生涯賃金の差
20代フリーター 就職サイト > フリーターとお金 > フリーター 正社員 生涯賃金の格差

フリーター 正社員 生涯賃金の格差


フリーター 正社員 生涯賃金の格差

フリーターから正社員になりたい

と考える就職理由の一つとして、収入・年収が主な理由というフリーターの方も多いと思います。

調べる情報・ソースにもよりますし働き始める年齢などによっても違いがありますが、一般的な生涯賃金としては、

・フリーター 約6,000万円~9,000万円

・正社員 約2億円~3億円

と言われます。

就職し始め、働き始めこそ、高時給のアルバイトをしている方が手取りが多い場合もあるのですが、正社員として仕事を頑張る年数が増えるにつれて、逆転します。

正社員として働いているとボーナス(賞与)もほとんど会社であるでしょうからね。

年収もフリーター時代、アルバイト時代と比べてグッと上がる方が多いのではないでしょうか。

アルバイトで働いていると、時給アップするといっても2倍などに上がる事はあり得ません。

時給100円~200円のアップが良いところ、といったバイト先が多いのではと思います。

30歳になっても、40歳になっても時給900円
アルバイト先の経営状況によっては時給ダウンする可能性もあります。

もっと若いバイトを採用したいので、辞めて欲しい、と言われることもあるかもしれません。

職場の雰囲気に馴染めず、自発的に辞めるケースも実は多かったりしますからね・・・。

フリーターと正社員、生涯賃金の格差については厚生労働省も資料としてまとめているくらいです。

フリーターと正社員の生涯年収格差 – 厚生労働省(PDFファイルへ直接リンクしています)

生涯賃金の格差を見て、

「これは真剣に正社員になるための就職活動をしなくては」

と気持ちを新たにされるフリーターや既卒の方も多いようです。

老後の年金格差にも繋がる、フリーターと正社員の差

現役時代の収入格差だけではなく、仮にずっとそのまま働き続けた場合には「年金格差」も生まれてきます。

正社員の方は厚生年金が給料から天引きされています。
将来的に年金の支給開始時期、支給額など不透明さもありますが、フリーターの方が受けられる国民年金よりは高額な支給額となります。

現時点で、厚生年金に加入してきて年金を受給される方の平均額は、14万円程度となっています。

それに対して、フリーターの方は国民年金のみとなります。

未納期間に応じて金額が少なくなりますから、月5万円程度の受取額という方が多い事が予想されます。

差はかなり大きいと言えます。

こうしたデータを調べて、自分で自分にやる気に火を付ける方法も、フリーターからの正社員就職を目指す中では良いかもしれませんね。

将来的な生活をより具体的にイメージすることで、就職活動を進める原動力になる事はよくありますからね。

フリーターから脱出、正社員になるためにはこうした情報収集についても時々はされる事をオススメいたします。

もしこれから正社員になるために就職活動をされるのでしたら、未経験OK正社員求人を効率良く見つける方法として、

フリーター向け就職サイト、就職支援サービス

などを活用される方法がオススメです。

実際にフリーターから正社員就職に成功された方も多いですよ。





キーワード