就職できない27歳 職歴なし大卒
20代フリーター 就職サイト > 20代仕事探し > 20代後半職歴なし、は就職できない?

20代後半職歴なし、は就職できない?


20代後半職歴なしフリーター・ニートが楽に就職できる方法

20代後半まで職歴なしフリーター・ニートとして来てしまった、という方がこれから正社員就職を目指すために利用出来る、成功率の高い就職活動の方法をご紹介しています。
就職活動をしたけれど、どうしても内定がもらえなくて・・・就職できないのでは、とネガティブに思ってしまうこともあるかもしれません。
20代後半はまだまだ正社員就職できるチャンスがあります。
20代後半、職歴なしフリーター・ニートの採用を考えている企業からの求人が集まる場所があります。

20代後半 職歴なしでも就職できる方法

20代後半になると、色々なことに焦るようになると思います。

特に仕事のこと、正社員として働いていない自分の今の状況に焦る方も多いのではないでしょうか。

私も27歳で無職だった頃は、自分の状況が情けなく、天井や窓の外をぼんやり見ながら、

就活をしても内定が全然もらえない。このまま就職できないのかもしれない・・・

とつい考えてしまっていました。

ネガティブな状況を変えるには、行動するしか無いです。
待っていても何も変わりません。
ずっと無職です。

20代後半、といっても様々な年齢でお仕事探しをされている方がいると思います。

28歳、29歳からでも。職歴なし、社会人未経験から就職しやすい仕事

もし、20代後半まで正社員として就職せず、職歴なしできてしまった場合、就職を目指すにしても就職しやすい仕事はある程度限定されます。

例えば、未経験者歓迎の求人が多い正社員の仕事としては、

  • 営業
  • ITエンジニア
  • 工場
  • タクシー運転手
  • 介護
  • 飲食店
  • 土建(ガテン系)
  • ドライバー
  • 警備
  • ビルメン
  • 配達員

などの仕事があります。

ドライバー系の仕事は、バス運転手、タクシー運転手、トラック運転手など仕事に必要な免許を取得するまで補助がある会社も多いので、本当にやる気さえあれば適職になる方も多いのではないでしょうか。

車の運転が好きで、あまり日常業務で人と多く関わりたくない、といった方には合っている仕事ではないでしょうか。

やりたい仕事、やりたくない仕事

もちろんですが、こうした仕事の中には、

  • やりたい仕事
  • やりたくない仕事

があると思います。

やりたくない仕事に無理に就いても、早期退職する可能性が高くなるだけなので、それ以外で就職する事を考えた方が良いでしょうね。

⇒ DYM就職

⇒ 就職shop

といった職歴なし20代後半も内定率が高い、こうした就職支援サービスの活用をオススメしていますが、紹介の割合が多いのは、

  • 営業
  • ITエンジニア

です。

営業の仕事といっても、色々な業界があります。
いろんな働き方が出来ます。

「安く名刺など印刷が出来るのですが、そうした需要はありますか?」

「コピー機の入れ替えなど、お考えではありませんか?」

「保険の見直しされませんか?」

といったように飛び込み営業をさせられるような会社ばかりではありません

あとはテレアポとかもそうでしょうか。
1日100件、電話をしてアポを取る日々・・・といった仕事は少数と思います。

新規開拓ばかりをする営業の仕事ばかりでは無いです。

既存の個人のお客さん、法人のお客さんを回り、営業を行うルート営業での募集もありますよ。

ITエンジニアも職種研究をしていくと、様々な仕事内容があります。

IT業界は、これからも新しい仕事が生まれると思いますし、スキル次第では高年収も狙える状況になってきていますから、就職に興味のあるフリーター・ニートの方も多いのでは、と思います。

地元でどんな仕事があるか、まずは求人サイトを利用して情報収集するのもオススメです。

求人が無ければ応募のしようもありませんからね。

特に地方にいけばいくほど職種が少なくなってしまうのは仕方無い、といった感じもあります。

企業が少ないですから。

私も27歳で就活をしている時、地元の求人の少なさと、東京の求人の多さを比べていっそ上京して就職しようかな・・・と真剣に考えたものです。

関連記事

⇒ 上京支援サービス おすすめ

私が実際に真剣に上京して就職しようと思った時に調べた、上京支援サービスです。

20代後半なら、まだまだ求人を見つけることは可能です。

ただ、自力での就活が難しいというだけではないでしょうか?

私も書類落ちしまくっていましたので・・・。

今は職歴なし、20代後半フリーター・ニートでも就職しやすい状況なの?

今はニュースでもよく見ますが、様々な業界・業種で人手不足が深刻です。

有効求人倍率も1.6倍以上で推移しています。

新規求人倍率は2.40倍です。
(平成30年11月の求人倍率、厚生労働省より)

業種によっては有効求人倍率が8倍とかあるんですよ。

単純にいうと、8つの企業が1人の採用を競っているということになります。

こうした状況ですから、よほど就職先を選んだりしなければ、仕事は見つかるといって良いです。

実際、フリーター・ニート向けに就職支援サービスを提供している就職エージェントの方は、

仕事を選び過ぎなければ、28歳や29歳の方でも就職できますよ

と皆さん仰います。

ただ、

30歳を越えると厳しいです

とも言われます。

もし、職歴なし30代となると人手不足であっても就職は厳しくなります。

30代ともなれば、やはり採用にあたってはある程度、正社員経験がある人を採用したいと考える企業が増えるからですね。

職歴なし、未経験者を採用するなら29歳まで、といった企業が多いと言えます。

20代後半 職歴なしから就職するために、内定率が高い方法

20代後半 職歴なしのフリーター・ニートから就職するには、どういった就活方法が良いでしょう。

正直なところ、空白期間が長くなると履歴書や職務経歴書を送っても、ほとんどが書類落ちします。

途中から書類選考の結果を待つ時間がもったいなく感じられるようになると思います。

多分、落ちているであろう結果を待つのも辛いです。

もしかすると、今まで就職活動をしたことが無い、という方もいるかもしれません。

大学中退、既卒で就職活動をしなかった方もいると思います。

そうなると、余計に自力での就活は難易度が高いです。

だからこそ、就職支援を利用した方が良いと思います。

先ほども少しDYM就職や就職shopといった20代フリーター向け就職サイトをご紹介しました。

こうした就職サイトは、フリーター・ニートをメインに就職サポートを行っています。

dodaやリクルートエージェントなどが求人紹介エージェントとして思いつくメジャーどころですが、正社員経験のある転職希望者がターゲットです。

職歴なし20代後半が就職を目指す場合には使えません。
紹介してもらえる求人がそもそも無いので、登録を断られてしまいます。

20代後半、職歴フリーターやニートから脱出を目指すのであれば、

就職サイトの活用がオススメです。

20代後半フリーター、ニートの就職にもオススメ就職サイト

はこちらでご紹介しています。

おすすめは書類選考なしで面接が受けられる就職サイトの活用です。

選考期間を短くできるので、1週間など短期間で就職先が決まることもあります。

どういった就職先を狙えるか、まずは情報収集に活用してみる方法もオススメですよ。





キーワード