ITエンジニアへの就職活動
20代フリーター 就職サイト > 大学中退から就職 > 大学中退 ITエンジニアへ就職するには

大学中退 ITエンジニア就職


大学中退 IT業界へ就職

大学中退者がIT業界へ就職を目指すのはおすすめです。プログラマーが一般的でしょうか。
キャリアとしてシステムエンジニアを目指してみるのも良いと思います。
インフラエンジニアの求人も最近ではIT業界の求人として増えてきました。

まず、IT業界は学歴を現場で問われる事はありません
仕事をしていて大学中退が不利になった、というエンジニアの方は滅多にいないでしょう。

未経験者採用が多いことも、大学中退者の就職先としておすすめ出来る大きなポイントとなります。

特に中小の開発会社などは人手不足が深刻です。

そのため高卒者、未経験者であっても自分で努力できる、やる気のある若手であれば未経験でも採用することは多いです。

IT業界でエンジニアとして働くことは将来性もあります。
年収も高めの業界ですから、大学中退後の就職先として是非検討してみてください。

大学中退 ITエンジニアへ就職するには

大学中退後、正社員就職を目指す方にとってそれぞれ、興味のある業界・職種があると思います。

その中で、正社員として働くならIT業界、エンジニアとして働く事に興味がある、という方も多いのではないでしょうか。

実際、大学中退後の就職先として希望される方も多く、未経験者歓迎の正社員求人が多い事もIT業界の特徴です。

大学中退後の年齢的にも、就職しやすいのがITエンジニア職といって良いでしょう。

ITエンジニアといっても、様々な種類があります。
また、利用する言語なども違いますから興味を持ち、就きたいエンジニア職に合わせて学ぶ事も大切です。

代業的なITエンジニア職としては、

・SE(システムエンジニア)
・PG(プログラマ)

があると思います。

未経験からITエンジニア、といえばこの2つを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

他には、

・ネットワークエンジニア
・データベースエンジニア
・サーバエンジニア
・WEBエンジニア
・制御・組み込みエンジニア

などがあります。

今は未経験からであってもプログラミングやWEB制作のスキルを身に付けてから就職活動を行えるようなオンラインスクールも増えてきています。

もちろん、IT企業やWEB制作会社からの未経験OK求人を探して応募、研修やOJTを通してスキルを身に付けていくという働き方も従来通り多いです。

ITエンジニアは大学中退からでもなれる?

就活の疑問
ITエンジニアは大学中退の方にもオススメの職種です。

未経験からでも採用されやすい、というのも大きな理由ですが「将来性のある仕事」である事も大学中退者向けにオススメ出来る大きな理由です。

IT業界は昔から中途採用も多く、未経験者が多く就職しています。

近年のIT・WEB業界の成長も著しく、技術者が足りない状況が加速しているといっても良いでしょう。

そのため、さらに20代など若手の未経験者歓迎の正社員求人が増えています。

もちろん即戦力として転職希望の方は需要が高く、エンジニアに関しては年収アップでの転職も非常に多いんです。

正社員としてのキャリアに、エンジニアを選ぶ方も増えています。

IT企業からの中途採用、未経験OK求人を見つけるには

IT企業への就職、エンジニア職への就職を希望される場合、大学中退OK、未経験OKの正社員求人を見つける必要があります。

一般的な転職サイトを利用してもエンジニア求人を探すことは出来るのですが、高卒以上、大学中退からの就職活動ということで、サポートを受けながら就職活動を進める方法をオススメしたいです。

大学中退の方にもオススメの就職支援サービスとして、いくつかご紹介をしていますが、求人紹介の業界・職種として、IT業界・エンジニア職も多い就職支援として、

⇒ DYM就職

⇒ 就職Shop

⇒ ワークポート(WORKPORT)

をオススメいたします。

全くの未経験からであればDYM就職や就職ショップ、アルバイトであってもIT業界やWEB制作の経験があればワークポートなどは昔から業界の求人に強いので便利といえるでしょう。

未経験からITエンジニア職への正社員就職を目指すにあたっては、上記のような就職支援サービスの活用をオススメいたします。

エンジニアとして、プログラミングなどを学んでから就活をするには

未経験から本気でエンジニアとして就職を目指す場合には、スキルを身に付けてからの就職活動が有利です。

全くの未経験者よりも、独学でも良いですしスクールで学ぶにしても基礎知識を身に付けた人材の方が採用選考では有利です。

より本気の人材を採用したいと考えるのは、どの企業も一緒です。

未経験から本気でエンジニアとして就職を目指す方は、ここでご紹介するようなスクールなどで学ぶ事も検討してみてはいかがでしょうか。

お金がかかる話ですから、必要があれば検討されると良いと思います。

すぐに就職活動をスタートしたい場合には、

⇒ IT企業からの中途採用、未経験OK求人を見つけるには

でご紹介したように大学中退向け就職支援サービスの活用がオススメです。

【CodeCamp】の特徴は、

・プロから学ぶ、本格的なプログラミング。(講師は全て現役エンジニアが完全マンツーマン)
・オンラインでのマンツーマン形式の講義
・7時から24時まで好きな時間で受講可能
・プログラミングだけではなく、Webデザインやiphone androidアプリコースもあり

「ホンキの20代」のための2ヶ月集中、IT/Web業界転職プログラムがあります。

⇒ プログラミングのオンラインスクールのCodeCamp

大学中退 Webエンジニアへ

大学中退からWebエンジニアへ就職するには

webエンジニアの需要も高まっていますし、実際に大学中退からWebエンジニアへ就職したい方も多く採用される機会を得ることは出来ます。

IT業界、エンジニアになりたいとはいってもWEBサイト、ECサイトに関わるWebエンジニアを目指したい!という方も多いのではないでしょうか。

Webエンジニアも人手不足が深刻だと言われています。

そのため、未経験者にも採用のチャンスがありますし、独学して何らかの成果物を作っている方はよりアピールしやすいため就職に成功しやすいといえます。

独学でプログラムを学んでも良いですし、プログラミングスクールで学ぶのも効果的です。

今だと、就職サポート付きのプログラミングスクールも増えてきています。

学費など支払うことが可能で、途中で投げ出さないという覚悟があるのでしたらスクールを利用してスキルを身に付け就職まで目指すのもありでしょう。
(その際、就職先なども確認されることをおすすめします)

Webエンジニアだからといって避けられないのが、面接です。

地方に住んでいて上京を予定している場合などは、少ないですがSkypeなど面接が可能な会社もあります。

大学中退からWebエンジニアを目指す場合、面接で特に聞かれる事としては、

・志望動機
・どんなエンジニアになりたいのか
・なぜ大学中退したのか
・中退してから今までの空白期間、何をしていたのか
・成果物に関して

などが挙げられます。

大学中退 ITエンジニア求人を見つけるには

大学中退からITエンジニアを目指す方は多く、未経験歓迎の企業も多いことから未経験から就職を目指しやすい業界ともいえます。

ただし、適性がとても大切な職種です。

しっかりと自己分析をして、自分にあっている仕事がどうかを見極めてから応募される事をオススメいたします。

求人は本当にたくさんあります。

一般的な求人サイトでも探すことが出来ますし、先ほどの就職支援を利用しても紹介を受けられるケースは多いです。

会社の詳しい情報が手に入りますので、就職支援を利用した方が会社選びはしやすいのではないでしょうか。

大学中退者にIT業界をおすすめする理由

大学中退者にIT業界はおすすめの業界の一つです。

求人の多さから就職しやすく、将来性があり、エンジニアの年収も割と良いと言えます。

最初は未経験からの就職ということで仕事内容も正直、あまり楽しいものでは無いかもしれません。
テスターとして採用されたり、監視・保守で常駐したりといったこともあるかもしれないです。

しかし、まともな会社であればその後プログラマーとしてスキルを磨けるようにプロジェクトを考慮してくれます。

そこからが勝負です。

言語を身に付け、スキルアップしていくとどんどん抜擢されていくでしょう。

IT業界の将来性ですが、人手不足は今後解消されるどころか、さらに深刻なエンジニア不足になると予想されています。

今、就職しても活躍出来る下地があります。

年収も転職によってアップする可能性がありますから、最初の開発会社の規模が小さくて年収があまり高くない・・・といった方も、数年後の転職で年収アップ出来る可能性は十分にあります

技術を身に付ければ活躍の場が増えます。

技術力で勝負できるIT業界、向いている方は多いのではないでしょうか。

IT業界は大学中退者が仕事上、学歴で不利にならない業界としてもおすすめです。

⇒ IT企業からの中途採用、未経験OK求人を見つけるには





キーワード