既卒ニート就職活動
20代フリーター就職サイト > ニート就職 > ニート 仕事の探し方 おすすめの仕事

ニート 仕事の探し方


ニート 仕事の探し方

ニートの仕事の探し方はいくつかありますが、その中でも成功率が高い仕事の探し方について。

ニートから就職するために仕事探しを始めるのでしたら、1日でも早く就活をスタートされた方が良いです。
年齢が若い方が就職に有利なのは間違いありません。

ニート歴(空白期間)があったとしても就職する事は出来ます。
人材募集をしている企業の中には仕事への熱意があれば、今後の伸びしろも考え、未経験者でも人物重視で採用したいというところもあります。

人手不足の業界・業種を狙って就職活動をすることでニート歴があっても就職しやすくなります。

また就職を希望する職種に関連した資格取得をすることで、内定率を上げることにも繋がります。

ニート歴があっても人物重視で採用を行っている企業の正社員求人を扱っている就職支援サービスを利用する方法もあります。

ニートから正社員に就職するための仕事の探し方

ニートから仕事に就くために、本気で社会復帰、正社員就職を目指すために、就職活動の進め方やどんな仕事・職種を選ぶかが重要です。

ニートといっても一人ひとり、状況が違いますよね。

積極的に就職活動のためにすぐにでも外に出ることが出来るニートの方もいれば、本当に少しずつ、就労支援を受けながら人とコミュニケーションを取る事に慣れていきたい、といったニートの方もいます。

就職活動が始められる方の場合、就職活動の方法が重要です。

また、どんな仕事に就くか考える事も大切ですね。

ニートでも就職しやすい仕事、職種を狙う事が就職成功への近道といえます。

ニート 仕事の探し方、就職活動の方法

ITエンジニアへの就職活動
ニート脱出、正社員就職するには就職活動の方法が重要です。

ニートになって日が浅い場合、経歴により既卒や第二新卒として就職を目指す事が出来る方もいるでしょう。

日が浅ければ、やはり就職活動はしやすいです。
ブランク期間は短ければ短いほど良いですからね。

ニート期間が2,3ヶ月といった短期間であれば、面接でもニート期間中の事もそこまで深く質問されないかもしれません。

ニート生活が大学卒業後、1年、2年といった期間になっているのであればニート期間中の事についてしっかり質問を予想して、受け答えを準備する事が必要です。

就職活動の方法

就職活動の方法ですが、

・ハローワーク
・求人サイト
・ジョブカフェ
・サポステ
・就職支援サービス

など様々な方法があります。

また、ニートや引きこもりの方向け、お住まいの自治体による就職支援も探すと見つかります。
こうした就職支援の場合には、就労支援、就労体験、カウンセラーによる相談なども活用が出来る場合が多いです。

本人だけではなく、ご家族からの相談も可という場合も多いので、必要に応じて活用される事が重要です。

脱ニート、就職活動を本気で行うというニートの方へオススメするのは、就職支援サービスの活用です。

不利になる事が多いニートの就活を、就職支援サービスの活用によって乗り切る

就職支援サービスのアドバイザー
高校卒業後、大学中退、既卒、一度は就職して退職後、ニート。

ニートになるきっかけも色々とあると思います。
また、正社員就職を目指すまでのニート生活の期間もそれぞれですね。

共通していえるのは、ニートから正社員就職を目指す場合、書類選考から不利になることが多い、ということです。

特に求人サイトを利用して就活をする場合、同じ求人へ応募しているライバルがいる事が多いです。
応募書類で比較をされると、どうしてもニートは分が悪いです。

ブランク期間が長いほど、やはり書類選考で落ちる事が増えてしまうでしょう。

そうした不利な就職活動を、好転させるきっかけとして就職支援サービスを活用してみていただきたいと思います。

ニート就職のための求人探し

就職したいニートのための求人

ニートから就職したいと考えた時、ニートも含め未経験OKの正社員求人を探す必要があります。

未経験者を歓迎する企業は、思いのほか多いです。

ニートを脱出し、正社員として働きたいという人材を歓迎する企業は特に中小企業に増えています。
人手不足もあり、新卒採用が思うようにできない企業が中心といえますが、そうした傾向は未経験から正社員就職を目指す方には追い風ともいえるのではないでしょうか。

ニートから正社員就職を目指す場合には書類選考も出来れば、パスして就活が出来ると良いですね。

不採用になるのがこわい、という人もいると思いますから、そうした場面は避けられるなら避けても良いと思います。

面接がしっかり受けられる事は、職歴なし・未経験から就職を目指す方にはメリットが大きいといえます。

ポテンシャル採用してもらえる企業とはいっても、書類選考で落ちてしまうと、ポテンシャルをアピールすることも出来ませんからね。

書類選考無しで面接が受けられる就職支援サービスは、ニート向けの就職活動方法、といって良いのではと思います。

書類選考なし、面接が受けられる就職支援サービス

ニートの方が正社員になるための就職活動で悩む事が多いのが、

書類選考に通らない

といった事です。

もちろん、書類選考であまり落ちない方もいるとは思うのですが、多くの方は、書類選考の段階から厳しさを実感するのではと思います。

就職支援サービスの中には、書類選考なしで面接が受けられるものもあります。

ニートから正社員就職を目指す場合、書類選考をパスして面接が受けられるメリットを活様される事をオススメいたします。

また他にも、情報収集から就職先としてどういった職種を目指すか、実際にどういった求人があるかの紹介、企業の詳しい情報、企業ごとの面接対策など、得られるサポート内容を考えると、活用しない事の方がデメリットが大きいといえるのではないでしょうか。

書類選考なしで面接が受けれる就職支援サービスとしては、次のようなものがあります。

⇒ DYM就職

⇒ ジェイック(JAIC)

⇒ 就職shop

「正社員として就職を目指したいけれど、具体的に就きたい仕事が決まっていない」

といった方の就職相談もOKです。

新卒の就職活動と違い、ニートの就職活動は中途採用を目指しての就職活動となります。

情報収集から既に大変で・・・という方も多いと思いますので、こうしたサポートを受けられる就職支援サービスは、多くの方に便利ではと思います。

ニートから働きやすい、おすすめの仕事

ニートから就職を目指すとき、おすすめの仕事、就職を目指しやすい仕事をピックアップしてご紹介いたします。

基本的に、未経験歓迎の求人が多い仕事がおすすめです。

求人サイトを利用すると、未経験歓迎の仕事はたくさんみつかりますね。

その中で、ニートから就職を目指しやすい仕事をご紹介します。
就活で大切なのは、やhらい自分の適性にあった仕事に就くことが大切です。

就職ゴールではありませんね。
正社員として長く働くことが大切となります。

ニートの仕事探し、就職を考える場合に、

・人と関わる仕事
・人とあまり関わらない仕事

ということでニートにおすすめの仕事をご紹介します。

人と関わる仕事

人と関わることが好き、得意、役に立てたと感じる瞬間にやり甲斐を感じる、といった方には人と関わる仕事がおすすめです。

未経験歓迎の正社員求人が多く、人と関わることが多い仕事です。

求人数も多いので、人とコミュニケーションを取るのが好き、話すのが好き、人の役に立ちたい、といった方にはおすすめの仕事となります。

営業職

未経験から営業職に就職するには

未経験歓迎の正社員求人の多さで考えて、最も多いのが営業職の求人です。

営業職は非常に多くの業界で需要があります。

特別なスキルが必要ないですし、人物重視での採用となりますので、フリーター・ニート歴があっても人間性重視で内定を貰うことが出来ます。

そういった意味では、面接対策が重要といえます。

実際、未経験の方、フリーター・ニート歴が長い人であっても多く営業職として就職されています。

反面、離職率が高い職種でもありますので、就職先選びの際にはしっかりとした企業研究が大切となります。

就職エージェントを利用すれば、営業職を募集している企業の業務内容、営業方法なども確認することが出来ますので、ぜひ活用してみてください。

ルートセールスなど取り組みやすい営業職の募集もあります。
稼ぎたいなら、新規開拓メインでインセンティブ制度ありの営業職など選ぶことが出来ます。

学歴不問、未経験歓迎、高年収の仕事です。

求人数が多く、フリーター、ニートから就職を目指しやすいおすすめの仕事の一つです。

販売・接客業

未経験からアパレル販売員になる

アパレル、小売り、スーパー、ホームセンター、携帯ショップ、家電量販店、様々な職場があります。

未経験歓迎の求人が多い仕事が、販売・接客業の仕事です。

就職する企業によって商品は異なりますが、自社、販売している商品の知識を身に付けて、お客様に提案。

提案に価値を感じてもらい、商品をお買い上げ頂いた時は嬉しさと同時にやり甲斐を感じるでしょう。

販売・接客業の仕事も人物重視で中途採用が行われることが多いため、学歴不問での求人が多いことも特徴です。

人とあまり関わらない仕事

知らない人とコミュニケーションを取るのは苦手・・・

あまり人と関わらない仕事に就きたい、という希望があるニートの人におすすめの仕事としては、次のような仕事が未経験歓迎で探しやすいといえます。

IT業界

ゲームプログラマー就職

学歴不問、未経験からの就職におすすめがITエンジニア職です。

ニート、フリーターといった未経験からでも就職を目指しやすい業界でもあります。

全く人と関わらない、とは言いませんが、そこまで多くの人と関わらない仕事です。

未経験からであれば、求人が多いのはプログラマー、インフラエンジニアなどがあります。

女性のITエンジニアも増えてきていますので、コツコツと仕事が出来る方はIT業界の求人もチェックしてみてはいかがでしょうか。

ITエンジニアの求人が多く見つかりやすい就職支援サービスは、

IT業界の仕事 関連記事

⇒ 大学中退 未経験 ITエンジニアへ就職するには

でご紹介しています。

ITエンジニアは将来性もあり、需要の高い仕事ですから安定して働くことができる仕事してもおすすめです。

工場作業員

工場の正社員として就職

工場での仕事も、求人数が多いです。

学歴不問、未経験歓迎の求人も多数あります。

正社員での募集も探すことが可能です。

単純作業が好きで黙々と仕事ができる方に向いています。
ライン作業が主ですが、ピッキング、検査・検品など仕事内容も様々です。

契約社員、期間従業員として就職した場合でも、責任感が強く、仕事に取り組める方は、正社員登用も多いことも特徴です。

自動車業界、家電、電子部品、鉄鋼、紙製品、食品など様々な製品を扱う工場、企業があります。

業界によって景気に左右されることも多いですが、求人数は多く人とあまり関わらない仕事をお探しであれば工場の仕事も検討してみてはと思います。

寮付き、住み込み正社員の求人なども探すことが出来ます。

自宅を出て働きたい場合などにも活用してみてください。

全国の工場求人をお探しになる場合、

⇒ 【工場ワークス】高給与・短期から長期まで全国に求人多数!

が情報収集におすすめです。

清掃業

一人で黙々と仕事をするのが清掃の仕事です。

チームで現場に入っても、持ち場を一人で清掃しますので、あまり人と関わらない仕事といえるでしょう。

休憩時間も積極的にコミュニケーションを取らなくても問題ないでしょう。

人間関係が苦手、コミュニケーションを取るのが苦手、といった方も働きやすいのではないでしょうか。

特にスキルを必要としない仕事でもありますので、未経験歓迎の求人が多いです。

清掃業は年齢層が高めの仕事です。

ニート歴が長く、30代になると就職は難しくなる業界が多いのですが、清掃業は30代後半、40代でも若手といえ就職できる可能性があります。

新聞配達

新聞配達の仕事は1人で自転車、バイクを使って新聞を配達しますので、配達中は人と関わることはありません。

営業所での仕事では電話対応を担当することもあります。

また、集金や新規契約を取るための営業も販売所によってはありますので、そうした仕事が苦手な場合には求人に応募する前に情報収集が欠かせません。

早朝から午後まで勤務をし、休憩時間を挟み夕方の仕事と変則的なシフトとなりますが、自由な時間は比較的多く、資格の勉強などをする時間は確保しやすいのではないでしょうか。

警備員

ニートから警備員として就職

警備業界も未経験歓迎の求人が多いです。

体力に自信がある方におすすめの仕事が、警備員の仕事です。

・施設警備員(一号警備)
会社や学校などに駐在し見回りを行う仕事

・交通誘導、雑踏警備員(2号警備)
工事現場で交通整理を行う仕事

・輸送警備員(3号警備)
現金輸送など盗難のリスクのある輸送につく仕事

1人で行う仕事も多く、資格取得で収入アップも可能です。

将来の幹部候補、といった求人も時々目にすることもあります。

体力は必要な仕事ですが、人とあまり関わらない仕事です。

夜勤あり、日勤のみなど働き方も様々あります。

⇒ リクナビNEXT

が求人数が多いので、情報収集におすすめです。

ドライバー

トラックドライバーとして就職

トラックドライバー、バス運転手なども人手不足で求人が多くなっています。

車の運転が好きな方には向いている仕事になるかもしれません。

大型トラック、バス乗務のための免許が必要な場合には会社が費用負担してくれる場合も多いです。
(早期退職の場合には、費用返還などがある場合も多いので注意が必要です)

大型トラックのドライバーとして働く場合には、高年収となることが多いです。

体力の必要な仕事ではありますが未経験から高年収を得られる仕事であり、需要も高い仕事となります。

ニートから本気で就職し、仕事を始めるために

ニートの就職に強い、就職エージェント
ニートから正社員就職し、本気で仕事を始めるためには「働く覚悟」を決める事も大切ではと思います。

ぶっちゃけ、ニート生活は楽ですよね。

一日の時間の使い方も自由と言えば自由です。

正社員として就職すれば、就職先によりますが9時~18時までの勤務時間、といった事で平日は働く事になります。
残業もあるでしょう。

そうした働く時間と引き換えに収入を得る事になります。

もちろん、これから先の将来を考えると、ずっとニートを続けて行く事はリスクが大きいですよね。

親もずっとあなたの面倒を見てくれる訳ではありませんし、急に健康を損ねたりする可能性もあります。
急に親の介護が必要になった場合、収入が無いニートでは生活がすぐに行き詰まってしまいます。

また正社員就職する年齢が遅くなると、稼げるであろう生涯賃金も少なくなると考えられますね。

ニートからの就職は、20代であればまだまだ間に合います。
28歳、29歳のニートの方も正社員就職することは可能です。

ぜひ仕事探しをしてみてください。

それまでのニート生活で夜型生活を送っていたという方も多いと思います。

仕事に就き、働くということでそれまでのニート生活とは全く違う時間帯での生活になりますから、就職活動に合わせて少しずつ朝型に切り替えるなども、必要かも知れません。

色々な事を一気に変えると無理がかかる可能性もありますから、少しずつが良いのではないでしょうか。

働く覚悟を決めて、本気で就職を希望される場合には就職支援サイトは内定が決まりやすいでオススメです。

ニートから仕事に就いた事で、得られたもの

ニートから正社員として仕事に就く事で最も変わるのは、やっぱり「お金」の面でしょう。
経済的な安定はやはり大きいですよね。

ニート生活ですから、基本的には家にこもっている方が多いと思います。
たまのアルバイトもしなかった、という方も多いですからね。

それまでの無収入から初任給など差こそあれ、15万や18万といった給与が振り込まれるようになるのですから、やはり大きな生活の変化、嬉しさを感じる方も多いのではないでしょうか。

自分も正社員就職した時、最初の給料はかなり嬉しかったのを覚えています。
あまりに嬉しかったので、趣味にお金を遣いすぎてしまいましたが・・・

給料って、労働への対価です。
なので、頑張った自分へのご褒美はやっぱりしても良いと思うんですよね。

就職した会社へはまだまだ貢献出来ていませんから、もっと仕事を覚えて頑張る必要はありますけれどね。

経済的な理由から学校を辞めてニートになった、という方もいると思います。
そうした方にとっても、初給料というのはとても嬉しいのではないでしょうか。

実家にお金を入れるのも良いですし、趣味のためにお金を遣うのも良いと思います。

働いて稼ぐ。
仕事ですから大変な事もたくさん、あると思います。
でも、稼いで収入を得ることで、ある程度お金を使えるから頑張れると言う事もありますよね。

結婚したら、家族のためにお金を遣うことになりますから、必然的に自分のお小遣いって減ってしまうんですよね。

ちなみに、新生銀行発表の調査によると、サラリーマン全体のお小遣いの平均額(2017年度)は37,428円だそうです。
このお小遣いの金額を多いと思うか、少ないと思うかは人それぞれですが・・・

正社員就職して得られる給料をどう使うか。

そうした事を考えてみるのも就職活動を乗り切るモチベーションになるのではないでしょうか。

また、仕事に就く事でやはり社会的に信用が得られますね。
世間体もこれまでみたいに気にしなくて良いでしょう。

ニートから正社員として仕事に就く事で、それまで無かったものが色々と得られるようになります。

そうした事を考えながら、就職活動を進めて行く事も時には必要では、と思います。

⇒ ニートおすすめ就職サイト





キーワード