公務員試験 何歳まで受けるか
20代フリーター 就職サイト > 正社員就職 > 公務員試験 何歳まで受ける?民間企業へ就職に切り替えるには

公務員試験 何歳まで受ける?民間企業へ就職に切り替えるには


公務員試験 何歳まで受けるか

公務員試験から民間企業へ就職を切り替える年齢

公務員試験を目指して勉強をしている、という方も多いと思います。

公務員試験の専門学校へ通ったり、独学で勉強に専念してる方もいるでしょうし、フリーターをしながら公務員試験を目指している方もいるでしょう。

1発目で合格できると良いのですが、なかなか上手く試験に合格する方も少ないですよね。

私の大学時代の友達は、フリーターをしながら公務員試験を受け落ち続けてしまいました。

最後の2年ほどはアルバイトも辞めて勉強に専念しましたが、それでも落ちて、最後はアルバイトも採用されず正社員就職も出来ず、ニート生活に・・・

その後、必死に就活をしてなんとか地元企業の営業職として採用されましたが、31歳頃でしたでしょうか。

なんだか人生を無駄にした気がする・・・

と飲みに行くたびに言っていましたね。
勉強ばっかり、結果として何も残らなかった・・・という事なのでしょう。

公務員試験を目指すのは、フリーター脱出の一つの方法です。

色々な公務員試験がありますよね。

目指す試験によって難易度も違いますが、多くの受験生を悩ませている問題は、

何歳まで公務員試験を受けるか

ではないでしょうか。

あと1年だけ・・・と29歳になってしまった友人が数名います。

正直、正社員就職するにはギリギリの年齢といって良いでしょう。
前述の友人は、選択肢が無くなってしまって仕方無く、ずっと応募を避けていた営業職に就いた、というのが実際のところです。

受検する年齢を決めて公務員試験を目指す事が大切

公務員試験を受けてきた知り合いが口を揃えて言うのが、

デッドライン、年齢を決めて民間企業への就職へ切り替えた方が良い

ということ。

ただ、実際にそれがスパッと出来て切り替えられない人も多く、あと1年だけ・・・となる事が多いのですが・・・

だって、それまで頑張って勉強してきたことを全て捨てるわけですからね。
なかなか踏ん切りがつかないのも分かります。。

しかし、民間企業への就職に切り替える場合、重要なのは「年齢」です。

期限を決めずに受け続けてしまうと、30歳で無職、もしくはフリーター、といった事になってしまいます。

30歳で職歴なし・社会人未経験となると、就職先が見つからない可能性が高いです。

「公務員試験から民間企業への就職へ切り替えるのが遅かった・・・」

とニートになる可能性大です。

30歳でニート、ずっと家にいると世間体も気になってきます。
ご近所の方と、外出すれば日中に顔を合わせる事も多いのですから、噂にはなりますよね。

「いつも日中家にいるようだけど、仕事、してないのかしら?」

面と向かって言われることはありませんよ。
色々な時間帯で仕事をする人がいますが、働きに出ている訳でも無く、ずっと家にいることは何故か伝わるものです。

そうした事が気になり出すと、家から段々と出なくなってしまいさらにニートが深刻になっていく・・・ニートになるきっかけとして、こうしたことも挙げられています。

民間企業への就職が厳しくなる年齢を知る事

公務員試験を何歳まで受けるか、という問題ですが「民間企業への就職が難しくなる年齢」から決める事も有効な方法と言えます。

未経験OKの正社員求人がガクッと減る年齢は、

・25歳
・27歳
・29歳

となります。

正社員の求人を探す方法としてリクナビなどの求人サイトを利用される方が多いと思いますが、特に顕著なのは29歳ですね。

29歳と30歳とでは、急激に見つかる正社員求人の数が減ります。
激減、といっても良い地域の方が多いのではないでしょうか。

日本国内で最も求人数が多い東京都でも30歳になると未経験OKの求人が激減しますからね。

地方にお住まいの方の場合、応募可能な未経験歓迎の求人がほとんど出てこない・・・といった可能性もあります。

そうなるともう、就職活動がはじめられないといった事にもなりかねません。

公務員試験を何歳まで受けるか、と言う事を年齢から考えると就職活動にギリギリの年齢として「29歳」をデッドラインとした方が良いといえそうです。

デッドラインとはしますが、29歳よりは27歳。
27歳よりは25歳の方が求人も多く、様々な業界・職種の正社員求人を選びやすいです。

何歳まで公務員を目指して試験を受けるかは受験生として悩ましい問題ですが、必ず合格する保証もないですから、何歳まで受けるかは決めておいた方が良いでしょう。

また就職活動をする場合には、就職活動がはじめて、という方も多いと思います。

20代の正社員就職を支援する就職支援サービスを利用すると、手厚くサポートをしてもらう事が出来ます。

そのため就職活動の方法に迷わず、仕事探しを進める事が可能です。

結果として、20代の間に正社員就職が成功する可能性が高いですから、29歳とギリギリの年齢であっても仕事に就ける方が多いです。

20代フリーター、第二新卒、既卒 オススメ就職サイト ランキング





キーワード