょうか。

「職歴としては短いし、あまり良い印象は与えないよね?出来れば、書きたくないな・・・」

と思っている人は多いのではないでしょうか。

確かに「1ヶ月で退職」という職歴を見れば、大抵の面接担当者は良い印象は持たないです。

何らかの問題があって退職したのだろう、と考えるのが通常です。

就職セミナーなどに参加をすると、こうした短期退職からの就職・転職がテーマとして取り上げられる事もあるでしょう。

その際、短期の職歴は採用が不利になるので書かない方が良い、と指導される事もあるかも知れません。

しかし、私の今までの転職活動の経験や、人事担当者との情報交換からは、

短期の職歴も履歴書、職務経歴書には書いた方が良い

という結論です。

短期退職が問題にされない場合

面接
短期の職歴であっても書いた方が良い理由、書かないリスク、について見ていく前に「短期退職が問題にされない場合」もあります。

それはズバリ、会社都合です。

会社が倒産した、などはどうしようもありません・・・。

その場合には、職歴が短期であっても深く突っ込まれて採用選考に影響することはほぼ無いでしょう。

自己都合の退職は、やはり色々と質問を受ける可能性が高いです。

短期の職歴であっても書いた方が良い理由

職歴詐称にあたり、最悪「解雇」される可能性も

職歴が短期であっても記載はした方が良いです。

その一番の理由としては、「職歴詐称」にあたるためです。

職歴として書かなかったという事は、その期間は仕事をしていなかったと言う事になります。

面接では上手く隠して質問に対して受け答えは出来ると思います。

ちなみに、1ヶ月でも雇用保険に加入されてれば、バレる可能性は高いです。
まともな会社に就職されていれば、社会保険などはしっかり手続きしますから、そちらからバレる事はあります。

入社後に、職歴を詐称したことが発覚した場合、最悪の場合で【解雇】となる可能性もあります。

解雇されてしまっては、せっかく頑張ってフリーターから脱出するために就職活動を頑張って仕事に就いても、元も子もありません・・・。

仮に【解雇】まではいかなったとしても、

職歴を書かない=ミスを隠す人材

というイメージも持たれてしまいます。
そうなってしまうと、同僚や上司からの信頼感を取り戻すのは大変です。

職歴を隠す事で、リスクの方が大きいと言うことは認識された方が良いと思います。

短期の職歴があったとしても、正直に記載をして改めて仕事に対しての熱意、志望動機を伝えて採用してくれる会社を探すべきといえるでしょう。

入社後ずっと居心地の悪い思いをする

2ヶ月以内など短期の職歴を書かなかった場合、ウソをついているという意識が自分の中にはあるはずです。

そうした意識をずっと抱えながら仕事を続けていくのは、思った以上に苦しいのではないでしょうか。

そうした「後ろめたさ」「居心地の悪さ」を考えれば、素直に短期の職歴を書いた上で、就職活動をして正社員就職を目指す方が良いでしょう。

20代前半に短期の職歴があったとしても、退職理由にもよりますが、そこまでネガティブな評価をされることは少ないです。

これは人事担当の方達と話をしていて感じます。

問題は入社後どんな風に働いて貢献してくれるか。
社風に合う人材かどうか。
素直さがあるかどうか。

こうしたことの方が大切、という話はよくされますね。

どんな入社書類から職歴詐称がバレるのか

入社時に提出を求められる書類があります。

「年金手帳」「雇用保険被保険者証」「源泉徴収票」です。

こうした書類からバレる事もありますし、雇用保険の関係からバレる事もあります。

うっかりと自分の話から不信感を持たれてバレる可能性だってありますね。

ウソ、というのはどんな小さな事も良くない、というのは真実といえそうです。

短期の職歴も書いて、その上で採用してくれる会社を探すのがベスト

「短期の職歴を書く事で、不採用になる可能性が高くなってしまうのでは・・・?」

と考えたからこそ、1ヶ月、2ヶ月で退職した経歴を隠してしまおう、と思われたのではないでしょうか。

しかし、隠すのではなく「短期の職歴を認め、それが自分に理由が合った場合。それを繰り返さないようにし、就職活動をしている」事をアピールする方法を取ると良いでしょう。

フリーターから正社員就職を目指す場合、ターゲットとなるのは中小企業となるでしょう。

中小企業の社長さんには色々な人がいて、そうした経歴を面白がる人もいます。

重要なのは、これからの事
次はしっかり働いてくれるだろう!と採用を考える社長は多いですよ。

ちなみに、重視するのは第一印象という社長さんは多いですね。

問題は社員が担当する面接です。
一次面接を行う面接官は一社員ですから、採用基準から外れていると思う人材をあえて「面白い人材です!採用したら職場が活性化すると思います」とはプッシュしません。

採用しない方が無難、という判断です。

そこは志望動機や失敗を繰り返さないように気をつけている、といった話で十分カバー出来るはずです。

もし、短期職歴となってしまった会社がブラック企業であった場合は、いかに大変な労働環境であったか、事実を淡々と説明されると良いです。

それを理由にはマイナス評価はされないでしょう。

しっかり面接対策を行う事で、不利と感じる部分をカバーする事は可能です。

自力での就職活動が上手くいかない場合・・・

就職活動の方法
もし、自力での就職活動で上手くいかない期間が続く場合には、プロのアドバイスを受けることをオススメします。

20代フリーター、第二新卒、既卒 オススメ就職サイト ランキング
で20代向け就職支援サイトをご紹介しています。

書類選考無しで面接を受けられる就職支援もあり、オススメです。
仕事への熱意などを、面接官に直接つたえられるメリットは大きいですよ。

次の関連記事も合わせてご覧になってみてください。

入社2ヶ月で退職フリーター その後の就活の仕方





キーワード