ヘルプデスク
20代フリーター就職サイト > IT業界へ就職 > ヘルプデスクの将来性

ヘルプデスクの将来性


ヘルプデスクの将来性

大学中退、既卒、フリーターからヘルプデスク(カスタマーサポート)に就職を考えている方も多いと思います。

また、ヘルプデスクとして就職・転職したけれど、将来性について迷っていたり不安があって・・・という方も多いのではないでしょうか。

ヘルプデスクの将来性は、残念ながらあまり無いと言えます。

20代フリーターからIT業界への就職を目指す場合には、入り口としてヘルプデスクをお考えになるのはおすすめといえます。

20代はヘルプデスクの未経験採用は需要も多いです。
未経験から採用されやすい職種の一つといって良いでしょう。

30代でも就職を目指すことも出来ます。

しかし、ヘルプデスクとして定年まで働くキャリアを考えるのではなく、どこかのタイミングで転職をお考えになることをおすすめします。

IT業界 おすすめ転職エージェント

未経験からヘルプデスク、カスタマーサポートへの転職を目指す方も多いと思います。

ヘルプデスクから他のITエンジニア職(システムエンジニア、プログラマー、インフラエンジニアなど)への転職を目指す方もいらっしゃると思います。

どちらのケースにもおすすめの転職エージェントが、

⇒ ワークポート

です。

ワークポートは未経験からのキャリアチェンジ転職にも強みがあります。

IT業界、エンジニア求人が豊富です。

また現在は総合型の転職エージェントであることから、他の業界・職種への転職にも活用できます。

キャリアチェンジ、キャリアアップの相談にもおすすめです。

ヘルプデスクの仕事に将来性が無い理由

仕事が続かないからの脱出

ヘルプデスクの仕事に将来性が無い理由を見ていきましょう。

フリーターや無職から就職するためにヘルプデスクになったけれど、将来性が無いと思い始めた。

将来のことを考えると、早めにシステムエンジニアやプログラマーといった他のITエンジニアに転職した方が良い?

と迷っている方も多いのではと思います。

実際、ヘルプデスクの将来性は厳しいと言えますので、まだまだ続くキャリアを考えると、どこかのタイミングでステップアップのために転職をお考えになることをおすすめします。

ヘルプデスクの仕事は経験を積んでも年収が低く、スキルアップしにくいことが一番の理由です。

ヘルプデスクの将来性はない、という理由は大きく3つあります。

ヘルプデスクはスキルが身に付かない、スキルアップできない

長くヘルプデスクとして働いていてもスキルが一定以上には身に付きません。

パソコンやIT、ネットワークなどの知識が必要になるヘルプデスク業務が多いと思いますが、知識レベルで覚えればよく、実際に活用してスキルとして身に付くわけでもありません。

対応が難しい問い合わせ内容については、テクニカルサポートへ回すといったこともあるでしょう。

ヘルプデスクの業務で必要な知識ですが、パソコンやOffice(特にExcel)、インターネット、IT機器の基本操作、ネットワークに関してとなります。

業務に必要なある程度の専門性・スキルは身に付きます。
しかし、それ以上の専門性とはなりにくいのです。

ヘルプデスクの仕事では幅広いIT知識が必要になるとはいえますが、問い合わせ内容も同じようなものが多いため、慣れてくると難しさを感じることも少なくなってくるでしょう。

働きやすい、と感じ始めたら成長が止まっていると考えた方が良いでしょう。
今までの知識、クレーム対応などで十分仕事ができるからです。

10年以上働いていても、2,3年目と変わらない知識、スキル、といったヘルプデスクの方は多いのではないでしょうか。

ヘルプデスクは非正規雇用が多く、年収が低い

ヘルプデスクは、非正規雇用が多い職種です。

派遣社員や契約社員として働く方が多いと思います。

非正規雇用の場合、年収250万円~300万円といったヘルプデスク勤務の方が多いのではないでしょうか。

正社員として働く方であっても、平収年収300万円~350万円といった方が多いでしょう。

30代での年収となります。

最近ではヘルプデスク業務に関しては、アウトソーシング(外注化)する企業も増えており、さらに年収が低く抑えられている可能性があります。

他のITエンジニアの平均年収は450万円ほどとなります。

ヘルプデスクは比較すると年収が100万円ほど安くなっています。

将来的に高年収を得たい、と思っても管理職に昇進しなければ年収500万円を超えることは40代、50代でも難しいでしょう。

実際、年収200万円台でヘルプデスクとして働く方も多いです。

年収の低さからひとり暮らしで生活がカツカツ。

男性であれば、結婚したくても結婚できない年収として悩む方も多いと思います。

年収の低さは、転職の大きな理由になります。

ヘルプデスクは長く続けても年収が上がりにくいため将来性は厳しいといえます。

ヘルプデスクは将来、AIに置き換わる可能性

この数年で、問い合わせ対応にチャットボットを設置している企業が増えています。

定型的な回答となるような対処方法が決まった質問は多く、わざわざ人を配置して対応しなくても良いことになります。

その分、人件費削減になりますし、利用者としてもすぐに回答が得られて満足度が上がることにも繋がるでしょう。

まだまだAIで置き換えられる範囲は限られていますが、今はまだ人間のヘルプデスクでなければ難しい対応も、少しずつAIに置き換えられるようになってくる可能性はあります。

ヘルプデスクの求人が減ってくる傾向にあるといえます。

IT業界の中でも、将来になくなる仕事、AIに置き換わる仕事と考えられるのがヘルプデスクです。

ヘルプデスクを減らすといった場合、ベテランであっても特別なスキルが身に付く職種ではないため、リストラの対象になるのは給与が高い人材であることは間違い無いでしょう。

ヘルプデスクが将来性の低い理由、年収が上がりにくい仕事であること

ヘルプデスクの仕事は、実際にはコミュニケーションが重要な仕事で知識レベルとしてはそこまで専門性の必要な仕事ではありません。

また利益を上げる部門でもないため、ヘルプデスク従事者の年収は低く抑えられています

ヘルプデスクはIT業界の仕事の中でも、年収が上がりにくい職種といえます。

平均年収については先ほど、触れましたが、30代で平収年収300万円~350万円といった年収です。

昇進しない場合30代、40代でもそこまで年収は上がらないと考えて良いでしょう。

ベテランのヘルプデスクでも年収400万円を超える方も少ないのではないでしょうか。

契約社員や派遣社員として働いていた場合、ほとんど年収が変わらない可能性があります。

この先の働き方を考えた場合、将来性はないといって良いのではと思います。

非正規雇用、ヘルプデスクで働くリスク

突然のリストラ

ヘルプデスクは非正規雇用が多い職種です。

アウトソーシングされることも多いですし、単調な仕事ともいえるため高度な知識などが必要ではない、といったこともあります。

非正規雇用で働くリスクは理解されておくことは必要でしょう。

非正規雇用でヘルプデスクとして働く方は、契約更新されない可能性、雇い止めの可能性も考慮した方が良いでしょう。

将来性のある仕事への転職を考える場合、ヘルプデスクから専門性を身に付けられる他の職種、例えばIT業界であれば、システムエンジニア(SE)やプログラマー(PG)、インフラエンジニアなどへの転職がおすすめです。

転職を目指すのでしたら、20代は有利に転職活動ができるはずです。

35歳くらいまでには、将来のことを考えたキャリアを選ぶことが大切かなと思います。

それ以降の年齢になると、転職が難しくなってきますね。

即戦力、マネジメント経験といったことを求められる年齢となってきますので、未経験での異業種転職などはかなり仕事が限定されてきてしまいます。

ヘルプデスクとして、スーパーバイザーや管理職への昇進を目指すのでなければ、専門性を身に付けられる他職種への転職をした方が将来性があるいえるでしょう。

IT業界で働くなら、ヘルプデスクからのキャリアチェンジが必要

ヘルプデスクから転職を考えた場合、ITエンジニアへの転職が採用されやすいと考えられますので、おすすめです。

中でも、ヘルプデスクから転職しやすいといわれるのがインフラエンジニアです。

年齢によっては他のITエンジニア職への転職も可能です。

ヘルプデスクとして経験を積む中で、ITの知識に関してはある程度身に付いていますから、全くの未経験者ではなく、中途採用を検討してもらえるケースが多く転職はしやすいといえます。

他にはITの知識が広く浅く必要とされ、社内ヘルプデスク業務が多い社内SEへの転職を目指す方もいらっしゃいます。

ヘルプデスクからIT職種へ転職を目指すのがおすすめ

高卒フリーターIT・ソフトウェア業界へ就職

今後もIT業界で仕事をしていこうとお考えであれば、ヘルプデスクからのキャリアチェンジが必要です。

ヘルプデスクはIT業界の仕事の中では未経験歓迎が多いですから、フリーターやニートなど未経験から就職を目指しやすい職種です。

全くの未経験者でも採用してくれる企業は多いですから、IT業界への入り口としてヘルプデスクを選ぶ方も多いかもしれません。

ヘルプデスクとして働くには、幅広いIT知識が必要です。

身に付いた幅広いIT知識は、他のIT系の職種へキャリアアップを目指す時に役に立つ知識となります。

長く続けたとしても高度な知識、スキルが身に付く仕事とはいえないため数年、経験を積んだ後は転職を目指すことをおすすめしたいと思います。

ヘルプデスクからITエンジニアへの転職もおすすめ

ヘルプデスク業務の中で身に付いた知識・スキルを考えると、転職先としておすすめなのはITエンジニアです。

ヘルプデスクからの転職として、選択肢となるITエンジニア職には次のようなものがあります。

  • 社内SE
  • プログラマー
  • システムエンジニア
  • ネットワークエンジニア
  • サーバーエンジニア

ITに関しての幅広い知識を身に付けていることはアドバンテージになることが多いです。

ネットワークやサーバーなどインフラ周りの問い合わせ対応が多いヘルプデスク業務の方もいらっしゃるでしょう。

色々な選択肢を考えることができますので、将来性も考えて、職種を検討されてみてはいかがでしょうか。

ヘルプデスクからITエンジニアへ転職、年収は上がる?

ITエンジニアの平均年収は450万円と言われます。

ヘルプデスクと大きく違う点は、ITエンジニアはスキルや経験によって高年収を目指せることです。

需要の高いエンジニアとなれば、年収1,000万円以上を稼ぐことも可能です。

ベテランでも年収が上がらない働き方と比べて、将来性が高いのがITエンジニアといえます。

将来のことを考える場合、年収も欠かせない重要なポイントではないでしょうか。

年収が低く上がりにくいこと。

将来的にAIなどに置き換わる可能性が高い仕事ヘルプデスクから転職を目指す方も多いと思います。

IT業界ではなく異業種への転職を目指す方もいらっしゃるかもしれません。

その場合であっても、年齢は若い方が転職は成功しやすいです。

転職エージェントを利用して、ヘルプデスクからのキャリアチェンジを目指してみる

AWSエンジニアになるには

ヘルプデスクの将来性に対して不安のある方は、一度、転職エージェントを利用して相談をされてみてはいかがでしょうか。

IT業界への転職であれば、未経験からのキャリアチェンジ転職に強い転職エージェントとして、

⇒ ワークポート

がおすすめです。

他の業界の求人について知りたい場合、ヘルプデスクから異業種への転職を考えてみたい場合には、

⇒ リクルートエージェント

⇒ パソナキャリア

などがおすすめの転職エージェントです。





キーワード