就職エージェントを活用して就活
20代フリーター就職サイト > 第二新卒の転職 > 新卒2年目の転職は難しい?転職に成功する方法

新卒2年目の転職 難しい


新卒 2年目の転職は難しい?

新卒2年目で転職するかどうか、悩んでいる方も多いと思います。

新卒入社して2年目ともなれば、ある程度は社内のことも分かってきていますし、この後の自分の仕事のキャリアや会社の将来性など考えることも色々とあるでしょう。

職歴もまだ浅いし、新卒2年目の転職は難しいのかな・・・?

転職理由によっては難しい可能性もありますが、入社2年目、第二新卒の需要に関しては高いですから転職は十分に可能です。

転職するからには自分に合っている会社を見つけることが必要です。
そのためには、企業の詳しい情報を持つ転職エージェントを利用する方法もおすすめです。

中でも20代の転職を専門とし、第二新卒の転職支援に非常に強い転職エージェントの活用をおすすめしたいと思います。

20代専門、第二新卒の転職支援に強い、おすすめ転職エージェント

先に転職エージェントのおすすめを2つ、ご紹介させていただきます。

新卒2年目の転職だからこそ、次の転職先選びは重要です。
もし、転職してまたすぐに辞めたい・・・短期間で2回、3回と転職するのは避けたいところです。

一度転職すると、転職に対しての心理的抵抗も下がり、ジョブホッパーになる可能性があります。

自分に合った会社、やりたい仕事ができる会社に転職ことが大切です。

転職エージェントを利用することで、サポートを受けて転職の成功率を高めるとともに、企業について詳しい情報収集ができるようになります。

Re就活エージェント

確実に20代を採用している優良企業のみを紹介してくれる、という特徴をもつのがRe就活エージェントです。

新卒2年目、キャリアアップ転職を目指す方、未経験職種への転職を目指す方にもおすすめの転職エージェントです。

東京・名古屋・大阪の各拠点またはWeb面談等でカウンセリングを受けることが出来ます。

20代は年収アップ転職も目指しやすいので、年収面についても相談してみてください。

【会場】東京、名古屋、大阪

⇒ Re就活エージェント

第二新卒エージェントneo

マイナビジョブ20's 20代第二新卒専門の転職

20代・第二新卒・既卒専門の転職エージェントが第二新卒エージェントneoです。

20代を採用したい企業からの求人ばかりですから、効率良く求人の情報収集をすることが出来ます。

一人一人に合わせた自己PR・志望動機作成で、選考通過率も非常に高いことが特徴です。

紹介してくれる企業は第二新卒エージェントが実際に訪問し、オススメできる企業のみ。
ブラック企業は除外して紹介してくれます。

【会場】東京、大阪、名古屋、福岡

⇒ 20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】

新卒2年目でも転職できます

新卒2年目、第二新卒の転職に成功するには

新卒2年目は第二新卒とも言われ、以前も非常に企業からの需要も高かったですが、現在もまだまだ市場価値が高く、第二新卒を採用したいという企業は多いといえます。

入社2年目、3年目の第二新卒者は、即戦力に近い人材として採用に積極的、前のめりの企業も多いです。

以前は少なくても3年は転職せずに頑張るべき、といった風潮もありましたが、今はそうしたことは無いといって良いでしょう。

転職理由によっては、入社1年目でも中途採用する、という企業もあるくらいですから新卒2年目での転職は十分に可能です。

もちろん、2年目、職歴は浅いということは忘れてはいけません。

第二新卒として転職をする決意がされたのであれば、しっかりと転職の準備をすることが転職成功のために重要です。

また、withコロナという状況が状況です。

万が一を考えて(転職先が決まらないこと)、退職しないで在職しながら転職活動をすることをおすすめします。

新卒は3年同じ会社で働いた方が良い?は古い

新卒として入社したら、転職してきたら3年はその会社で働き続けた方が良い、と言うことがよく以前は言われました。

実際、人事担当者の多くにもネガティブな印象はあったといえるでしょう。

3年間、同じ会社で働き続けられない人は採用してもすぐに辞める可能性が高い、ということで書類選考で落ちるケースも多かったといえます。
(周囲の知り合いのケース含め)

しかし、今は入社して3年以内に転職することはそれほど珍しいことでもありませんし、転職理由によっては在職期間が短くても気にしない、という採用担当者は増えているといって良いでしょう。

中には新卒1年目で転職する人もいます。

新卒2年目なら、第二新卒としても企業から採用の需要が高い人材として転職はしやすいといえます。

よほど求人を選び過ぎる、といったようなことでもなければ転職先が見つからずに途方に暮れる・・・といったことはないでしょう。

新卒2年目、第二新卒として転職はできるということになります。

新卒3年目までの離職率

実際、同じように新卒2年目の人達はどれくらい会社を退職しているの?転職しているの?ということが気になる人もいるかもしれません。

厚生労働省の調査によると、平成28年の新卒入社3年目までの離職率は合計で32%となります。

新卒2年目の離職率は10.6%です。

厚生労働省 新規学卒者の離職率

厚生労働省 新規学卒者の離職状況より

ここ20年ほど、新規学卒者の離職率は35%前後で推移していますので、入社3年以内に転職することは、やはりそれほど珍しいことではない、といえるでしょう。

新卒2年目、転職理由が大切

新卒2年目で転職する場合、転職が難しくなるケースがあります。

それは、転職理由が「逃げている」「あいまい」といったケースです。

転職理由は面接でも必ず質問されますし、場合によっては突っ込んで質問されることも多いです。

在職期間が短い2年目でどうして転職しようと思ったのか。

面接官に納得してもらえる転職理由であることが必要です。

新卒2年目の転職理由について、詳しくみていきましょう。

新卒2年目で転職しやすいのはどんなケース?

転職理由によっては、新卒2年目でも十分に転職することができます。

むしろ、第二新卒として企業から期待してもらいやすいため30代になってからの転職よりも、転職しやすいといって良いと思います。

第二新卒としてポテンシャル採用も期待できる年齢ですから、未経験職種への転職も挑戦しやすいですね。

転職しやすい転職理由としてはどういったものがあるでしょうか。

ブラック企業に就職してしまった

残業で終電を逃す

新卒で入社した企業がブラック企業だった・・・

ブラック企業に就職してしまった場合には、頑張り続ける必要はないといえます。
精神的、体力的に限界を迎える前に転職するべきでしょう。

ただ自分の判断でブラック企業かどうか迷う、といった働き方になっている方もいるかもしれません。

その時は、客観的なアドバイスをくれる友人に質問してみたり、転職エージェントに相談してみる方法がおすすめです。

自分がやりたい仕事が分かった

実際に社会人として働いてみて、仕事について分かることはとても多いですよね。

学生時代に考えていたことと、実際に社会人になってから思うことは違うはずです。

仕事をしてきて、本当にやりたい仕事が分かった、という方もいるでしょう。
また、本当はやりたかった仕事にやっぱり挑戦したい、という方もいると思います。

ポジティブな転職理由となるのであれば、十分に転職成功できるといえます。

労働条件が悪すぎる

就職できない27歳 職歴なし大卒

ブラック企業とまではいかなくても、労働条件の悪い、厳しい会社はあります。

残業が多い、休日出勤も多い。
先輩も忙しく仕事を教えてもらえないので、仕事が進まないしスキルも上がらない・・・

それでいて給料は相場よりも低いしボーナスは無し。

正直なはなし、入社2年目で第二新卒とし転職活動ができるのであれば、待遇が良く、福利厚生も手厚い企業に転職できる可能性があります。

働く上で労働条件は大切です。

厳しい労働条件にある場合には、転職を考えても良いのではないでしょうか。

その他の転職理由

辞めたい、転職したいという理由ですが、本人的に限界であれば転職は考えた方が良いと思います。

ただ、実際に転職するにあたっては反省すべき点は反省する、他責にしない、といった点が重要になります。

「やりたい仕事ができないから転職したい」

「給料が低すぎる」

といったようなことは、新卒時の就活での情報収集の不足が原因ともいえますので、そうした点を反省しつつ、面接では志望動機などをアピールする必要があります。

また、それらに対して何らかの改善策を実行したかどうか、といったことも質問されることもあります。

面接での質問に対しての答えは、様々に想定して用意しておかなければならないでしょう。

新卒2年目、転職NGな転職理由

面接で答えられない・・・

では転職NG、不採用になる可能性が高い新卒2年目の転職理由としては、どういったものがあるでしょうか。

「やりたい仕事が出来ないから辞める」

「給料が安いから無理」

「どうしても合わない先輩がいるので辞めたい」

本音の部分での転職理由は、どんなものがありますか?

基本的に、面接官が次のように思うような転職理由は避けたほうが良いでしょう。

「この人材は働く意欲に欠けるのでは?」

「素直さにも欠けるし、人間関係の構築がうまくいかない人なのかもしれない」

「給料や待遇を第一に気にする人材のようだ」

「希望している仕事ができないと、すぐに転職を考えてしまうようだ」

採用したい第二新卒とは

採用担当者は求人に応募してきた人材が、

・熱意を持って仕事に取り組めるか
・周囲と協力して仕事を進められるか
・素直かどうか
・仕事で困難なことがあっても、乗り越えられそうか

といったことを見極めようとしています。

やりたい仕事にしても、入社1年目で希望通りの仕事を任せてもらえる人は少ないでしょう。

また採用後、早期離職されてしまうことが最も困ります。

そのため、ネガティブな理由で転職をする人材は基本的には不採用となります。
同じような転職理由で退職する可能性が高いためです。

転職の理由を他責にする人も、不採用になるでしょう。

とはいえ、ブラック企業に就職してしまい、どう考えても労働時間に対して給料が激安である、といったような場合にはより良い労働環境を求めての転職、正当な給料で働きたい、といった転職理由も面接官に納得してもらえるでしょう。

第二新卒の転職支援を行う転職エージェントは増えています

第二新卒の転職は、自力で行っても十分転職成功の可能性がありますが、在職しながら転職活動をするのであれば時間が無いですから、転職エージェントを利用して転職先を探す方法がおすすめです。

新卒2年目、3年目と第二新卒や20代に特化した転職エージェントも需要の高さもあり、増えています。

入社2年目の転職は難しい場合もあります。

多くの第二新卒の転職支援をしてきた転職エージェントするメリットは多いです。

エージェントからアドバイスを貰いながら、応募書類の準備、面接対策などをすることで転職の成功率を上げることができるのもメリットといえます。

新卒2年目、おすすめ転職エージェント

転職活動に欠かせない、といえるのが転職エージェントです。

特に在職しながら転職活動をする方が多いでしょうから、代わりに情報収集を行い、2年目での転職OKの求人を紹介してくれる転職エージェントは便利な存在といえます。

以下は、入社2年目の転職にも対応してくれる、おすすめ転職エージェントです。

Re就活エージェント

Re就活エージェントは20代の転職に特化した転職エージェントです。

・優良ベンチャー、大手、準大手企業等の求人
・土日祝休み、年収550万円以上等希望にあった求人
・仕事の幅を広げ、裁量権のあるポジションで働くことができる求人
・今までのキャリアを活かした、専門性を高めることのできる求人

といった求人をお探しになっている方はぜひ相談してみてください。

Re就活エージェントでは、確実に20代を採用している企業を紹介してもらうことが出来ます。

【会場】東京、名古屋、大阪

⇒ 20代専門転職エージェント【Re就活エージェント】

第二新卒エージェントneo

第二新卒エージェントneoは20代の転職に特化した転職エージェントです。

第二新卒(就業後3年以内の転職)にも強く、多くの転職実績があります。

一人一人に合わせた自己PR・志望動機作成で、選考通過率も非常に高いことが特徴です。

【会場】東京、大阪、名古屋、福岡

⇒ 20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】

マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20's

マイナビが運営する、20代専門の転職エージェントがマイナビジョブ20’sです。

20代、第二新卒の求人も多く扱っていますから、入社2年目の転職にもしっかりと対応して貰うことが出来ます。
非公開求人が多いことが特徴です。

マイナビは大手企業、優良企業の求人を中心に知りたい場合などにもおすすめ転職エージェントです。

【会場】東京、名古屋、大阪

⇒ 20代の転職専門!【マイナビジョブ20’s】

リクルートエージェント

知名度No.1、リクルートエージェントです。

利用する大きなメリットは、求人数の多さです。
様々な業界・職種の求人についての情報を得ることが出来ます。

情報量で転職エージェントを選ぶなら、リクルートエージェントが最もおすすめと言えます。

第二新卒を含む若手、20代の転職にも強いのがリクルートエージェントです。

業界最大手の転職エージェントとして、大手企業、優良企業からの求人も多いことも特徴です。
キャリアアップ転職、異業種転職なども相談してみてください。

⇒ リクルートエージェント





キーワード