フリーターからの正社員就職
20代フリーター 就職サイト > 20代仕事探し > 20代 ニート・フリーターならまだまだ正社員として働ける!

20代 ニート・フリーター就職


20代 ニート・フリーターならまだまだ正社員として働ける!

20代。ニートの就職、フリーターの就職

「今の状況を脱出して、正社員になるには」

20代はまだまだ未経験OKの正社員求人も多く見つける事が出来ますから、就職しやすい年代といえます。

ご存じの通り、フリーターと正社員では同じ時間を働いたとしても、給料、年収、生涯賃金に大きな差があります。

働く中でも福利厚生の手厚さなども差が大きいですよね。

老後に関しても生活の質に大きな格差が生まれてしまうといって良いでしょう。

20代 ニート・フリーターならまだまだ正社員になるチャンスががあります。

正社員になるために重要なのは、

求人をどこで情報収集するか

そして、

内定獲得まで就活を諦めない

という事といえます。

今は若年層、特に20代の人材が不足しており中途採用に積極的な企業が多いです。
パートやアルバイトの正社員登用に踏み切る企業も増えていますよね。

正社員就職するにはとても良い時期と言えます。

よく言われる事ですが、東京オリンピックまでは企業の採用意欲は高く、フリーターも正社員就職するチャンスが多いと予想されます。

いつまで続くかは分かりませんが、ニート・フリーターの方で正社員になりたい、という方はこの就職しやすいぜひ逃さずに就職活動を進めていきましょう。

フリーター・ニートから正社員になるには

WEBデザイナーとして就職
フリーターやニート、既卒から正社員就職するには、利用する就職サイト選びがとても重要です!

一にも二にも、就職サイト選びにかかっていると言っても良いかもしれません。

就職サイトにも種類があります。

大きく分けて2つ、

・自分で求人を探して応募する、直接応募タイプ

・担当アドバイザーが付いてくれて、就職活動の様々な事をサポートしてくれる就職支援タイプ

とあります。

当サイトでオススメしているのは、後者、就職支援を受ける事が出来る就職サイトの活用です。

20代フリーター・ニートもOK オススメ就職サイト

では、当サイトからのご登録が多いフリーター・ニート向けオススメ就職サイトをご紹介しています。

就職成功率96%など、非常に高い実績を持つ就職支援サイトもあります。

職歴無し、社会人経験無しフリーターやニートといった状況から脱出するには、こうした正社員就職をサポートしてくれる就職支援サイトを活用する方法が近道といえます。

自力で就活する仕方もありますが、不採用が続いても自分では修正が難しい事も多いんですよね。

履歴書や職務経歴書の書き方が全くズレていて、ダメでも気づけない事もあります。
次もきっとまた不採用・・・という事が自分で気づくのが難しいのはとても厳しいです。

就職支援サイトを活用した場合には、多くの求職者(フリーター・ニート・既卒)をサポートしてきたアドバイザーがしっかりとアピール出来る応募書類になるようにアドバイスをしてくれます。

面接対策も行ってくれますし、なにより未経験OKの正社員求人についての情報量が多いのがメリットです。

一般的な求人サイトには掲載をしていない会社からの未経験OKの正社員求人も見つかる事は多いです。

利用も無料です。

正社員就職を目指すフリーター・ニートといった方にとって、利用しない理由はあまり無い、といえるのではと思います。

フリーター歴が長い方、ニート歴が長い方でも、諦めずに就活を続けた結果、見事に正社員就職に成功しています。

ニート・フリーターの就職支援を専門とする、

20代フリーター・ニートもOK オススメ就職サイト

を活用されての就職活動の仕方がオススメです。

未経験OKの求人が多い、正社員就職のチャンスは20代!

フリーター向け就職支援サービス
未経験OKの正社員求人を調べていると分かるのですが、フリーター・ニート向け未経験OKの求人は20代であれば見つかりやすいです。

30歳以上になると、未経験OKの求人は一気に減ります。

こうした現実はしっかりと受け止めなければならないと思います。

正社員就職を目指すのであれば、20代の方が求人が見つけやすいです。
それも、25歳以下など年齢が若い方が中途採用されやすいといえます。

職歴無し、社会人経験無しのフリーターからの求人応募があったとして、23歳と29歳では、色々な面を考えても23歳の方が採用されやすいです。

素直さ、今後の伸びしろ、活躍してくれそうな期間など、有利な点は多いですね。

民間の就職支援サイトの多くも、30歳以上は正社員求人の紹介が難しくなる事から20代限定としています。

30代のフリーター・ニートの方は行政が行っている就職支援を活用する方法がありますが、年齢的にも就職は難しくなる事は覚悟する必要はありそうです。

関連記事として、

中途採用されやすいフリーターとは

もご覧になってみてください。





キーワード