就職活動の方法
20代フリーター 就職サイト > 20代転職 > 入社2ヶ月で退職フリーター その後の就活の仕方

入社2ヶ月で退職フリーター その後の就活の仕方


2ヶ月で退職 フリーター

入社するも2ヶ月 短期間で退職、その後の就職活動について

新卒での入社した会社やせっかく中途採用で入社した会社を、2ヶ月や3ヶ月といった短期間で早期に退職してしまう事もあると思います。

特に初めて正社員として就職した会社、社会人として働き始めてから分かる事も多いですよね。

就職先を決める時、就職活動をする時もかなり企業研究をしたつもりであっても、分かっていなかったこともやっぱり沢山あります。

働き始めてから自分に本当に向いていない仕事だと分かる事もあるでしょうし、入社してみたらブラック企業だった・・・という事もあると思います。

妥協して内定が出た会社に就職したものの、やっぱり本当にやりたい仕事に就きたい!と短期で退職、再就職を目指す方もいるでしょう。

ちなみに、新卒入社の退職は3年以内で約30%と言われており、3人に1人が退職、転職をする時代です。

これから退職しようと悩んでいる方もいるでしょうし、もう早期退職して再就職のために求人を調べていたりする方もいるでしょう。

退職後、ひとまず生活費を稼ぐためにフリーターになる方もいると思います。

入社2ヶ月で早期退職しても、再就職をする事は可能です。

ただし、フリーターになっていたとしても、早い時期に就職活動をする事が重要です。

退職からの再就職、早い時期に就職活動をする事が大切です

身だしなみを整える
新卒で入社した会社を2ヶ月、3ヶ月といった短期で退職した方は、第二新卒として再就職する企業を探す事が出来ます。

フリーターから就職、退職といった方でも年齢によってはまだ第二新卒として2回目の転職ということで求人探しが出来ますが、人によっては20代後半になっているなど第二新卒を外れている人もいるでしょう。

そうした方であっても20代であれば、まだまだ就職する事は可能です。

転職回数が多くなればなるほど転職の成功率は下がっていきますが、20代で2回目の転職と言った回数であれば、退職理由・転職理由をしっかり伝える事でそこまで不利になることは少ないと言えます。

しかし、いざ再就職を探すとなるとやはり不安で・・・という方も多いのではないでしょうか。

でも大丈夫です。

ひと昔前は2ヶ月など短期で退職した第二新卒やフリーターの再就職は非常に難しかったですが、今は特に20代の中途採用へのニーズは高く、再就職はしやすい状況です。

転職自体もネガティブなイメージが少なくなり、その分転職する人が増えましたよね。

不足しがちな人材を確保するために、積極的に第二新卒や20代の中途採用を行う企業が多いんです。

とはいえ、あまりに退職後にフリーター歴が長くなってしまったり、無職の空白期間が空いてしまうと再就職は難しくなってしまいますから、出来るだけ早く再就職するために就活をする事をオススメします。

フリーター、既卒、第二新卒向け就職支援サイトの活用がオススメ

就職アドバイザー
早期退職からの再就職、フリーターとしてアルバイトをしながら就職活動をするにしても、オススメはフリーター、既卒、第二新卒向け就職支援サイトを活用する方法です。

20代限定で利用できる就職支援ですが、フリーター向け就職支援サービスについてオススメとしては、

⇒ DYM就職

⇒ ハタラクティブ

⇒ ジェイック(JAIC)

⇒ 就職Shop

などがあります。
いずれも就職成功率が高くて、特徴も違ってきます。

⇒ 書類選考無しで面接が受けられる就職支援サイト

などもあります。

就職エージェントと呼ぶこともありますが、こうした就職支援サイトを利用する事で、自力での就職活動では難しい事が多い早期退職からの再就職も、内定獲得率、就職成功率を上げる事が出来ます。

自分にあった仕事や企業を紹介してもらえるだけではなくて、事前に履歴書や職務経歴書を見たうえで面接を行ってくれる企業を紹介してもらえるため、内定を獲得しやすいといえますね。

求人紹介の他、キャリアカウンセリングや企業との連絡、面接日の調整なども代行してもらえますし、応募する企業の詳しい情報についても求人に掲載されている以上の情報をもらい、面接対策などをする事が出来ます。

これも大きなメリットといえますね。

2ヶ月など短期で退職した場合、色々な事が不安になると思います。

就職アドバイザーが担当についてサポートしてくれる事も利用する大きなメリットです。

不安や悩みを相談しながら、就活を進めていく事が出来ます。

早期退職から再就職を目指す際の注意点・ポイント

職歴無しからの正社員就職
早期退職から再就職を目指す際、注意したいポイントがやはりあります。

退職してフリーターをしている場合には特に、ですが、計画性の無い人材であるという印象を持たれることが多いです。

とりあえず就職したけれど、突発的に辞めた人材、という印象です。
またフリーター生活が長引いている場合にも、何らかの理由があって就職が出来ないのでは?と思われがちです。

入社から短期で退職した場合には、特に退職理由をしっかりと考えておく必要がありますね。

面接では「なぜ早期退職したか」といった質問は必ずされるでしょうから、そうした質問に対してしっかりと答えを用意しておく事が重要となります。

「採用してもまたすぐに辞めるのでは?」といった面接官の印象をひっくり返す事が必要です。

止むを得ない理由だった場合、素直に早期退職した理由を説明する事も効果的です。

その上で、志望動機や今後どういった姿勢で仕事をしてきたいか、と言った事を前向きに話す事が重要となります。

そうした面接対策についても、

フリーター、既卒、第二新卒向け就職支援サイト

を利用する事でサポートを受ける事が出来ますから、一人で就活をするよりも不安無く就職活動をしていく事が出来ると言えます。





キーワード