就職支援サイト

ニート就職相談


ニート就職に役立つ就職相談

ニートから脱出、正社員就職として働きたい方向けの就職支援サイト、少しずつ外に出て慣れるために就労支援などを体験してみたい方など、ニートとはいっても様々な方がいます。

それぞれの方に合わせて、就職活動や就職相談を進めていく事が重要なポイントです。

無理をしていきなり正社員就職を目指しても、自信がなかったり働く事が継続できない場合には、かえって反動が強くなってしまう可能性もあります。

ニートが正社員就職まで成功させるためには、段階を踏んで就職相談、就職活動を少しずつ進めていく事が大切です。

ニートからの脱出、社会復帰に役立つ就職相談や就労体験の情報、さらに踏み込んで具体的にニートから就職先を探したい場合に利用出来る就職支援サイトについてなど、ご紹介しています。

ニートの就職支援についても年齢の限界はありますが、無理せず少しずつ、着実に進めるようにされる事が大切かなと思います。

正社員として就職したいニート向け就職支援サイト

正社員として仕事に就きたい、と考えた場合には民間の就職支援サイトの活用もオススメです。

ニート歴の長い方であっても、本気で就職したい方は利用して内定獲得に成功されている方は多いです。

詳しくは、

ニートおすすめ就職サイト

でご紹介をしていますが、

⇒ DYM就職

⇒ ハタラクティブ

⇒ ジェイック(JAIC)

⇒ 就職Shop

などがあります。

少しずつ仕事に慣れるための就職相談、就労体験

いきなり正社員就職はハードルが高い、自信が無い・・・少しずつ人とコミュニケーションを取れるように慣れていきたいし、まずは就労体験、職場体験などから始めたい。

そうした方向けの就職相談、就労体験が出来る行政のサポートや、NPO法人などもお住まいのエリア毎にあると思います。

いくつか、ピックアップしてご紹介をいたします。

若者サポートステーション(サポステ)

働きたいけれど一歩、踏み出せない・・・という方をバックアップするのがサポステです。

人間関係でつまづいた方。
コミュニケーションが苦手な方・
働いてく自信が無い方。
面接が怖い・・・といった方。

「働くことが不安…」という方には、職場体験プログラムもあります。

また、サポステへの初回相談などは、保護者の方と一緒に来所されるケースが増えているそうです。
働くための自信をつけたい方は、相談をされてみてはいかがでしょうか。

関連リンク:地域若者サポートステーション(サポステ)

パーソナルサポートセンター(PSC)

パーソナルサポートセンター(PSC)は、分野をこえて様々な団体が連携し、支援を必要としている方を、様々な社会福祉制度やサービス、介護事業所や福祉施設などにつなげ、その方が地域で安心して暮らすことができるようにサポートしてくれます。

ニート、引きこもり、就労困難な人なども対象として、安定した生活を送ることが難しい状態にある人たちに寄り添い、伴走型支援を行っています。

関連リンク:一般社団法人パーソナルサポートセンター

まえジョブ(名古屋市)

「まえジョブ」とは「若者を長期就労につなげること」を目的とした新たな取り組みです。
名古屋市の若者に対する支援事業として「なごや若者サポートステーション」が運営。

就労へのステップとして、実際の企業において就労体験の機会を作り、就労に対する前向きな姿勢作りを促す仕組みです。

関連リンク:まえジョブ

NPO法人おおさか若者就労支援機構

サポステ、ひきこもり支援などを行っているNPO法人です。

チャレンジ体験支援、スタート就職支援など様々な取り組みを行っています。

関連リンク:NPO法人おおさか若者就労支援機構

ニートが正社員として就職する方法

上記で見てきましたように、全国様々な地域において行政の就職支援やNPO法人などが支援プログラムなどを提供してくれています。

今の状況に合わせて利用する事が出来ます。

親御さんが相談をされるケースも多いようです。

ニートから正社員就職を目指すにあたっても、年齢は意識された方が良いでしょう。

支援に関しても年齢に限界があります。

調べてみると、ニートの就職支援としては39歳を上限として考えた方が良いようです。

現実的に考えても、それ以上の年齢となると受け入れる企業がほぼないのでは、と思います。

20代はまだニートからの正社員就職も目指しやすい年代です。
民間企業の就職支援のほとんどは、20代までの利用となります。

30代以上となると、行政やNPO法人の就職支援が対象となってきます。

34歳までは支援も利用しやすいといって良いのではないでしょうか。
それ以上の年齢となると、やはり厳しい状況が増えてくるようです。

一人ひとりの状況に合わせて、就職支援を進めていく必要があるでしょうから、早めに就職支援機関に相談をされる事が重要といえるでしょう。

関連記事として、

ニートおすすめ就職サイト

も合わせてご覧になってみてください。





キーワード