ブラックバイトを辞められない
20代フリーター就職サイト > 退職代行 > アルバイト・パートにおすすめ退職代行サービス

退職代行 アルバイト


アルバイト・パートでも退職代行が使える

アルバイト、パートでも退職代行って使えるの?

フリーターから正社員になるために就職活動をしているけれど、バイト先がブラックバイト、面接日なのにシフトを入れられそうになる。

アルバイトを辞めて就活に専念したくて退職の相談をしているのに、何ヶ月も引き延ばされて退職させてくれない。

就活して内定が貰えたので辞めたいけれど、具体的に退職日を決められず困っている・・・

辞めたい、退職したいということを直接会社側に伝えて円満退職できるのが一番良いのですが、中にはアルバイト先、パート先がブラックな職場だった・・・というケースもあるでしょう。

辞めたいのに辞められなくて困っている・・・

といった場合には、退職代行サービスを利用する方法が良いかもしれません。

退職代行サービスは、アルバイト・パートでも利用することが出来ます

退職代行サービスはアルバイト・パートでも利用することができる

退職代行サービスを使いたいけれど、アルバイトやパートでも利用できるの?

「退職代行サービスって、正社員向けのイメージが強いんだけど・・・」

という方も多いかもしれません。

退職代行サービスはアルバイトやパートの方も利用することが出来ます。

アルバイトは簡単に仕事を辞めやすいイメージがありますが、なかなか辞められないバイト先も実際にはあります。

辞めたいのに辞められない、本当に困ってしまった場合には、退職代行サービスを利用して安心・確実に退職する方法を検討してみてください。

安価な退職代行サービスもある、とはいっても数万円の費用はアルバイト収入から考えると、大きな出費だと思います。

出来れば、本当にアルバイトやパートを辞められなくて困っている、就職先が決まったので早く退職日を決めたい、しかし退職手続きが難航している、といったような場合に利用されるのがおすすめです。

退職意思を伝えた後、退職日までに追い詰められそう・・・といった場合にも、退職代行サービスは有効かと思います。

アルバイトの方におすすめ、低価格・確実、法適合の退職代行サービス

記事本文に入る前に、おすすめしている退職代行サービスをご紹介します。

フリーターやパートとしてお仕事されている方は、退職代行サービスの費用もできるだけ安価に抑えたい、という方も多いと思います。

退職代行サービスをリスクなく依頼したい場合、

・弁護士

もしくは、

・労働組合(労働者のための代理交渉が認められています)

が良いでしょう。

安価ということで選んだ一般法人の退職代行サービスは、後々トラブルになる可能性があります。

弁護士に退職代行サービスを依頼する場合、基本的には高額で手続きも煩雑なことが多いです。
労働組合の退職代行サービスの方が弁護士よりも利用料金が安いことが多いので(3万円以内が多いです)、利用を検討されると良いと思います。

労働組合の退職代行サービス 退職ガーディアン

退職代行サービス

365日全国対応、労働組合法人が代わりに退職を完了させてくれます。
労働組合が運営をしているため会社との交渉も可能、即日で辞めることも可能です。

低費用、簡単、確実に退職できることが大きな特徴の退職代行サービスです。

⇒ 退職代行ガーディアン

退職代行サービスは、アルバイト・パートを即日辞めることが可能

人手不足、コロナの影響もありアルバイトやパートの募集を行っても人が集まらない・・・という職場も増えています・

そのためか、今いるアルバイトやパートに辞められると、仕事が回らない、お店の業務がパンクしてしまう!といったような理由から辞めたくても強烈に引き留められて辞められない・・・といったこともあります。

しかし、辞めたい理由もありますよね。

どうしても自分で退職相談、退職の交渉をしても状況が好転しない場合には、退職代行サービスを利用する方法が良いかと思います。

退職代行サービスを利用した場合、アルバイトやパートの退職成功率は100%といって良いでしょう。

また、アルバイトやパートは即日で辞めることが可能です。
正社員のように仕事の引き継ぎなど特に必要ないこともあるでしょう。

責任者の合意があればいつでも辞めることができるためです。

(退職代行サービスによって違うケースもあるかもしれませんが、調べた範囲では即日対応可能のところばかりでした)

先ほどご紹介した「退職代行ガーディアン」の場合には、即日から出社する必要がなく連絡も取る必要もありません。

面談は不要、相談~退職まで全てスマホでOKということも特徴です。

退職したい時に「辞めたいけど言えない」「辞めさせてくれない」といった悩みを抱えている人の代理人となって企業側と退職に関する連絡・交渉を行ってくれます。

⇒ 退職代行ガーディアン

アルバイト(フリーター)が退職代行サービスを利用するメリット

アルバイト先を辞めるのに、自分で辞める意思を伝えて退職を認めて貰えれば、お金は必要ありません。

しかし、アルバイトでやパートの人が退職代行サービスを利用するケースが増えていると言います。

SNSでも調べてみると退職代行サービスを利用してアルバイトを辞めた、という方も。

退職代行サービスを利用するメリットとしては、次のようなことを挙げることが出来ます。

言い換えると、こうした場合にバイト先を辞めるために有効な方法と言えるでしょう。

即日辞められる

既に退職の意思を伝えているのに、人手不足を理由に引き留められていてずっと辞められない状況が続いてい場合。

上司の了承が得られていないから・・・など理由をつけて辞められない場合、などもあるでしょう。

何らかで辞めたいのに辞められなくて困っている場合には、退職代行サービスを利用することで即日辞められる可能性は非常に高いです。

多くの退職代行サービスは無料LINE相談を受け付けています。
心配な方は一度相談してみるといいでしょう。

苦手な上司に自分で直接言う必要がない

退職代行サービスはあなたの代わりに職場に退職の連絡・交渉をして退職を完了させてくれます。

会社と連絡を取りたくない場合。

上司が苦手で上司を前にすると退職を切り出せない、いつも断られてしまい引き下がってしまう・・・といった場合にも退職代行サービスはメリットがあるといえます。

有給を使って退職できる

アルバイトやパートの方でも条件を満たしていれば有給休暇が付与されています。

週1日勤務のアルバイト・パートであっても、6ヶ月で1日の有給休暇が付与されます。

有給付与の条件

・入社から6か月間継続勤務している(6ヶ月後に付与、その後は1年おきに付与)
・所定労働日の8割以上出勤している

しかし、アルバイトやパートの方の場合には有給休暇があること自体を知らなかったり、自分から有給休暇を消化して辞めたいということが交渉できない場合もあるでしょう。

退職代行サービスを利用すれば、有給休暇を消化してから辞める、といった交渉も依頼しやすいのはメリットに挙げられるでしょう。

有給休暇の取得は原則、会社側は断ることは出来ません。

そのため、問題無く取得できるはずです。

有給休暇についても心配であれば、無料LINE相談などで退職代行サービスに確認されることをおすすめします。

退職代行サービスは弁護士、労働組合どちらかを選ぶことが大切です

退職代行サービス、といっても様々なサービスがあります。

格安になると数千円で会社に電話連絡などを行ってくれるところも。

アルバイトを辞める、といった場合にはできるだけ費用を安く抑えたいところです。

しかし、退職代行サービスは多少費用がかかったとしても、

・弁護士
・労働組合

どちらかを選ぶことをおすすめします。

一般の退職代行会社の場合には伝えることしかできないため、退職の交渉をすることができません。

退職日の調整、有給などアルバイトやパートであっても、交渉ごとは多数出てくるでしょう。
都度、依頼者に確認が入るのはとても効率が悪いですし、直接本人と交渉すると押し切られる可能性も考えられます。

退職代行サービスを利用して退職に失敗する、というケースです。

弁護士や労働組合の退職代行なら法律的に「交渉」が可能です。

そのため、即日退職といったことも可能となります。

弁護士や労働組合の退職代行サービスとしては、

⇒ 退職代行ガーディアン(労働組合)

⇒ 弁護士法人みやびの退職代行サービス(弁護士)

などの利用が良いでしょう。





キーワード