大学中退者の就職活動
20代フリーター 就職サイト > 大学中退から就職 > 大学中退 中途採用されるには

大学中退 中途採用されるには


大学中退 中途採用

大学中退したら中途採用の求人に応募して正社員を目指すことになります。

大学を中退する時期によっては中途採用で4月入社を狙う事も出来るでしょう。
4月入社のメリットは、企業によっては新卒入社と一緒に中途採用者も研修などを受けられることがある、といったこともあります。

大学中退した後に就職活動をする場合、最終学歴が「高卒」になります。

応募する求人を選ぶ際は、基本的には高卒以上、もしくは学歴不問の中途採枠の求人を中心に応募をしていくことになります。

大学中退者の就職活動は苦戦する事が多いです。
そうした大学中退者の就活で中途採用され正社員になるには、どういった就職活動の進め方をすると内定がもらいやすいかをご紹介しています。

大学中退の中途採用、就職するためには

大学中退者の仕事探し
大学中退者の就職活動は、中途採用枠を狙ってとなります。

すぐに就職したい方。

大学中退するまでに少し疲れてしまって休みたい、といった方もいるかもしれません。

アルバイトをしながら「やりたい仕事」を探したい方や、夢を追いかけたい、という方もいらっしゃるかもしれませんね。

しかし多くの方は、大学中退後に生活のために就職活動をスタートされるのではないでしょうか。

大学中退すると、新卒のように企業説明会や就職説明会などもありません。

大学中退後、自分の好きな時期、タイミングで就職活動を始めることが出来ます。

ただし、大学中退した後に正社員就職しやすい時期は半年以内、といったように短期間で言われています。
それ以上の期間になると内定率が落ちていきます。

フリーター、ニート期間が長くなるにつれて正社員になるのは難しくなってきますので、少し休みたい、アルバイトしながら自分のやりたい仕事を探してみたい、といった期間はできるだけ短めにしておいが方が良さそうです。

大学を中退した後、どこで求人を探すか

大学中退から就職するためには、

・ハローワーク
・転職サイト
・正社員登用ありのアルバイト
・紹介予定派遣
・大学中退社者フリーター向け就職サイト

などを利用して求人を探す方法があります。

一般的な就職活動の方法としては、転職サイトを利用して「高卒以上、未経験者歓迎の正社員求人」へ応募する方法でしょう。

高卒既卒者歓迎、といった求人はほとんど目にしませんので、そうした期待を持ちながら就活はしないほう良いでしょう。

高卒という学歴コンプレックス

高卒だから、といった学歴コンプレックスを感じる必要もありません。

中途採用枠で応募出来る業界・職種も色々とありますが、その中には学歴を問わない仕事もあります。
学歴は関係無く、持っているスキル、知識などが重要視される仕事です。

特にITエンジニアやWEBエンジニアとして就職した場合には学歴を問われることは滅多にありません。

大学中退し就職、活躍されている方は多いです。

中途採用枠に応募すると決め、しっかりと自己分析、業界研究、企業研究などをしたほうが内定獲得に近いといえそうです。

大学中退者の就活は、中途採用枠

就職決まらず卒業、就職したい

大学中退者の就職活動は、中途採用枠となります。

どうして大学中退者の就職が苦戦するかというと、新卒採用と比較して、中途採用は採用人数が少ないことも大きく影響しているでしょう。

新卒の採用人数は100名以上、といった企業もあります。
もっと大人数を採用する大企業も多いですし、メガバンクなども応募先として検討することが出来ます。

中途採用が活発になってきたとはいっても、まだまだ国内企業の多くは新卒採用主義です。

それに対して、中途採用の場合には採用人数が1名のみ、といった場合もあります。
若干名の採用である場合も多いですよね。

その少ない採用人数に対して、大学中退、フリーター、ニート、既卒といった未経験者からの応募、また時には第二新卒、経験者も応募をしてきますから競争率も高く内定獲得は非常に狭き門となります。

しっかりと大学中退理由を説明出来るように準備をし、志望動機を作り、すぐに辞めないことをアピールするなど、大学中退者向けの就職対策をすることが必要になります。

大学中退者が就職するためのノウハウを持つ就職支援サービス

このような大学中退者が内定獲得をするための専門的なノウハウを持っているのが、

⇒ ハタラクティブ

⇒ ジェイック

⇒ 就職shop

といった20代向け正社員求人を取り扱っている就職支援サービスです。

こうした就職支援サービスの利用をメインとして、ハローワークなどの求人情報も活用する就活方法が効率が良いといえます。

大学中退 中途採用されるためのポイント

大学中退者が中途採用枠を狙って就職活動をする際、ポイントを抑えて就職活動をする方が内定獲得の可能性を上げることが出来ます。

大学中退者の就職先は、大手企業であることや給料の高さなど待遇の良さではなく、職種で選ばれることをおすすめします。

正社員になるなら給料は高い方が確かに良いですが、数年後の転職で年収アップを狙うことも十分可能です。

そのためにはニーズの高い人材になることが必要不可欠です。

売上げを作る事が出来る営業職はどの業界でも歓迎されます。
インセンティブのある企業へ転職することで、同年代よりも高年収を得ることも十分可能でしょう。

プログラマーやWEBデザイナー、WEBエンジニアなどスキルを身に付けていくことで活躍の場が広がる職種も大学中退者にはおすすめです。

学歴不問の中途採用が多いですし、一定の年齢までは転職によって年収アップするケースが多い職種です。

IT業界は人手不足の業界です。
今後も人手不足が加速していくと考えられています。

本気で仕事に取り組みスキルアップが出来ればキャリアアップなど転職も狙いやすいといえるでしょう。

起業したりフリーランスで活躍される方もいらっしゃいます。

大学中退、フリーターが就職しやすい業界・職種で探す

ITエンジニアとして就職

大学中退者が就職しやすい業界や職種を狙う、ということも大切といえます。

やりたい仕事がある場合には、優先して挑戦されることをおすすめしますが、一定期間、その業界・職種で内定がもらえない可能性もあります。

その場合には、人手不足が続き大学中退、フリーターからでも就職しやすい業界や職種で探してみるといったことも大切ではないでしょうか。

・営業職
・ITエンジニア
・販売・サービス
・工場
・事務職
・介護
・建設
・ドライバー

などの仕事は未経験者歓迎の求人が多く、20代であれば採用される可能性は高い仕事が多いです。

とはいえ、志望動機が曖昧でアピールできないと不採用になります。

どの会社でもそうですが、すぐに辞めそうな人は採用されにくいです。

本当に就職に興味を持ち、働きたいという気持ちが見極められたら目指してみてはいかがでしょうか。

未経験者でも就職しやすい業界・職種、とはいっても年齢が上がると不採用になりやすいです。

大学中退後の就職活動は、早めに進路を決めることが大切といえます。

未経験者歓迎、ポテンシャル採用の求人を狙う

求人を調べていると、中途採用でも、

即戦力を求めている求人

未経験OK、ポテンシャル採用でいけそうな求人

が見分けられるようになってくると思います。

大学中退者が狙うのは当然、即戦力ではなく「未経験OK、ポテンシャル採用でいけそうな求人」となります。

その上で、技術や経験が身に付く仕事ができるかどうかも検討することが大切です。

今から30代、40代の転職について考えるのは難しいかもしれませんが、仮に会社が倒産したりといったことで40代で転職をすることになった場合、ニーズがある技術を身に付けられているかも考えてみると良いかもしれません。

業界研究・企業研究が大切

大学中退後、就職活動をする場合には情報量がどうしても少なくなります。

就職活動の期間が長引く人も多いのではとも思います。
段々と焦りが出てくるのは仕方無いともいえます。

しかし焦って就職を決めないように注意が必要です。

業界研究、企業研究が甘いとブラック企業に就職してしまったり、自分の適性と丸っきり違う仕事に就いてしまうかもしれません。

「大学中退、フリーターを経て就職、1ヶ月で早期退職」

といった経歴になってしまうと、次の転職はさらに大変になってしまいます。

自分では業界研究、企業研究が苦手でしっかり調べきれない・・・といった場合には、

⇒ 大学中退者が就職するためのノウハウを持つ就職支援サービス

でご紹介したような大学中退者向け就職支援サービスを利用して求人を探すのも一つの方法です。

大学中退後、20代の就活はポテンシャル採用の可能性を最大限に活かす!

大学中退してから、20代の方はまだまだ正社員就職するチャンスを得ることが出来ます。

中途採用で、ポテンシャル採用で考えてくれる企業はたくさんあります。

即戦力を採用したいという企業も多いですが、大学中退者やフリーター、既卒など職歴なしで真っさらな人材を採用して育てたいという方針の企業もあります。

20代、年齢が若いほどポテンシャル採用が期待出来ます。

大学中退後の就職活動の目標として、

「どこでも良いから正社員就職したい」

といったことではなく、

将来の目標を持ち、将来のビジョンなどについて具体的に面接で話せるように準備が出来ると内定獲得できる可能性を高くすることが出来ます。

人事担当者の多くは、やる気のある人材を中途採用したいと考えています。
未経験者ならなおさらですよ。

大学中退者の正社員就職は無理、と諦める前に・・・

大学中退後、人によっては就職活動をしてみたけれどやっぱり無理だ・・・正社員就職は無理かもしれない、と諦めそうな気持ちになってしまう方もいるかもしれません。

もし自力で就職活動を頑張ってきたのであれば、専任のコンサルタントが付いて就職をサポートしてくれる就職支援サービスを利用してみることもおすすめします。

既に就職支援サービスを利用している場合には、他の就職支援を活用する方法もあります。

紹介出来る求人も変わりますし、サポートの仕方も就職支援サービスによってかなり印象が違うものです。

⇒ 大学中退者が就職するためのノウハウを持つ就職支援サービス

空白期間が長くなるにつれて、就職は厳しくなっていきます。

特に30歳は区切りの年齢です。

未経験OKの正社員求人が激減するのが30歳ですから、20代後半の方は就職活動のやり方について見直しが必要な場合もあるかもしれません。





キーワード