就活の悩み
20代フリーター 就職サイト > 20代仕事探し > 新卒で短期退職、改めて就職先を見つけたい

新卒で短期退職、改めて就職先を見つけたい


新卒 短期離職 就職

新卒で入社、短期離職。再び就職活動をするには

早期離職、短期離職は今後の就職活動に非常に不利
退職願
しかし、就職活動の方法によっては早期離職した方でも就職成功率の高い就活を進めて行くことが可能です。

そのためにオススメの就職サイトについて、記事の後半でご紹介をしています。

新卒で入社した会社。
1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月といった短期での退職。
もっと短い期間で退職する人もいますね。

1日とか・・・さすがに極端ではありますけれど。

こうした早期離職は、その後の就活に確実に不利です。

でも、頭では分かっているけれど・・・今の仕事はやっぱり限界。
悩んで結局辞めた。

今は新卒就職に関しては、超売り手市場となっていますから、その感覚で就職活動がまた出来ると考えて早期離職を選択する人も多いのかもしれません。

しかし、新卒の再就職はまた状況がガラッと変わります

出来れば最低でも1年は仕事を頑張ってみると、その後に退職をしても就職活動はしやすくなるのですが、2ヶ月、3ヶ月、半年など短期間でどうしても退職という選択をされるケースもあるでしょう。

その場合、その後の就活にどういった不利が待っているでしょうか。

新卒者 短期離職、早期離職後 就活の不利な点

新卒入社後、早期離職。

もう既に辞めてしまった方も多いかも知れませんが、これから退職をしようかどうか迷われている方も多いと思います。

デメリットを考えて決める事も大切と思いますので、早期離職した後にどんな大変さが待っているか、先に就活の不利な点を見ていきたいと思います。

書類選考で落ちやすくなる

新卒の頃、書類選考で落ちたことがあまり無いという方も多いと思います。
ほとんどの応募先では面接に進む事が出来たかもしれません。

しかし、2,3ヶ月で退職など短期離職した後は、書類選考でびっくりする位落ちる方も多いです。

職務経歴を見た瞬間に「辞めやすい人なのかも」と思われてしまうのでしょう。

書類選考で落ち続けてしまう可能性が高いです。

職務経歴書が空白だらけ

一度、就職している訳ですから今度の就職活動では職務経歴書を書く必要があります。

しかし、数ヶ月で早期離職しているわけですから何が身に付いている訳でも無いと思います。

人によっては、研修中に退職してしまった、というケースもあるかも知れませんね。

中途採用枠を狙っての就職活動(転職活動)では、

・履歴書
・職務経歴書

が必要となりますが、例えば・・・

履歴書でも3ヶ月で退職の職歴。

職務経歴書も経験している事がほぼ無いため、空白だらけ。

正直、自分が面接官だったら見た瞬間、落とすよね・・・と思う応募書類しか作れません。

書類選考に通るのは、非常に厳しいです。

応募可能な求人が減る

ちょっと前の新卒での就職活動では、様々な業界・職種の求人があったと思います。

しかし、今度は中途採用枠ですし、未経験OKの正社員求人を狙う事が多くなります。

「経験者優遇、キャリアあり歓迎」といった求人は経験といえるほど職歴が無いですから、難しいです。

正社員就職はあるけれど、職歴としてみられる程の経験では無い、という微妙な状況です。

人気職種、条件の良い求人はやはり2,3年程度の職歴が無いと応募が難しいのが実際のところです。

第二新卒向け求人を見ていても、コールセンターや携帯販売店の求人、販売・サービス、飲食・フード、ITエンジニア求人、保険、製造などの求人が多いです。

出来れば避けたい、と思うような業界・職種が多い印象です。

早期離職後、就職活動の進め方

ITエンジニアへの就職活動
新卒の頃はあんなに応募先があったのに・・・と思わない人はいないかもしれません。

それくらい、自力での就職活動は厳しさを極めると言って良いでしょう。

しかしそうした場合であっても、就職成功率の高い就職活動を進めて行くことが可能です。

例えば、

20代フリーター、第二新卒、既卒 オススメ就職サイト ランキング

でご紹介している中では、DYM就職などは早期離職・短期離職した方も就職支援を行っています。

もちろん、DYM就職ではなくても他の就職支援サービス、ハタラクティブやジェイックなどを利用しても、新卒入社、短期離職した方も就職活動を行う事が出来ます。

早期離職の場合、困るのが、

退職理由

ではないでしょうか。

面接での退職理由への質問の受け答えなど、思わず悩んでしまう面接対策もしっかりとアドバイスを受けながら、準備が出来るのは助かる方も多いのではないでしょうか。

こうした就職支援サービスは、これまでに非常に多くの方が利用して就職に成功しています。

その中には、あなたと同じように早期離職した方も多くいるでしょう。

そうした方達の就職支援の経験を活かしての、的確なアドバイスを期待出来ます。
正直なところ、早期離職後の就職活動は、自力では非常に厳しくなると予想されます。

書類選考で落ち続けてしまって、仕事が決まらずに半年。
諦めてフリーターに・・・ブランク期間がさらに空いてしまって、よけいに就職が難しくなる。

自宅に引きこもり、ニート生活が3年、4年となってしまう。

そうしたケースも考えられます。

早期離職後、再び正社員として働きたい気持ちがあるのでしたら、出来る限り早めの就職活動がオススメです。

ブランク期間は空けば空くほど、さらに不利になってしまいますからね。

20代フリーター、第二新卒、既卒 オススメ就職サイト ランキング

でご紹介しているような就職支援サービスを活用する事で、短期間で退職していても面接を受けられる企業を紹介してもらう事が出来ます。

第二新卒歓迎、人物重視、ポテンシャル採用、と言う事で中途採用を考えてくれる企業の求人紹介を中心に受けられる事をオススメしたいと思います。





キーワード