長いフリーター期間からの正社員就職
20代フリーター 就職サイト > 正社員就職 > 公務員を諦める⇒民間企業への就職

公務員を諦める⇒民間企業への就職


公務員 諦めて民間企業へ就職

公務員を諦めて、民間企業へ就職

大学在学中から公務員試験を目指し、卒業後もフリーターとなりアルバイトをしつつ・・・公務員試験にチャレンジを続けている、という方も多いと思います。

記事の後半で、20代後半、職歴なし・未経験から正社員就職を目指す際に、活用出来る正社員就職支援サービスをご紹介しています。

特に28歳、29歳の方が民間企業への就職を目指すには、あまり就活に時間を掛けられない事もありますので、こうした就職支援サービスを利用しての就活をオススメしたいと思います。

公務員試験を諦めるタイミング

履歴書の書き方

私の兄もなかなか大学在学中には公務員試験に合格せず、既卒後も数年頑張っていましたが不合格が続き、28歳で公務員を諦めて民間企業へ就職

大学の友達の数人も公務員試験に落ちる人がいて、既卒で頑張っていましたが1人は諦めてこちらも民間企業へ就職をしました。

既卒後も公務員を目指してチャレンジしてきたけれど、不合格になってしまった。

今までの努力も無駄になってしまうし、公務員を目指したいけれど諦めて民間企業へ就職しようかどうか迷っている方も多いのではないでしょうか。

もう28歳、29歳だから・・・今まで頑張って不採用だったから公務員試験はもう諦めて、切り替えて民間企業への就職を目指そう。
という方も多いと思います。

公務員試験を諦めるタイミングとしては、29歳がギリギリのタイミングといって良いと思います。

30歳を超えると、未経験OKの正社員求人が急激に減ってしまうので民間企業への就職が非常に厳しくなってしまうんですよね・・・。

公務員試験にも受からず、民間企業にも就職出来ず。
30代フリーター、ニートになるのは避けたい。

なんか、家で色々と考えているとネガティブな思考になっていきそうでイヤですね。

こうしたときは就職成功の体験談などを見ると良いかもしれません。

必要なのはポジティブ思考です。
後の話になりますが、面接でも確実にポジティブ思考の人が評価が高くなります。

でも、今まで公務員試験に絞っていたから就職活動の方法がよく分からないし、面接も自信が無い・・・どうやって自分に合った就職先を見つけたら良いか分からない。

そうした方も多いのでは、と思います。

公務員から民間企業への就職へ気持ちをしっかり切り替える事が重要

公務員試験を諦めて民間企業へ就職を目指す際に、重要なのは気持ちをしっかりと切り替える事です。

特にまだ年齢的に公務員試験を翌年受けられる場合には、迷いが生じてしまう人もいると思います。

あと1回だけ受けようかな・・・

しかし、そうした気持ちは面接でつい出てしまうのか分かりませんが、不採用になる事が多いですね。

当たり前ですが、「社会人枠で将来的に公務員試験に受かったら、そちらへ行こうと思っている」なんて言ってはいけません。

よほどの事がない限り、辞める前提の人は採用されませんからね。

兄や周りの友人の就活を見ていて思いますが、公務員試験に未練があると、志望動機が弱くなるのではないでしょうか。

確かに今までかけてきた数年の努力が否定されたり無駄になるようで、何とも言えない気持ちにはなるでしょうし、諦めきれない気持ちも無い事はないでしょう。

でも、これからの人生の方が長いですし、もしかすると民間企業に就職する事でより良い未来が拓けるかもしれません。

生活を安定させるためには、やはりフリーターではなく正社員として仕事に就く事が必要です。

そしてその就職のチャンスはギリギリ29歳まで、と言えます。

民間企業への就職も、多くの人が狙っています。

公務員試験と同様に多くのライバルがいますから、気持ちをしっかりと切り替えて集中することが大切なんですね。

20代後半、既卒・フリーターが正社員就職するには

東京で就職先を探す

公務員試験の合格を目指しつつも、民間企業へ就職する事に切り替える事も考えていた方の中には、就職するならこんな仕事がしたい、といった事も考えていたという方もいるかもしれません。

でも、多くの方は公務員試験に絞っていたので「特にやりたい仕事もないし・・・就職、どうしよう」といった感じではないでしょうか。

20代後半の方は就職するにしても、書類選考で落ちる事も多く、実際なかなか就活は大変と思います。

手当たり次第に受けても、やはり内定率は低いです。

面接では、

「他にどんな業界・職種を受けていますか?」

といった質問をされますが、

「受かりそうな企業を色々こだわり無く受けています」

など答えてしまうのはNGですよね。

就職活動を成功させるには、情報収集が重要となります。
特に面接での受け答えはしっかり情報収集をして、対策をする事が必要です。

しかし、ずっと公務員試験に集中していたために、自己分析の仕方、求人情報の見方、企業研究の仕方などがよく分からなくて・・・といった方も多いと思います。

そうした方が民間企業へ就職成功するには、正社員就職支援サービスの活用が今はオススメです。

多くの就職成功事例、失敗事例からあなたに合わせた就職活動のアドバイス、サポートを受ける事が出来ます。

民間企業の就職支援サービスは20代限定がほとんどのため、年齢的にも29歳がギリギリとなります。

公務員試験を諦めて民間企業への就職を目指す男性も、女性も皆さん利用出来ますので活用してみてはいかがでしょうか。

例えば今、やりたい仕事が特になくても面談を通してあなたの興味のあること、適性があるであろう仕事、合いそうな企業を紹介してくれます。

また、企業研究のための情報、応募する企業に合わせた面接対策、就職後のフォローなどもある就職支援サービスが増えています。

20代向け 正社員就職支援サービス

公務員試験を諦めた後、民間企業への就職を目指す場合には色々な就職活動の方法がありますが、成功率が高いのはこうした就職支援サービスを活用しての就職活動の方法でしょう。

ハローワークを利用したり、求人サイトで自分で探して応募をしても、なかなか難しい時期が続いてしまう方は多いのではないでしょうか。

20代フリーター、第二新卒、既卒 オススメ就職サイト ランキング

では20代向け成功率の高い就職支援サービスをご紹介しています。

それぞれ利用出来るエリアが異なりますので、お住まいのエリアに合わせて活用を検討されてみてはと思います。

年齢的な事から公務員試験を諦めた方は、民間企業への就職もタイムリミットが近いと言えます(職歴なし・未経験からの就職という意味で)。

正社員就職支援サービスを利用した場合、短期間での就職成功の可能性もありますから、ぜひ活用して相談から始めてみてはいかがでしょうか。





キーワード