就職活動の方法
20代フリーター 就職サイト > 正社員就職 > 就職活動に挫折した20代フリーター、もう一度就活するために

就職活動に挫折した20代フリーター、もう一度就活するために


就職活動で挫折する事もあります、受け入れて次に進む事が大切

フリーターから正社員として就職するまでには、挫折を経験する事もあるかもしれません。

私自身もフリーターから就職するために頑張って就職活動をしている期間が長かったですが、挫折して一旦ストップ・・・といった事は何度かありましたね。

もうダメかも、一生フリーターだわ・・・

と思ったとしても諦めてはダメですね。
それこそ、一生フリーターです。

20代の間はまだまだ正社員就職になるためのチャンスを掴む事は出来ます。

1回、2回の挫折は挫折のうちに入らない、と思って再び就職活動を頑張ってみては、と思います。

フリーターからの就職活動、不採用が連続して挫折

就職活動の挫折
20代、30代の方も含めてフリーターから正社員になるために就職活動を始めて、挫折する事が多いのは、やはり「なかなか就職先が決まらずに、挫折する」といったケースではないでしょうか。

不採用が続きまくるのは、気持ちが折れるものです。

次第に「どんなに就活を頑張っても無理かも」といったネガティブな気持ちになってきてしまいます。

特に30歳を超えると、応募可能な未経験OKの正社員求人、自体が少なくなっています。

「この会社も落ちた・・・もう応募出来る会社、無いかもしれないな」

落ちた会社に2回応募される方もいるのですが、まず無理です。
フリーターからの就職活動で厳しさを知ると、やはり高いモチベーションを維持し続けるのは難しいですよね。

一人で就職活動をしていると、陥りやすい挫折と思います。

大学からの友達で34歳、フリーターがいるのですが彼は30歳を越えてから就職活動をスタートしました。
ちょっと遅かった。

気楽なフリーターから抜け出る決意がつかなかったそうです。
実家暮らしで楽だったんでしょうね。。

今もまだ就職活動をしています。

就職活動に挫折しても、再チャレンジが可能な20代

30歳を超えてしまうと、実体験からも就職活動はとても難しくなる、といえます。

これからご紹介する既卒、フリーター向け就職支援サービスも20代限定ばかりなんです。

30代も利用可能な就職支援もありますよ。
30歳を越えても利用出来る就職支援サービスは基本的には、行政・自治体が提供してるものとなります。

比較すると、やはり民間の就職支援サービスの方が情報量が多いですし、サポートも手厚いと言えます。

出来れば20代の間に正社員就職を決めるように頑張ってみる事を強くオススメします。

20代後半でもまだまだ本気で就職活動を続けるのであれば、正社員になるチャンスはあります。

働くにあたっての希望も色々とあると思います。

でも、フリーターから正社員を目指す場合、仕事を選びすぎないことはとても重要ですね。

選んでいるほど余裕は無い、ともいえますけれどね。

どうしてもやりたくない仕事を選ぶ必要はありませんが、給料などあまり高望みはしてはいけないかな、とは思います。

まずは就職して、社会人として経験を積み始めること。
フリーター生活を脱出すること。

これが大切では、と思います。

20代はフリーター向け就職支援サービスを活用して再チャレンジがしやすい

フリーターからの正社員就職
もし挫折をしてしまった場合、特に一人で就職活動をする場合には、よっぽど意思が強くないとそのまま挫折したままでは、と思います。

就職活動で挫折した場合、他者の力を借りる事が復活へのポイントになる事が多いです。

違う視点からアドバイスももらう事が出来ます。

例えば、

20代フリーター・ニートもOK オススメ就職サイト

でご紹介しているのは、全てフリーター、既卒、ニートOKの求人紹介を行っている向け就職支援サービスです。

自分で探していては見つけられないような会社からの未経験OKの正社員求人も紹介してもらえる事があります。

それ以上に、正社員を目指しての就職活動でアドバイスをもらえるのは大きいと思います。

費用もかかりませんから(無料)、気軽に活用出来るのではないでしょうか。

フリーター向け就職支援サービスを利用して、どんなに自力で就活を頑張ってもダメだった人が就職した例も知っています。

フリーターや既卒、ニートなど、今までの生活から抜け出して正社員になるための方法として、こうしたフリーター向け就職支援サービスはオススメです。





キーワード