大学中退後、就活セミナーへ参加
20代フリーター 就職サイト > 大学中退から就職 > 大学中退後、就職は不利?

大学中退後、就職は不利?


大学中退後の就職活動、やっぱり不利?

大学中退の理由も色々とあると思います。

当然、自分が原因では無くても大学を辞めざるを得ない事情であった、という方もいるのではと思います。

しかし、中退は中退ですから、その後、大学中退後の進路を考えなくてはいけません。

多くの方は何らかの形で働いて、生活費、収入を得る事を目指されると思います。

正社員就職を目指して就職活動をされる方も多いでしょう。

その際、大学中退したことで就職は不利になる事が多いのでしょうか。

大学中退後の就職、不利になる事が多いです

結論からいうと、大学中退後の就職では不利になることが多いです。

大卒で新卒就活する場合と比べると非常に不利ではありますね。
最も就活しやすいですからね。

高校新卒での就活と比べても、不利になる可能性があります。

まず、「大学を卒業できなかったという事実」は付いて回ります。
これはもう変えようがありません。

就職活動それ自体も不利になります。

大学中退 = 高卒 です。

また、高校新卒という訳ではありませんから「中途採用」を狙っての就職活動となります。

中途採用ですから、応募する求人によっては「その業界・職種の経験者」とも採用を競うことにもなります。

大学中退ということですから、職歴無し、社会人経験無しの状態という方がほとんどでしょう。

就職を考えると、大学中退は有利な事はありませんね。
不利な面ばかり、といって良いでしょう。

面接官によって受け止め方が異なる「大学中退」の事実

面接
大学中退後、就職活動をするとします。

高卒でも応募可能な求人、さらに未経験OKの正社員求人を中心に探して、良いなと思える会社を見つける事が出来ました。

書類選考も通過し、面接を受けられる事に。
その際、面接官によって大学中退の受け止め方が大きく異なる、というのはありますね。

中退理由によっては評価に影響が無いという場合は多いですが、伝え方には注意が必要です。

面接でしっかりと大学中退の理由を説明して納得してもらえる場合には、そこまでマイナス評価になる事は無いですが、

「大学に通う意味が無いと思った」

「大学の人間関係が理由で」

など、面接官によっては大きくネガティブに捉えられるような内容もあります。
実際、中退理由が上記である場合も多いと思います。
ウソをつくのはいけませんが、ストレートにはあまり伝えない方が良い中退理由といえますね。。

また、履歴書にも大学中退の事実は書いた方が良いです。

履歴書には、大学中退は書くべき

大学中退を書かない事で、空白期間が生まれる

履歴書には大学中退は書かない方が良い、と考えている方もいると思いますが、学齢として書いた方が良いです。

履歴書に大学中退の事実を書かないと言う事は単純にウソの経歴になります。

また、場合によっては長い空白期間になる方もいるでしょう。
大学3年生半ばで中退すれば、その3年半はフリーターかニート、家事手伝いをしていたという事になります。

必ず、就職活動をする際には必ず面接官に、

この空白期間は何をされていましたか?

と質問をされます。

今の時代、高卒でフリーターは評価されません。
人手不足の状況が何年も続いていますし、特に都市部では仕事に就こうと思えば高校新卒として正社員就職もしやすい状況です。

ここでも、何らかの事情で就職出来なかったのでは?と思われかねません。

高卒でフリーター、ニートという履歴を作るよりは、素直に大学中退、中退理由を説明してネガティブな印象をひっくり返す事を狙った方が良いと言えます。

「逆学歴詐称」で後々処分される可能性も

ちなみに、中小企業ではそこまでする事は少ないかもしれませんが、人材を採用するにあたって経歴調査をする場合もあります。

最終学歴が大学中退であるのに、入学せずに高等学校卒業のみを書く事で、

逆学歴詐称

にあたります。

特に公務員試験を目指す方は注意が必要です。

実際に、大卒なのに高卒で公務員試験を受けて採用、後日「学歴詐称」が判明して懲戒免職になった事例は少なくありません。

大卒が偽って高卒で試験を受け採用される事で、本来の高卒で入れる人が入れなくなった可能性がある、ということです。

高卒以下の試験は、高卒までの人に就職する機会を確保するため、という目的があるために大卒の人が学歴詐称をして受験、するのはダメ、ということになります。

一般企業でも厳しい所は経歴調査を行いますから、気をつけた方が良いと言えます。

大学中退は事実として、素直に記載するのが無難です。

大学中退後の就職活動、有利に就活を進めるには

大学中退後の就職活動ですが、少しでも若いうちに行動(就活)をするのが良いです。

大学中退してからのブランク期間(空白期間)が空くほど、不利になると言って良いでしょう。

それこそ、

「こんなに長い間、何をされていたんですか?」

という質問をされてしまいます。

大学中退ということは、間を置かずに就活をスタートすれば、新卒者よりも若い方が多いと思います。

若さは武器です。

若い事が中途採用に有利に働くケースは本当に多いですから、大学中退後、正社員就職する事を考えている場合には、出来るだけ早く就活をスタートされる事をオススメします。

その方法として、自力での求人サイトやハローワークを利用して探す方法ももちろん良いのですが、大学中退者も対象に就職支援を行っている就職サイトを利用する方法もオススメです。

大学中退者向け就職支援サービス

で大学中退、フリーター、ニートOKの未経験OKの正社員求人を多く紹介してもらう事が出来ます。

大学中退者の就活は、不利になることも多いのが現実です。

こうした大学中退者でも就職支援をしてくれるサービスを利用しての就職活動をする事で、不利な面もカバーしやすくなります。





キーワード