職歴無しからの正社員就職
20代フリーター 就職サイト > 20代仕事探し > 20代後半 職歴無しからの就職

20代後半 職歴無しからの就職


20代後半 就職

20代後半、職歴無しからでも正社員就職できるか不安・・・

20代後半、職歴無し
大学中退してからずっとフリーター。

気づけばもう29歳。大学の時の就活に失敗してそのままアルバイト生活へ。
以降、ずっとフリーター。

気づけば20代後半、今はフリーターとして生活出来ているけれど・・・30歳を前にして、

このままではマズイ、正社員として就職しないと

とフリーターを脱出、正社員になる事をお考えになっている方も多いと思います。

20代後半、職歴無しからの就職活動は、不安をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

中にはこの年でフリーター、人生詰んだ、と思われている方もいるかもしれません。

周囲と比べる必要は無いですし、これからまだまだ人生を変えていくことが出来る年代です。

とはいえ、ここで就職活動に失敗すると30代でもフリーター生活へ突入してしまう可能性も。

現実的に30代でフリーターとなると、応募可能な未経験OK正社員求人がかなり少なくなりますから、正社員就職する事が難しくなってしまいます。

適切な就職活動の方法を選んで、就活を進めていく必要はあるといえるでしょう。

20代後半、まだまだ就職先を決めやすい時期

20代後半は、まだまだ就職先を決めやすい時期ですよ。

20代後半、職歴無しからの正社員就職を成功させるには、次にご紹介するような20代フリーターに特化した就職支援サービスの活用がオススメです。

就職まで遠回りしている時間は無い、ということでこうした20代フリーター向け就職支援を利用される方は多いですね。

フリーターからの就活方法として、無料で利用出来ますし多くの未経験OK正社員求人を紹介してもらう事も出来ますのでオススメです。

20代後半もOK!フリーター向け就職支援サービス

オススメ就職サイト
20代フリーター・ニートの方も利用OKな就職サイト、就職支援サービスについて、

20代フリーター・ニートもOK オススメ就職サイト

で詳しくご紹介をしていますが、

・DYM就職
・ハタラクティブ
・ジェイック

といった20代フリーター向け就職支援サービスの活用がオススメです。

職歴無しの方の場合、履歴書の職歴欄など書き方に悩んでしまう方も多いと思いますが、そうした応募書類の書き方についても求職者の方一人ひとりに合わせてアドバイスをもらう事が出来ます。

女性フリーターの場合、家事手伝いはどうなの?といった方もいらっしゃるかもしれませんね。

20代後半にして初めての就職活動、といったフリーターの方の場合にも準備から応募、面接対策などまで就活に関して様々な事をサポートしてもらう事が出来ます。

一人で就活をすると、気づかずに遠回りになっている事もあります。

30歳を前にして、就職活動で遠回りしている時間はあまり無い、とお考えの方もこうした20代フリーター向け就職支援サービスはオススメです。

フリーターが就職支援サービスを利用するメリット

就職アドバイザー
フリーターが就職支援サービスを利用するメリットはたくさんあります。

・未経験OK正社員求人を紹介してもらえる
・就職活動のアドバイス、サポートを受けられる
・就活の悩み、不安を話す事が出来る
・やりたい仕事が無くても、相談しながら探していける
・1週間など、短期で内定獲得までいける場合も

フリーターから正社員になるための就職活動ですが、とてもスムーズに進み希望通りの仕事に就けた、といった方は非常に稀です。

多くのフリーターの方は、求人へ応募しても応募しても書類選考で落とされて・・・といった事に悩んだりしてしまうケースが多いのですね。

特に自力で就活をすると、履歴書や職務経歴書など改善ポイントに気づけずに、ずっと同じ就職活動の方法を続けてしまう可能性が高いです。

同じ方法で就職活動を続けていても、引き続き、失敗する可能性が高いですよね。

就職しやすい状況とは言っても、フリーターからの正社員就職は難しい事も多いのが現状です。

やはりフリーターから正社員になるためには、就職支援のプロの力を利用される事をオススメいたします。

ちなみに、リクナビNEXTやマイナビといった知名度の高い求人サイトには、非常に多くの求人が掲載されています。
当然、未経験OKの正社員求人も多く掲載されていますが、本当に未経験OKでは無い可能性もあります。

本当は経験者を中途採用したいので、もし応募者にいたら当然そちらを優先して選考、面接をしたいと考えている企業は多いでしょう。

「未経験のみ応募可」

といった正社員求人はあまりこうした求人サイトでは見たことがありません。

その点、フリーター向け就職支援サービスには「本当に未経験OK」「フリーター、既卒、ニート歓迎」の正社員求人が集まっています。

そのため、就職成功率が高いのです。

フリーターから正社員になるためにはこうした、

20代フリーター・ニートもOK オススメ就職サイト

などを活用されるメリットはとても多いです。

無料で利用出来るのですから、ぜひ利用してみはいかがでしょうか。

アドバイスを聞いてみるだけでも参考になると思います。

20代後半~29歳 就職したいフリーター

就職したいフリーターにとって、就職活動はとても重要なプロセスです。
と同時に、面倒だな・・・という気持ちもあるかもしれませんね。

自己分析も必要ですし、企業の情報収集、求人探し、応募、日程調整、面接対策・・・
様々な事をする必要があります。

アルバイト先の正社員登用を期待して2年、3年とフリーターとして頼られるままシフトを増やして働いてきたけれど、正社員登用は無さそう・・・と就職活動に切り替えた方もいるかもしれません。

バイトを辞めたい、といった時の引き留めの言葉として正社員登用について言われる事もあるかも知れませんが、実際には可能性は低いのであまり期待しない方が良いでしょう。

特に20代後半、就職を意識し始める方にとっては時間はとても貴重です。
就職しやすい20代、少しでも早く就職先を見つけて、正社員としてキャリアをスタートすることは大切といえますからね。

フリーターと正社員の差、例えば生涯賃金の差はどんどん開いていってしまいます。

20代後半、29歳までは職歴なしのフリーターも応募可能な正社員求人をまだまだ見つける事が可能です。

正社員になりたい、と思ったら確実に就職をするためにはやはり就職活動をする事が重要といえます。

20代も後半、27歳、28歳、29歳といったフリーターの方の場合には、すぐにでも就職先を見つけて働き始めたい、という方も多いのではないでしょうか。

そのためには、自力での就職活動と並行しても良いのですが就職支援サイトの活用が欠かせないといえます。

専門の就職アドバイザーと相談をしながら、じっくり時間をかけて就職先を探す事も出来ますし、短期で就職先を探したい事情がある場合には急いで探してもらう事も可能です。

様々な業界・職種の未経験OKの正社員求人を保有する就職支援サイトは、フリーターの就職活動にはとても便利な存在と言えます。

20代後半 就職のために資格取得は有効?

資格取得して就職を有利に
20代後半、就職の成功率を上げるために出来ることを考えて、資格取得をしてから就職を目指そうという方もいると思います。

20代後半で職歴なしだと、やはり不安になりますよね。

資格を取得することで、アピール材料が増えます
それにより、書類選考の通過率を高めたり、面接でのアピールを狙う事が出来ます。

また、就職を希望する職種に必要な資格がある、という場合も考えられますね。
資格取得をしている求職者が多い、といった職種も中にはあります。

代表的なのが医療事務ではないでしょうか。

就職に有利と言われる資格がありますが、よく聞く資格の名称としては、

・MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)
・簿記検定2級
・TOEIC
・医療事務
・宅地建物取引主任者
・秘書検定

などが挙げられます。

確かに、こうした資格を取得することでアピールは出来ます。

他に応募者がいた場合で、あなただけが資格を持っていた場合には、大きく評価される事もあり得ます。

そうした事を考えると、資格取得は就活を有利に進めるためにはとても有効な方法と言えそうですね。

就職のために資格取得する時の注意点

しかし、注意したいのは資格を取得するにも時間がかかる事です。
また、受検費用なども掛かりますよね。

TOEICは受験料が5,725円。

Word 2016 スペシャリスト(一般)の受験料は、一般価格 10,584円。

簿記検定2級は受験料が4,630円。
(受験料は2018年9月の情報となります)

といったように、1万円を超える受験料となるものもあります。
決して、安くは無いですね。

就職に有利になるのであれば、やはり資格取得は魅力的ではあります。

資格取得をして就職を、とお考えになる場合に最も注意したいのが、

「就職を希望する仕事に必要な資格を取得する」

ということです。

また合わせて、

本当にその資格が採用選考で評価される資格なのかどうか

も調べておくことは重要といえるでしょう。

就職に有利と言われていたけれど、実際には現場ではあまり評価されていない資格、というのもあったりします。
(無いよりは良い、ということで面接では評価はされる事は多いのですが・・・)

また就職に有利になる資格であったとしても、勉強期間が長く必要になる場合には、その間に1つ年を取ってしまう可能性があります。

20代後半、28歳、29歳といった方の場合の就職活動では、年齢が非常に重要です。

資格取得にかかる期間、合格率、受験料なども含めて、本当に取得を目指すべきかどうかを判断する事が必要ですね。

20代後半 職歴なしフリーター、既卒、ニートからの就職

20代後半で職歴なし、社会人経験なし、といった状況からの就職活動はやはり不安がある、という方も多いと思います。

今までに就職活動をしたことがあって、そこでの面接で非常にキツイ質問をされて以来、就職できない気がして・・・と就活が止まってしまっている方もいるかもしれません。

全ての企業がそうしたフリーターや既卒者に厳しいわけではありませんね。

中には挫折を経験した人材だからこそ採用したい、今後の伸びしろに期待したい、と大学中退フリーターや既卒者を積極的に採用を考える企業もあります。

そして、

20代フリーター・ニートもOK オススメ就職サイト

でご紹介したような就職支援サイトには、こうした仕事への熱意や人間性を重視して、採用を考えてくれる企業が多く集まっています。

就職活動を成功させるポイントは、企業の規模や知名度、仕事内容で選びすぎない事。

地元の中小企業にも経営状態が安定していて、社員を大切にする隠れ優良企業がある可能性が高いです。

また通常利用できる求人サイトは利用せず、こうした就職支援サイトだけで中途採用を行っている企業もあります。

そうした求人についても情報を得られる事は、就職支援サイトを利用するメリットといえると思います。





キーワード