長いフリーター期間からの正社員就職
20代フリーター 就職サイト > 正社員就職 > 公務員を諦める⇒民間企業への就職

公務員を諦める⇒民間企業への就職


公務員 諦めて民間企業へ就職

既卒後も公務員を目指してチャレンジしてきたけれど、不合格になってしまった。もう諦めよう・・・

公務員の夢は諦めて民間企業への就職をお考えになっている方に向けた記事を掲載しています。

記事の後半で、20代後半、職歴なし・未経験から正社員就職を目指す際に、活用出来る正社員就職支援サービスをご紹介しています。

特に28歳、29歳の方が民間企業への就職を目指すには、あまり就活に時間を掛けられない事もありますので、こうした就職支援サービスを利用しての就活をオススメしたいと思います。

公務員を諦めて民間企業へ就職を目指す場合も、年齢的に制限が出てきます

何歳まで公務員試験を目指すか、何歳で公務員を諦めて民間就職を目指すかを決めておく事が重要といえます。

もう公務員浪人を辞めて民間企業へ就職したい

履歴書の書き方

大学在学中から公務員試験を目指し、卒業後もフリーターとなりアルバイトをしつつ公務員試験にチャレンジを続けている、という方も多いと思います。

しかし公務員への道は険しく、合格まで何年も掛かってしまうケースも多いんですよね。

その間バイトの収入だけでは生活も苦しいですし、それに定職に就かずフリーターのまま何年も過ごすことにも焦りを感じてくると思います。

大学卒業後1~2年頑張ってみるくらいならまだしも、5年も6年もとなると20代後半になってしまうので年齢的に厳しくなってきますよね。

公務員にはなりたいけれど、このままさらに数年掛かるとしたら・・・。そう思うと将来に不安を感じて、「途中で諦める」という選択肢も出てくることでしょう。

私の兄もなかなか大学在学中には公務員試験に合格せず、既卒後も数年頑張っていましたが不合格が続き、28歳で公務員を諦めて民間企業へ就職

大学の友達の数人も公務員試験に落ちる人がいて、既卒で頑張っていましたが1人は諦めてこちらも民間企業へ就職をしました。

このように、途中で公務員への道は諦めて民間企業への就職へと切り替える人は多いです。

公務員浪人の後、年齢によっては就職が非常に難しくなります。
勉強一筋、フリーターをしながら勉強といった方の場合、正社員経験無しです。

30代の正社員就職は厳しくフリーターの末路・・・といった可能性も考えられます。

公務員試験を諦めるタイミング

せっかく頑張って勉強してきたのに途中で諦めたら今までの努力も無駄になってしまうし・・・ということで、なかなか諦めがつかないこともありますよね。

「あと1年頑張ろう」
「来年でラストにしよう」
「これが本当の最後!」

こんな感じでずるずると続けてきてしまい、公務員試験を諦めるタイミングを逃してしまう人も少なくないと思います。

しかしそのまま27歳、28歳、29歳と年齢を重ね、さらに30歳を過ぎてしまうと、その後の就活はかなり苦戦することになります。

なんせ高年齢で職歴・スキル無しですからね。30代正社員経験無しフリーターを採用してくれる企業を見つけるのは大変です。

こうならないためにも、公務員試験を諦めるタイミングは重要になってくるでしょう。

公務員試験を諦めるタイミングとしては、年齢で見ると29歳がギリギリと言っていいと思います。

30歳を超えると未経験OKの正社員求人が急激に減ってしまうので、民間企業への就職が非常に厳しくなってきます。ですから未経験で就活を始めるなら29歳がギリギリです。

本当はもっと早くから始めた方が有利に進められますが、ギリギリまで公務員試験に挑戦したいということであればやはり29歳がボーダーラインとなりますね。

あとはメンタル面で限界だと思った時もそれがベストタイミングになると思います。

気力があるうちは「くそー、また来年頑張るぞ」と根性で頑張れるのですが、その気力が無くなればもう頑張れません。勉強にも力が入らず、浪人しても結局無駄な1年を過ごしてしまう事になります。

そのまま公務員試験の勉強もせず就活もせずにニートになってしまう可能性もあるので、そうなったら早めに就活を始めた方がいいです。

またある時急に「何かもういいかな」「よし、諦めよう」と、ふっと思える時が来る時もあります。そんな時も民間企業への就職へと気持ちを切り替えるベストタイミングとなるでしょう。

他には、何か人生の転機を迎えるタイミングも公務員への道を諦めるきっかけになることが多いです。

一番多いのはやはり結婚でしょうか。結婚を決意したタイミングで、身を固めるために就職を決意するケースは多いですね。

あとは親が定年退職した、実家暮らしだったのが家を出て一人暮らししなければいけなくなったといった出来事も公務員試験を諦めるきっかけになることがあります。

フリーターのままでは収入は安定しないので、経済的に正社員就職しなくてはいけなくなった時は公務員試験は諦めなくてはいけなくなりますね。

公務員を諦める、民間企業への就職へ気持ちをしっかり切り替える事が重要

公務員試験を諦めて民間企業へ就職を目指す際に、重要なのは気持ちをしっかりと切り替える事です。

特にまだ年齢的に公務員試験を翌年受けられる場合には、「あと1回だけ受けようかな・・・」と迷いが生じてしまう人もいると思います。

しかし、そうした気持ちのまま就活をしていると面接でつい出てしまうのか分かりませんが、不採用になる事が多いですね。

当たり前ですが、「社会人枠で将来的に公務員試験に受かったら、そちらへ行こうと思っている」なんて言ってはいけません。

よほどの事がない限り、辞める前提の人は採用されませんからね。

兄や周りの友人の就活を見ていて思いますが、公務員試験に未練があると、志望動機が弱くなるのではないでしょうか。

確かに今までかけてきた数年の努力が否定されたり無駄になるようで、何とも言えない気持ちにはなるでしょうし、諦めきれない気持ちも無い事はないでしょう。

しかし、これからの人生の方が長いですし、もしかすると民間企業に就職する事でより良い未来が拓けるかもしれません。

必要なのはポジティブ思考です。面接でも確実にポジティブ思考の人が評価が高くなります。就職成功の体験談などを見ると良いかもしれませんね。

生活を安定させるためには、やはりフリーターではなく正社員として仕事に就く事が必要です。そしてその就職のチャンスはギリギリ29歳まで、と言えます。

民間企業への就職も、多くの人が狙っています。公務員試験と同様に多くのライバルがいますから、気持ちをしっかりと切り替えて集中することが大切なんですね。

公務員試験を諦めた後、20代後半、既卒・フリーターが正社員就職するには

東京で就職先を探す

公務員から民間企業への就職に気持ちを切り替え、いざ就活を始めようと思っても、

「今まで公務員試験に絞っていたから就職活動の方法がよく分からないし、面接も自信が無い・・・どうやって自分に合った就職先を見つけたら良いか分からない」

「今までは公務員になることしか考えてなかったから、特にやりたい仕事もないし・・・。就職、どうしよう」

こんな風に戸惑ってしまう方も多いでしょう。

既卒・フリーターの就職活動は、実際のところなかなか大変です。特に20代後半の方は書類選考で落ちる事も多く、手当たり次第に受けてもやはり内定率は低いです。

それに面接まで進んでも、しっかりとした面接対策を行わなければ採用を勝ち取るのは難しいでしょう。

例えば面接では「他にどんな業界・職種を受けていますか?」といった質問をされますが、「受かりそうな企業を色々こだわり無く受けています」など答えてしまうのはNGです。

他にも「今後はもう公務員試験を受ける気はないのですか?」「入社後にやりたいことは?」など色々と聞かれますので、面接前にはしっかり情報収集をして、対策をする事が必要です。

面接に限らず、就職活動を成功させるには情報収集が重要となります。企業が求める人物像を知るため、そして企業選びに失敗しないためにも情報収集は欠かせないですからね。

しかし、ずっと公務員試験に集中していたために、自己分析の仕方、求人情報の見方、企業研究の仕方などがよく分からなくて・・・といった方も多いと思います。

そうした方が民間企業へ就職成功するには、正社員就職支援サービスの活用がオススメです。

就職支援サービスを利用すれば、多くの就職成功事例、失敗事例からあなたに合わせた就職活動のアドバイス、サポートを受ける事が出来ます。

また、企業研究のための情報、応募する企業に合わせた面接対策、就職後のフォローなどもある就職支援サービスもあります。

就職のプロが就活をしっかりとサポートしてくれるので、就職活動するのが初めてという場合でも安心して取り組めます。

それに就職支援サービスを利用すれば、今やりたいと思う仕事が特になくても、面談を通してあなたの興味のあること、適性があるであろう仕事、合いそうな企業を紹介してくれます。

ただ民間企業のフリーター向け就職支援サービスは20代限定がほとんどのため、年齢的にも29歳がギリギリとなります。

公務員試験を諦めて民間企業への就職を目指す男性も女性も、皆さん利用出来ますので活用してみてはいかがでしょうか。

就職経験無し職歴なし、20代向け 正社員就職支援サービス

就職支援サービスを使って就職を目指すなら、20代向け、フリーター向けの就職支援サービスを選びましょう。

これまで公務員を目指し勉強に励んでいたフリーター、既卒者の場合、正社員経験が無い方がほとんどだと思いますが、その場合は未経験OKの求人に狙いを定めて応募していかなければいけません。

若年層のフリーター、既卒向けサービスならこうした未経験可の求人を中心に扱っているので、経験者向けの求人も多く取り扱う転職エージェントやハローワークに比べて就職成功の可能性が高くなります。

そこで今回は、20代フリーター向け、成功率の高い就職支援サービスをご紹介します。

それぞれ利用出来るエリアが異なりますので、お住まいのエリアに合わせて活用を検討されてみてはと思います。

就職Shop

就職Shop

就職Shopは若者向けの正社員就職支援サービスで、未経験から正社員を目指す人をサポートしています。

利用者の9割が20代で、就職成功した人の4人に3人が正社員未経験。公務員試験の勉強ばかりしてきたという方も、就職Shopなら未経験から正社員を目指せます。

また就職Shopでは書類選考がなく、紹介された企業とは面接からスタートします。これなら今までの頑張りやこれからの意気込みなども直接アピールできますね。

面接前には模擬面接などの面接対策も受けられるので、面接が苦手な方でも大丈夫です。

転職業界大手のリクルートグループというのも安心感がありますね。

【対応エリア】
東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、兵庫、京都

就職Shop 公式ページを見る

ハタラクティブ

ハタラクティブ

20代に特化した就職支援サービスのハタラクティブ。既卒やフリーターの正社員就職をサポートしています。

ハタラクティブでは未経験OK企業からの求人を中心に扱っているので、正社員未経験、職歴なしでも大丈夫。これまで多くの未経験者が正社員就職に成功しています。

登録した後は就活アドバイザーがカウンセリングから求人紹介、応募書類作成アドバイス、面接対策、面接後のフィードバックなど様々な面から就活をサポート。

さらに面接日の調整や入社前の日程調整・条件交渉なども代わりに行ってくれますし、分からないことがあれば代わりに企業担当者へ質問してもらう事も可能です。

一人で就活するよりも効率的で、さらに成功率もアップしますから、ぜひ活用してみてください。

【対応エリア】
東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、愛知、福岡

ハタラクティブ 公式ページを見る

DYM就職

DYM就職

DYM就職は第二新卒、既卒、フリーターの正社員就職をサポートする就職支援サービスです。

書類選考なしで面接をセッティングしてもらえるため、職歴やスキルに自信がない、空白期間が長いという方も自信を持って面接に挑むことができます。

DYM就職は相談からの就職率が96%と非常に高く、これまでたくさんの求職者を正社員に導いています。

求人は職種・業種が豊富で、優良企業の求人もたくさん見つかります。

【対応エリア】
東京、大阪、名古屋、福岡、札幌

DYM就職 公式ページを見る

就職支援サービスを使って民間企業への就職を成功させよう

公務員試験を諦めた後、民間企業への就職を目指す場合には色々な就職活動の方法がありますが、成功率が高いのはやはり就職支援サービスを活用しての就職活動の方法でしょう。

ハローワークを利用したり、求人サイトで自分で探して応募をしても、なかなか難しい時期が続いてしまう方は多いのではないでしょうか。

年齢的な事から公務員試験を諦めた方は、民間企業への就職もタイムリミットが近いと言えます(職歴なし・未経験からの就職という意味で)。

正社員就職支援サービスを利用した場合、短期間での就職成功の可能性もありますから、ぜひ活用して相談から始めてみてはいかがでしょうか。





キーワード