就職できないニート
20代フリーター就職サイト > ニート就職 > ニート期間(空白期間)1年以上は不利?就職するには

ニート期間 1年


ニート期間(空白期間)1年以上は不利?

ニート期間(空白期間)が1年以上あるけれど、やっぱり就職は不利なのだろうか・・・?

いつまでもニート生活をしていてはいけない、と社会復帰のためにそろそろ正社員として就職したい、と思っても気になるのはニート期間。

実際、何件か求人に応募してみたけれど・・・書類選考で全部落ちてしまった

また、もし書類選考に通過して面接に辿りついたとしても、1年以上の「空白期間の言い訳」をどう答えるかで悩みますよね。。

ニートの空白期間が1年以上あると、やはり就活は不利になるといえます。

企業の人材採用、中途採用のスタンスによりますが、空白期間が1年以上あったとしても先入観を持たず、人物重視で採用する企業も増えつつあります。

とはいえ、面接でのニートの空白期間の答え方が重要であることは間違いありません。

人物重視で正社員の採用を行う企業の探し方、ニート期間が1年以上ある場合の面接対策などについてもご紹介しています。

ニートの人だけではなく、フリーター期間が1年以上、といった人もブランク期間として評価されることも多いですから参考になる部分もあるかと思います。

ニート歴1年はまだまだ就職、社会復帰は可能

ニート期間が1年、もし空白期間が1年以上あったとしても就職は可能です。

ニート期間が5年など長くなっている人でもニートの内定率が高い就職サイトなどを利用して高い内定率で就活を進めていくことが可能です。

一般的には空白期間が半年以上になると就職活動、書類選考や面接を突破するのが難しくなってきます。

半年以上の空白期間を気にする採用担当者が多い、ということは影響しているでしょう。

実際、ブランク期間が半年以上になると不利と感じる人は多いと言えます。

面接での質問も「空白期間は何をしていましたか?」と詳しく聞かれることが増えてくる人が多いでしょう。

面接での受け答えをしっかりと準備、面接対策をしておく必要があります。

ニートから脱出、正社員就職するにはプロのサポートの活用を

女性が働きやすい職場へ就職
ニート歴が1年以上ある場合の就職活動は、一人で就職活動をすると厳しさを感じる人が多いといえます。

確かにリクナビNEXTなどの求人サイトは掲載している求人も豊富ですし、

「未経験者歓迎の正社員求人」

も多く見つかります。

しかし、そうして未経験者歓迎の正社員求人に実際に応募をしても書類選考の段階で落ちる、ということが多いのです。

自分一人で就活をする場合、応募書類(履歴書、職務経歴書、レジュメ)の内容がアピール出来ていない可能性が高いです。

でも、自分ではそうした履歴書の内容などの修正点に気付けないことが多いんですよね・・・。

そのため、ニート歴(空白期間)が長くなっている人の就活では、プロの就職支援サービスを利用しての就活の仕方がおすすめです。

ニートも高い内定率で就活できる就職支援サービス

例えば、当サイトから利用されることが多い就職支援サービスとしては、次のようなものがあります。

ニートOK、人物重視の正社員求人を多く扱う就職支援サービス

⇒ ハタラクティブ

ハタラクティブは20代向け就職支援。
登録者を学歴や経歴で限定せず、可能な限り正社員就職できるようにサポート。利用可能なエリア拡大中。


⇒ ジェイック

ジェイックは研修(無料の就職支援講座)を受けることによって、就職するため
の準備を整えることが出来ます。
企業としては新入社員研修が終わっているという評価になるため、内定率が高くなるようです。

ジェイックでは書類選考なしで面接が受けられます。


⇒ 就職shop

就職shopでは書類選考なしで面接を受けることが出来ます。

利用して人材採用をしている企業数が業界トップクラスとなります。
その分、未経験者歓迎の正社員求人を多く取り扱っています。

こうしたニート向け求人も多く取り扱っている就職支援サービスを利用することで、求人に応募しても御祈りメールばかり・・・といったことを避けることができます。

ニートの空白期間は何かで埋める必要あり

ニートから正社員就職を目指す方の中には、1年以上の空白期間の間、アルバイトも何もしていなかった、なんとなく毎日が過ぎていき・・・とにかく履歴書に書けることを何もしていない、という方もいると思います。

「履歴書に嘘を書いてはいけない」

と素直に空白期間だからと真っ白、何も書かないで出すというのは避けなければなりません。

正直なのは良いことだとは思いますが、履歴書が白いと落ちる確率は一気に高くなります。

採用担当者の立場として見ると、

「やる気が無い人の履歴書」

にしか見えませんからね・・・。

ニート生活を脱出し、正社員として社会復帰するには採用される可能性を1%でも上げる努力、工夫が必要です。

ニート空白期間が1年以上ある場合、履歴書にはどう書く?

ニートの空白期間が1年以上ある場合ですが、履歴書の書き方はどうしたら良いでしょうか。

大前提として、

嘘は書かない

ということがあります。

嘘は基本的にはバレます

面接という短い時間であっても、辻褄が合わない話が出てくるため、多くの人材の面接をしている面接官は整合性の無い話にすぐに気付くものです。

「話の流れ、受け答えがおかしいな?」

と思われた時点で、評価は下がると考えた方が良いでしょう。

仮に嘘がバレずに見事内定獲得、入社することになったとした場合、その後ずっと嘘をつき続けることになります。

ニートの空白期間ですが、やはりアピールできるように何かしら、面接官の印象にプラスになることを書く必要があります。

親が事業主、という場合には手伝っていたことにする

今だとご両親のどちらかが個人事業主(フリーランス)という人もいると思います。

何かしらのお店を営んでいるといったこともあるでしょう。

その場合、親の手伝いをしていたことにします。

もちろん、どんな仕事をしているかは面接で質問されますから、仕事内容などを確認して答えられるようにしておきましょう。

全く何もしていないニート期間よりは印象は良いでしょう。

家の都合(介護、家事手伝いなど)

家の都合があって働けずに空白期間になってしまった、という人もいるのではないかと思います。

親が介護が必要な期間があり、たまたま無職で時間があった自分が主に介護にあたることになった。

誰も家のことが出来ない状況だったので、自分が家事を切り盛りしていたい、家事手伝いをしていたという女性もいるかもしれません。
(いわゆるニート期間と捉えられることが多いですが・・・)

家の都合により空白期間が生じた場合には、今はもうそうしたことが解消され、就職して働けることをアピールする必要があります。

病気、ケガなどが理由の空白期間

病気やケガなどによって就活が出来ず、ニート期間が長くなってしまって、と¥いう人もいると思います。

その場合、今はすっかり健康になり就職して働くことに全く問題が無いことを明確に伝えることが必要です。

「入社してまた調子が悪くなり休職、退職される可能性は無いのか?」

といったことを採用担当者は不安に思います。

安心して貰うことが必要です。

本当にだらだらとニート生活をしていた場合

アルバイトもせず、本当に毎日だらだらと寝転んだり、ゲームをしたり、楽毅を引いたり、本を読んだりと、ニート生活を1年以上送っていた場合には書くことが無い・・・と悩む人も多いです。

本当に何もない場合には空白にしておき、備考欄などに就職についての熱意をしっかり書く、という方法が効果を発揮することは意外とあります。

添え状に就職に対しての熱意、アピールを書くのもおすすめです。

ニート向け就職支援サービスを利用してショートカットする

ニートから正社員になるために就活をする場合、自分一人で就活する場合はこれらのことを全て自分でこなす必要があります。

とても大変ですし、履歴書や職務経歴書の書き方がでNGな部分、面接での受け答えでNGな部分な回答、などについても自分では気づけない可能性があります。

先ほどもご紹介しましたが、ニート期間が長い方の場合には就職支援サービスを利用することで、内定率の高い就活をすることが可能となります。

ニートから正社員になるための自力での就活は、長引く方も多く挫折する可能性もあります。

ニート期間が1年といった場合には、年齢的に20代の方が多いと思います。
しかし、このまま20代後半、30代になるとニートからの就職はかなり厳しくなってきます。

少しでも就職しやすい20代の間に、ニートから正社員として社会復帰されることをおすすめします。

ニートも高い内定率で就活できる就職支援サービス

例えば、当サイトから利用されることが多い就職支援サービスとしては、次のようなものがあります。

ニートOK、人物重視の正社員求人を多く扱う就職支援サービス

⇒ ハタラクティブ

ハタラクティブは20代向け就職支援。
登録者を学歴や経歴で限定せず、可能な限り正社員就職できるようにサポート。利用可能なエリア拡大中。


⇒ ジェイック

ジェイックは研修(無料の就職支援講座)を受けることによって、就職するため
の準備を整えることが出来ます。
企業としては新入社員研修が終わっているという評価になるため、内定率が高くなるようです。

ジェイックでは書類選考なしで面接が受けられます。


⇒ 就職shop

就職shopでは書類選考なしで面接を受けることが出来ます。

利用して人材採用をしている企業数が業界トップクラスとなります。
その分、未経験者歓迎の正社員求人を多く取り扱っています。





キーワード