年金免除のメリット・デメリット
20代フリーター 就職サイト > 派遣社員 > 正社員型派遣とは、将来性について

正社員型派遣とは、将来性について


正社員型派遣の働き方ってどう?

フリーターやニートを脱出、就職活動で情報収集をしていると正社員型派遣の働き方(派遣会社の正社員、常用型派遣)について興味を持たれることもあると思います。

安定した給料も得られそうだし、派遣会社の正社員として就職することが出来る。
メリットも多そうで何より、就職しやすいと感じることが多いのが正社員型派遣です。

なかなか就職できずに苦労しているフリーターの方にとっては魅力的に映ることもあるのが正社員型派遣ではないでしょうか。

しかし、正社員型派遣はデメリットも大きい働き方です。

メリット・デメリットを理解し、将来生についても知った上で派遣会社の正社員、正社員型派遣の働き方を選ぶ必要があります。

結論として、20代のフリーター・ニートの方は、正社員就職を目指す方が良いと思います。

登録型派遣と正社員型派遣

求人サイトで正社員の転職先を探す

派遣会社で働く時、

・登録型派遣
・正社員型派遣

と働き方があります。

まずは簡単に、登録型派遣と正社員型派遣の働き方についてまとめてみましょう。

登録型派遣とは

派遣会社で働くとき、一般的に多い働き方は、

派遣会社に登録をして、派遣先で働く登録型派遣

です。

派遣の仕事の内容によって短期、長期と派遣期間が定まっており基本的にはキャリアを積むことは出来ません。

人によっては色々な派遣先(事務 ⇒ 販売 ⇒ 事務 ⇒ 営業)といったように仕事内容が一貫せず、その後の正社員転職が難しい方も多いです。

雇用期間の定めがあり3年以上同じ職場で働くことが出来ません。

これも、派遣社員として働く方のキャリア形成を妨げているという問題がありました。

正社員型派遣

それに対して、

派遣会社の正社員として派遣先で働くのが正社員型派遣

です。

常用型派遣、無期雇用派遣とも言われます。

派遣会社と無期雇用契約を結び、派遣会社の社員として派遣先で働く就業形態です。

派遣会社の正社員として就職できますので、安定した月収、賞与(ボーナス)もあります。

派遣会社の正社員ですから、待機期間が生まれません。

安定収入

が大きな魅力といえます。

先ほどの登録型派遣の場合には、派遣先が決まって仕事をしないと給料がもらえません。

正社員と同等、という表現が多いので注意が必要といえます。

もちろんメリット・デメリットがありますので、理解した上で就職として選ぶのは良いと思います。

無期雇用派遣を行っている派遣会社

無期雇用派遣は色々な派遣会社でサービスを行っていて、

・アデコ
・テンプスタッフ
・リクルートスタッフィング
・テンプスタッフ
・マンパワー

などもありますし、工場系のお仕事である、

・アウトソーシング
・日総工産

なども正社員型派遣として求人を行っています。
期間工で有名でしょうか。

正社員型派遣のメリット

正社員型派遣として働くメリットですが、先ほどもあったように安定した給料が挙げられます。

・給料が安定している
・雇用が安定している
・3年縛りが無い
・派遣会社によってはボーナスあり
・派遣会社の福利厚生が利用出来る
・正社員登用の道もある(場合がある)
・社会的信用がある
・派遣先に大手会社が多い

などがあります。

しかし、デメリットに関してはあまり大っぴらに書かれていないことが多いため、しっかりと理解しなくては30代、40代で路頭に迷うことになりかねません。

正社員型派遣のデメリット

派遣会社の正社員型派遣の募集を見ていると、メリットがどうしても多く感じられますが、デメリットも多い働き方です。

しっかりとキャリア、将来生についても考えた上でフリーターやニートからの就職先として考える必要があります。

・自由度が低い
・正社員なので責任が重くなる
・派遣は派遣なのでスキルアップが難しい
・残業時間が長くなりがち
・年齢が上がるとリストラの可能性
・給料が上がらない
・派遣先の都合で契約満了の可能性がある
・休む時の連絡が大変

派遣会社の正社員として働きますが、派遣先にとってはあくまで派遣社員。
必要がなくなれば、仕事を切られる可能性があります。

登録型派遣も同様ですが、正社員型派遣も若いうちは仕事も決まりやすく、ニーズが高いです。

でもこれって、正社員就職を目指すときも同じです。

20代なら正社員就職を目指した方が良いです。

将来性があります。

20代なら派遣よりも正社員就職を目指すべき

20代なら職歴なし社会人経験なしフリーター・ニートからでも正社員就職を目指しやすいですよ。

29歳でもまだまだ正社員就職を目指すことが出来ます。

20代なら派遣よりも正社員就職を目指すべきといえます。

⇒ ハタラクティブ

⇒ ジェイック

⇒ 就職shop

などの就職支援サービスを中心におすすめとしてご紹介していますが、正社員として働けるならその方が良いです。

責任のある仕事も任せてもらえますし、昇給もしますしボーナスも出る企業が大半です。
退職金もあるでしょう(一応、退職金規定は確認した方が良いです)。

基本的には、生涯賃金は正社員の方が高くなります。
(よほど薄給の会社に就職すると分かりませんが・・・)

正社員型派遣は、派遣先にとっては派遣社員です。

重要な仕事、責任のある仕事をどんどん任せる、といったことはあまり無いです。
派遣社員はの派遣先での仕事は、基本的には単純労働が多いです。

スキルを身に付けるのは難しいことが多く、3年、5年と働いて振り返ってみて、

「あまりスキルが身に付いていない・・・」

と悩んでしまう可能性があります。

正社員型派遣から正社員登用される可能性もありますが、35歳くらいで改めて正社員に転職しようと思うと、正直、難しいです。

そのまま正社員型派遣として働こうと思っても、40代になると仕事が決まらなくなります。

仕事の紹介が出来ない社員を待機させておくだけでも、正社員型派遣の場合には派遣会社は給料を支払うことになりますので、雇用が難しくなります。

決して50歳、60歳などまで安定して働けるシステムとはいえません。

正社員型派遣は将来性はあるの?

とにかく無職、職歴なしフリーター・ニートといった状況から脱出したい!

社会復帰の方法として、2,3年働いて20代の間に正社員転職を目指すつもり、といった場合には安定収入も得られますし、良い働き方になりそうです。

しかし、ずっと正社員型派遣として働くことを考えた場合、将来生はあるでしょうか。

正社員型派遣として働いた時の、将来のキャリアは

フリーターよりはまし、といった考え方も出来る正社員型派遣ですが、将来のキャリアを考えた場合には光が見えない、といって良いと思います。

あくまで、数年間働いて正社員として転職を目指す場合のつなぎ、といった感じで考えた方が良いのではないでしょうか。

派遣会社の担当者によっては、あなたのキャリアを心配してくれて、少しでも経験の積める派遣先や正社員登用ありの職場を紹介してくれるかもしれません。

しかし、大半の担当者も次の派遣先を決めることで手一杯といえます。

派遣会社の担当者も、担当する正社員型派遣スタッフを複数持っています。
持っている求人の中から、仕事を決めていく必要があります。

あなたのキャリアを考慮している余裕は無いと考えて良いでしょう。

また派遣会社の正社員ではありますが、派遣先にとっては派遣社員です。

経営状況によっては、派遣社員は切りやすい人材です。

もし働きやすい職場が見つかったとしても、派遣先の都合によりそこでの仕事が終わる可能性は常にあります。

また派遣会社の都合で遠い派遣先になる可能性もあります。

思った以上に自由度は低い働き方だと理解する必要があります。

高齢になるほど、仕事が選べなくなってもいきます。

これはどんな働き方をしていても同様ですね。

若さは本当に大きな武器

です。

だからこそ、20代の方は正社員型派遣などではなく、正社員就職を目指した方が良いといえます。

これはもう、本当にそう思います。

正社員型派遣よりも正社員就職を目指しましょう

派遣会社としては、最近は正社員型派遣の募集に力を入れているように見えます。

大手派遣会社の正社員型派遣サービスも出そろいました。

しかし、将来性を考えた場合にはデメリットが大きいと言えます。

派遣会社はあなたの40代、50代のキャリアは考えてくれませんからね。

早めにスキルが身に付く正社員の働き方を目指すべきです。

フリーター・ニートから正社員就職 おすすめ就職サイト

20代フリーター就職サイト

20代職歴なし無職から正社員就職を目指すことが出来る就職サイトをご紹介しています。

自力での就活よりも、内定率の高い就職活動が出来るメリットがあります。





キーワード