大学中退者、面接対策
20代フリーター 就職サイト > 職種・業界別 > 事務職への就職 > フリーター、未経験から事務職に就職するには

フリーター、未経験から事務職に就職するには


未経験 事務職 正社員求人

フリーター、未経験から事務職へ正社員就職

事務職は人気の高い職種です。

これから正社員就職を目指したい、というフリーターや大学中退といった女性も多いのではないでしょうか。

第二新卒として未経験から異業種転職を目指す女性も多いかもしれませんね。

未経験OKで様々な正社員求人を探す事が出来ますが、人気のある職種の一つが「事務職」です。

しかし、ご存じの通り事務職はとても人気が高いです。

フリーターは未経験から就職を目指すのは難しそう・・・と少し諦め気味の方もいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし就職活動の方法を選ぶ事で、未経験から一般事務や営業事務など事務職として正社員就職に成功した方も多いです。

ここではフリーターや未経験から正社員として事務職へ就職するための就職活動の方法について掲載をしています。

ご自身にあった就職活動の方法で、事務の仕事を目指してみてはいかがでしょうか。

求人サイトを利用して事務職へ就職活動

スマホから求人サイトをチェックする
事務職への就職を目指す場合、求人情報を調べる一般的な方法として、求人サイトを利用して事務の正社員求人を調べる女性は多いと思います。

例えば、

⇒ リクナビNEXT

などでも多数の「未経験歓迎、事務正社員求人」を探す事が出来ます。

未経験OKの正社員求人も多数掲載されていますよね。

インディード、タウンワークといったサイトでも、「一般事務 未経験OK求人」が多数見つかります。

色々な求人サイトを利用して情報収集される女性は多いのではないでしょうか。

ちなみに、転職大手のDODAでは職種別の有効求人倍率も掲載されていますが、

事務・アシスタント系の有効求人倍率は、0.20(2018年7月)

となっています。

超激戦の職種といって良いでしょう。

未経験から事務職へ正社員就職を目指す場合、こうした人気職種であることを常に忘れずに、出来る限り多くの求人情報を得られるように就活を進める事も重要といえます。

求人サイトを利用して多数の事務職求人が見つけることができますが、これからご紹介する他の方法も並行していくと、より就職成功率を高めることが出来るのではないでしょうか。

派遣社員として事務経験を積んでから事務職の仕事に就く

就職できないのは「業務経験」が無いから。

事務職に限りませんが、他の職種でも「経験」を積むために、どこかの企業に辞める前提でパート・アルバイトとして潜り込んで働く、という方もいます。

しかし、辞める前提でパート・アルバイトとして会社に採用してもらうと、長く働いてもらうつもりだった企業、一緒に働く人たちに迷惑をかけます。

また退職する期間(特に短期間での退職)によっては、

「辞めるつもりだったのでは?」

と、次の面接で見抜かれてしまい、採用選考で評価が下がる可能性もあります。

どんな企業であっても、短期間で辞める前提で働く人は避けたいと考えます。

事務の経験を積みたい場合、派遣社員として働く方法がオススメです。

派遣も事務求人が意外と多いですし、未経験OKの事務求人も多いですよ。

派遣会社への登録をされる場合、求人数の多さがとても重要です。
また、対応エリアも広い方が利用しやすい方も多いでしょう。

⇒ テンプスタッフ

⇒ リクルートスタッフィング

そういった事から、上記のような派遣会社がオススメです。

事務職の派遣求人も多数保有していますし、未経験者OKの派遣求人もあります。

紹介予定派遣という働き方も相談する事ができますね。

ただし注意点があります。

派遣、特に未経験の仕事を希望する場合には、若い人の方が求人が多い事には注意が必要です。

20歳前後、20代前半といった方は未経験でも事務職の求人紹介が期待出来る場合も多いですが、30歳前後の方の場合にはなかなか紹介可能な未経験OKの求人が無くて・・・と言われる事も増えてきてしまいます。

まして人気の事務職となると、基本的には若い求職者へ話が行くことが多いため、就業が難しいのが現実です。

派遣会社へ登録をしてみて、なかなか良い紹介が無い場合には、直接雇用(正社員)を目指して、やはり就職活動に力を入れた方が良いかもしれません。

事務に役立つ資格取得後、就職活動

フリーターなど未経験から事務職として就職を目指す場合、資格取得の後に就職活動をする方法もあります。

アピール出来る資格があると、確かに有利に就職活動を進める事が出来ますね。

特に医療事務など特殊な事務職を目指したい場合、無資格だと厳し場合もあります。
求人へ応募する方がほとんど、医療事務資格を持っているためです。

「全くの未経験・資格無し」

といった方よりも、仕事に役立つ資格を持っている方が就職活動を有利に進める事が出来ます。

未経験から目指す場合、事務職で評価される資格としては、

・マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)

があります。

Word、Excelは必須ですから、事務職を目指す場合には外せない資格といって良いのではないでしょうか。

企業によってはPowerPointも使えると評価されるかもしれませんね。

そのため、マイクロソフトオフィススペシャリストのエキスパートやマスター資格を持っていると、

「確実にこれだけ使える人材である」

という事を客観的にアピールすることが出来ます。

パソコンスキルがあります、といっても面接官には「どれだけスキルがあるか伝わりません」からね。

資格取得は、客観的にスキルを使える有効な手段といえます。

資格取得に時間とお金をお掛けられる方には、資格取得はオススメの方法です。

他に、事務職への就職で役立つ資格として、

・ビジネス文書検定
・文書情報管理士
・日商PC
・簿記検定

などもあります。

未経験・フリーター向け就職支援サイトを活用して就職活動する

職歴なし・未経験から事務職を目指して就職活動をする場合、正社員就職支援を行っている就職支援サイトを利用する方法もあります。

特に、フリーター、高卒、大学中退者、既卒者が正社員として就職を希望する際、就職支援サイトを利用して就職活動をする方法はオススメです。

「事務職の正社員求人」

を保有する就職支援サービスも多いですから、情報収集に活用してみてはいかがでしょうか。

「未経験OKの正社員求人」

だけを紹介してもらう事ができるメリットがあります。

人気の職種の場合には早い者勝ちとなるケースも多いです。
良いなと思える求人があった場合には、早めに応募をされるかどうか、検討する事が必要ですね。

書類選考なしで面接が受けられる就職支援サイトも多いですから、求人サイトを利用して事務職へ就職を目指すよりも、成功率の高い就職活動ができる事もお勧めのポイントといえます。

フリーター、未経験から事務職を目指す女性にオススメの就職活動の方法です。

⇒ DYM就職

⇒ 就職shop

⇒ ハタラクティブ

⇒ ジェイック 女子カレッジ

もちろん、事務職は希望される女性も多いため就職支援サイトを利用しても確実に就職が出来る、というわけではありません。

事務職の求人もそこまで豊富なわけではありませんから、タイミングや就職希望エリアによってはお仕事情報が無い可能性もあります。

しかし、応募する企業ごとにアドバイスももらえますし、面接対策もサポートを受けられます。

未経験から就職を目指す場合、オススメです。





キーワード