高時給アルバイト
20代フリーター 就職サイト > 20代仕事探し > 20代 フリーター脱出して働くには

20代 フリーター脱出して働くには


フリーター 脱出

20代 フリーター脱出して正社員になりたい

20代フリーター、という方も多いと思います。

そろそろフリーターを脱出して、正社員になろうかな・・・

という事で就職活動をお考えの方も多いのではないでしょうか。

色々な事情があってフリーターになった方も多いでしょう。

・やりたい仕事が見つからなかったので、就活しなかった

・音楽で食べていく夢を追いかけたかったので、時間が自由になるフリーターになった

・新卒で入社したけれどブラック企業・・・身体を壊して2ヶ月で退職、その後はフリーター

・就活に失敗して既卒ニートになっていた

なんとなく正社員として働くのが面倒で就職しなかった・・・という方もいるかもしれません。

公務員試験、司法試験を受けるために時々アルバイトをして、受検勉強を続けてきた方もいるかもしれませんね。

でも気がつけば28歳、29歳。
30歳を目前にして、区切りを付けて正社員就職しなければ・・・という方も多いのではと思います。

人手不足から未経験でも中途採用に積極的な会社は多いです。
フリーターOK、未経験OKの求人も増えています。

職歴無し、職歴があっても早期退職で短い方も、20代であれば中途採用される可能性が高いのが今です。

正社員としての仕事が決まらずに30歳を迎えると、就職活動が非常に厳しくなってしまいます。

正社員になるには20代が良い、という事は求人が多い今の状況でも変わりなく言えます。

フリーターから脱出するには就職をすること

フリーターからの脱出、となるとやはり正社員就職することが目標となります。

実家が商売をしていて、家業を継ぐ予定がある。
親が資産家、働かなくても生活していけるくらいの資産が懐に入り込む予定がある、といったような事でも無い限りは自ら就職をして働いて、生計を立てる事が必要です。

フリーター生活を脱出するためには、就職をする必要があります。

就職活動の仕方としては、

・ハローワークの利用

・正社員登用ありのアルバイト、契約社員

・紹介予定派遣

・就職支援サイト

などがありますね。

どういった就活の仕方が成功率が高いかで考えてみると、就職支援サイトの活用が当てはまるといって良いでしょう。

正社員登用に関しては、

「必ず正社員にします」

といった保証が無い限りは、ずっとアルバイト、契約社員のままという可能性もあります。

【関連記事】正社員登用は嘘?期待せず、正社員就職を目指すべき?

紹介予定派遣も同様です。

ハローワークは正直な所、サポートが期待出来ませんし自分がガツガツ行動できなければ就活が進みません。

就職支援サイトは、フリーターや既卒、ニートといった方の就職サポートに実績を多く持つところが多く、一人ひとりに担当としてアドバイザーが付いてくれます。

的確なアドバイスをもらえる事も多いため、就職相談をしながら立ち止まること無く就職活動を進められるという大きなメリットがあります。

マイペースに仕事探しをしたい!人に相談する必要は無い、といった方には必要のない就職支援となると思いますが、一人で就職活動するのが不安、履歴書の書き方が分からない、志望動機を作るのが苦手、面接対策で何をして良いか分からない・・・といったような方には、こうした就職支援サイトは大きな力になると思います。

20代 フリーター脱出して働くには

ニート脱出
20代フリーター、既卒、ニートからの正社員就職。

自力で普通に就活をしても、書類選考も通らない厳しい現実に就職活動を挫折してしまう・・・という方も中にはいます。

職歴無し、社会人経験無しの場合、履歴書や職務経歴書を書くのも、大変と感じる方は多いようです。

20代であれば、就職活動の方法として、就職支援を利用する方法が良いと思います。
就職アドバイザーなど担当者が付いてくれて、内定獲得まで手厚くサポートしてくれます。

⇒ 20代フリーター・ニートもOK オススメ就職サイト

の記事中では、

・DYM就職
・ハタラクティブ
・ジェイック(JAIC)

など就職支援サイトを詳しくご紹介していますが、フリーターやニートからの就職成功も多いんですね。

未経験OKの求人ばかりを扱っていますし、応募書類の書き方、志望動機の作り方、面接対策などまでサポートしてくれます。

どれも無料で簡単に登録出来ますし、サポートには定評があります。

今までにこうした就職支援を利用した方がどういった就職先を見つけられたか、と言った事も見てみると参考になると思います。

正社員就職するなら20代が本当に良いと思う理由

フリーターからの正社員就職
正社員就職するなら30歳までに就職した方が良いです。

もう31歳だけど・・・といったように30歳を過ぎている方は時間を戻すことは出来ませんから、今取れるベストな就職活動をするしかありませんが、もしまだ20代であれば30歳までに就職した方が絶対良いと思います。

29歳と30歳、本人としてはさほど変わりが無いのですが、世間からの見られ方、求人状況は大きく変わってきます。

「30歳を越えてフリーター、就職しなくて大丈夫なの?」

と言われることが急に増えました。

あまりに言われることが増えてきたので、親戚や友達と集まる機会を避けるようになってしまいましたね・・・。

就職活動をしようと思って求人を調べて見ても、29歳の頃はまだ見つかりやすくかった未経験OKの正社員求人が、30歳という年齢を入れて求人検索すると・・・ヒットする求人数が明らかに減ってしまっています。

これってつまり応募先の求人、会社が見つかりにくくなっていると言う事ですよね。。

29歳と30歳の壁、本人が思っているよりも大きなものがあると言えます。

「もう30歳なのに・・・」

「30歳になったんだから・・・」

といった事を言われる事が本当に増えます。

耳が痛いです。

今、20代でフリーターやニートの方、いずれは就職しようと思っている、という場合には20代での就職が本当にオススメです。

30歳を越えると、職歴無しで未経験といった場合、非常に仕事に就きにくくなってしまいます。

未経験OK 正社員求人の年齢制限は29歳が多い、という現実

現実的な事を考えてみても、フリーターから正社員になるには「フリーター歓迎」「未経験OK」の求人を中心に応募をする事になりますが、その未経験OKの正社員求人が激減するのが30歳です。

「未経験は29歳までの方」

といった求人が多いんですね。

人材採用の際、年齢制限を設ける事が大半です。

中途採用後、育成の問題もありますし組織構成上、未経験者であれば若手を採用したいと考える企業は圧倒的に多いです。

40歳未経験を積極的に採用したい、といった会社は聞いた事がありません・・・。
採用する以上は長く活躍して欲しい、というのもありますよね。

そのため、未経験は特に20代で年齢制限をかける企業が大半です。

調べてみると、「未経験者は27歳まで」といった求人も多いですね。

ただでさえフリーターやニートからの正社員就職は、難しい事が多いです。
その上、さらに年齢によって応募に制限が増えるのは、さらに就職を難しくしてしまいます。

フリーターから正社員就職を目指すのであれば、20代。
本当にそう思います。

20代 フリーター脱出して働くには、まとめ

就職活動を諦めない
フリーターから正社員になるには、20代の間に就職活動をするのが良いです。

正社員として働き出してしばらく経ちますし、友人と話をしていても、未経験で30歳を越えて中途入社してくる方はいません。

30歳を越えて転職する人のほとんどは、経験者であり、いきなり役職に就いて転職されてくる方も多いようです。

まさに即戦力として中途採用されていると言えますね。

職歴無し、社会人未経験、フリーターからの就職を考えると中途採用されやすい20代が勝負、といって良いと思います。

フリーターとして夢を追いかけている方もいると思いますし、国家資格の難しい試験(弁護士とか税理士とか)を受けている方もいると思います。

でも、35歳、39歳とずっと追いかけるのは現実的では無いですよね。

区切りを決めて、いずれは就職活動しようと言う方も多いのではないでしょうか。
その年齢が29歳、という方は多いです。

正社員になるのであれば、20歳。
未経験OKの正社員求人が見つかりやすい20代が勝負といえます。

フリーターから正社員就職を目指す際には、20代であれば、

20代フリーター・ニートもOK オススメ就職サイト

といったように、利用出来る就職支援サイトも多数あります。

社会人経験無し、職歴無しからの就職には、こうした就職支援サイトを利用しての就活の仕方が一番良いと思います。





キーワード