女性ニートの就職
20代フリーター 就職サイト > 正社員就職 > 専門学校中退、就活しても就職できない時

専門学校中退、就活しても就職できない時


専門学校中退 就職したいけれど出来ない・・・

専門学校中退、就活しても就職できない時

専門学校を中退する方も多いと思います。

経済的な理由、入学してみたものの・・・実はやりたい事では無かった、専門学校の人間関係、アルバイトの方が忙しくなってしまって、など。

専門学校中退理由も様々でしょう。

専門学校中退後、就職を考える方も多いと思いますが就職活動では新卒と比べると、やはり不利になることが多いと言えます。

応募する求人・企業によっては、応募者が多い場合には学歴により書類選考で落とされるケースもあるかもしれません。

大学中退もそうですが、専門学校中退も人事担当者にとってはイメージは良くないものです。

また最終学歴も高卒となる方が多いでしょうから、探すべき正社員求人も「高卒以上可」「学歴不問」といったものが中心となります。

専門学校中退後、正社員就職を目指す場合には、未経験OKの正社員求人を見つける必要があります。

専門学校中退後、正社員就職するには

既卒ニート就職活動
専門学校を退学した後、就職成功するポイントとしては「できるだけブランク期間を空けずに就職活動すること」がまず挙げられます。

アルバイト期間、ニート期間と空白期間が空いてしまうことは、やはりマイナスのイメージを採用担当者に持たれてしまいます。

その上で、未経験OKの正社員求人を中心に応募する事。

高卒でも正社員就職しやすい業界・職種を狙う事、などがあります。

フリーター、既卒、大学中退者(専門学校中退)などを専門として就職支援を行っている就職支援サービスを利用する方法をオススメしています。

専門学校中退の時、20歳前後という方が多いと思います。

大学中退をして専門学校に入学し直したり、フリーターから専門学校入学し中退、といった方であっても24歳、25歳くらいの方ではないでしょうか。

20代であれば、まだまだ正社員求人を見つける事はできます。

中退後、早めの就活スタートが内定率アップにも重要

専門学校中退理由を面接で必ず質問されますが、

「経済的に厳しくなってしまって」

といった理由を伝えることで、納得してもらえるケースは多いです。
自分でもアルバイトをしながら学費を稼いでいたけれど体力的に限界で・・・といった理由は必要でしょう。

年齢的に考えて20代前半は正社員就職しやすいです。
求人を選び過ぎてしまうと就活が難しくなる可能性もありますが、諦めずに就活を続けていく事で内定はいずれもらえる人が多いと思います。

ここで正社員就職を諦めてしまって、フリーターや派遣社員になってしまう。
そうすると、その雇用形態から今度はなかなか抜けるのが難しくなってしまいます。

フリーターでも派遣社員でも生活するだけの収入を得ることは出来ますから、1年、2年と年月が過ぎてしまい年齢が上がっていってしまう。
20代後半でもまだ職歴なし、未経験からでも正社員就職は目指せますが、20代前半と比べて就活の難しさは上がっています。

未経験からでも就職しやすい年齢を逃すリスクの方が大きいと言えます。

専門学校を中退した方に限りませんが、人手不足の今、就職を考えた場合には若ければ若いほど選択肢(求人)が多いですから、出来るだけ早い時期に就職活動をスタートする事をオススメします。

中退後、正社員求人を見つけるための就職サイト

専門学校中退後、就職のために正社員求人を見つけやすい就職支援サービスをご紹介します。

高卒以上で正社員就職を希望する方が利用できる就職支援サイトとなりますので、専門学校中退の方も利用することが可能です。

中には中卒以上のフリーターなどもOKの正社員求人を保有している就職支援サイトもあります。

ちなみに就職支援サイトを利用する場合、就職を希望するエリアの就職サポートが受けられるかどうかも重要です。

就職支援サイトによっては拠点、サポート対応地域が変更になったり、期間限定で遠方のサポートも展開することもありますので、公式サイトなどで最新情報を確認することも大切です。

地方都市にお住まいの方は特によくチェックしてみてくださいね。

就職Shop

就職Shop

就職Shopはリクルートキャリアが運営する若者向け就職支援サービスです。利用者の9割が20代となっています。

第二新卒や既卒、フリーターなど未経験からの正社員就職をサポートしています。専門学校中退の方ももちろん利用できます。

就職Shopは未経験からの就職に強く、多くの未経験者が就職Shopで正社員就職に成功しています。正社員未経験という方でも大丈夫です。

これは就職Shopの大きな特徴となりますが、就職Shopでは書類選考がありません。

書類選考で落とされることがなくなれば、専門中退でも学歴を気にせずどんどんチャレンジできますね。学歴よりも人柄ややる気を評価してくれる企業に出会えます。

そして模擬面接や業界理解を深める少人数セミナーなども行っていますので、面接に自信がない方も安心です。

【対応地域】
東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、兵庫、京都

就職Shop 公式ページを見る

ハタラクティブ

ハタラクティブ

ハタラクティブは20代に特化した若年者向け就職支援サービスです。

ハタラクティブではフリーター、既卒、第二新卒、ニートなど様々な人の正社員就職を支援しており、学歴も大卒はもちろん高卒や中卒もOKとなっています。

ハタラクティブでは未経験OKの求人ばかり扱っているので、就職したことがない方も応募できる正社員求人が見つかります。

就活アドバイザーが履歴書の添削や面接対策などのサポートを行ってくれるので、就職成功率がアップします。分からない事も相談できるので安心ですよ。

またハタラクティブなら実際に取材した求人のみ紹介してくれますから、求人票だけでは分からないような詳しい情報も教えてもらえます。

【対応地域】
東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、愛知、福岡

ハタラクティブ 公式ページを見る

DYM就職

DYM就職

DYM就職は第二新卒、既卒、フリーターなど未経験からの正社員就職をサポートする就職支援サービスです。

DYM就職では書類選考なしで面接をセッティングしてくれるので、学校を中退して学歴に自信がない方にもぴったりです。

面接の前にはしっかりと面接対策を行ってくれるので、面接が苦手という方も安心です。

また書類選考がない分、内定までの流れもスムーズです。中には一週間で内定が決まったという方もいて、早く就職を決めたい方にもおすすめです。

求人はDYM就職が厳選した優良求人ばかり。業種や職種も豊富なので、自分にぴったりの求人が見つかります。

【対応地域】
東京、大阪、名古屋、福岡、札幌

DYM就職 公式ページを見る

専門学校中退後、高卒可の求人・職種を探して就活

派遣会社のキャリアアドバイザー
専門学校を中退した方の多くは、最終学歴が高卒となると思います。

就職活動をする際には、中途採用へ応募する事になりますがその際、高卒可の求人が条件となりますね。
なおかつ、「職歴なし・フリーター歓迎・未経験者歓迎」といった求人を探して応募する事が出来れば、書類選考も通過しやすいですし、面接も突破しやすいといえます。

専門学校中退後に正社員就職を目指す場合、高卒可、職歴なし・未経験者歓迎、といったことで募集が多い職種をご紹介します。

営業職

未経験者歓迎の求人が多い代表的な職種といえば、営業職です。

実際、多くの求人サイトや就職エージェントで営業職の求人数がトップとなっていると思います。

需要も多く学歴不問、経験不問で採用されやすい職種です。
男性のみならず、女性のニーズもあります。
女性営業職が歓迎される業界もあります。

大変そうなイメージしかない方もいるかもしれませんが、働き方は様々です。

情報収集をしてみると、意外と自分に合った営業の仕事が見つかる可能性もあります。

高年収を狙いたいから営業職一本で就職先を探す、という方もいます。

販売・サービス職

販売・サービス職も需要が多く、学歴不問、未経験者歓迎の求人が多い特徴があります。

就職先も幅広いです。

アパレル、化粧品、スーパー、飲食店、家電量販店などを始めとして、店舗では販売スタッフが必要です。

エステ、美容関連などでは女性限定で求人が見られます。

販売・サービス職として店舗勤務の場合には、年収はお世辞にも高いとはいえませんが、その後のキャリアアップによって本社勤務やスーパーバイザーなどになることが出来れば、年収アップなど狙える可能性があります。

事務職

未経験OKの求人が多い事務職は、女性から人気の高い職種です。

事務職の仕事は、残業ほぼ無し、特別なスキル、経験が必要なく始められることから倍率が非常に高いことには注意が必要です。

・一般事務
・営業事務

の2つがよく見かける事務職となっています。

工場職

工場で製造に関する業務を行います。
学歴不問での募集が多く、中卒の方も働く場合もあります。

高卒であれば問題無く採用されるでしょう。

工場、製造関連のお仕事は大手企業の求人が多いことも特徴です。
シフト勤務があるのが通常です。

ITエンジニア

人手不足のIT業界では、未経験者を採用してITエンジニアとして育てようという企業も多いです。

エンジニアといっても様々な仕事内容があります。

・プログラマー
・システムエンジニア
・インフラエンジニア
・WEBプログラマー

ほか、様々な仕事で探すことが出来ます。

自分はどの分野のエンジニアとして経験を積んでいきたいか、将来的に活躍したいかを最初にしっかり考えて、エンジニア求人を探して応募をしていくことが重要となります。

ITエンジニアの求人に関しては、東京都に集中しています。
東京で働く事も考えている場合、地方の方は状況支援サービスなどを利用して、就職先を探してみることも検討してみてはと思います。

関連記事:上京支援サービス おすすめ

専門学校中退者が面接でよく聞かれる質問

面接でよく聞かれる質問

専門学校中退の理由も色々とあると思います。

学費の問題で中退を選択せざるを得ない、といった方も多いのではと思います。

1つ、2つ単位を落としてしまってまた専門学生を1年やり直すには、学費が足りない。
単位を落としたことで親に学費をもう1年出してもらう事をお願いするのは難しい。

そうしたような中退理由から専門学校を中退して就職を選ぶ方も多いのではないでしょうか。

あと一歩で卒業、専門学校卒の資格が手に入ったであろう人には特に「本当に違う仕事に就職して後悔しないかどうか」といった類いの質問がなされます。

アルバイトなどを頑張って学費を稼いで1年また通う。
そうすることで、今まで専門学校に通って学んだ時間も活かせられますし、何より専門学校に通う人は就きたい仕事があって専門的に学ぶために入学しています。

その時間が無駄になっても大丈夫なのかどうか、といった事は面接官も気にしています。

何度質問をされても、就職する気持ちが揺るがない事はしっかり答える必要はありますね。

・大学中退理由
・中退してからブランク期間がある場合、何をしていたか
・どうして就職しようと思ったか

といったような質問は、面接で確実に聞かれるであろう質問となります。

面接官によってはわざと否定的な質問の仕方をしてくる場合もありますので、様々なケースを想定して面接準備を整えることが大切になりますね。

出来れば、模擬面接を行えると良いですね。

知り合い、身近な人でちゃんとお願い出来る人がいない場合には、中退者の就職支援にも強い就職エージェントを利用する方法なども検討してみてください。

先ほどご紹介した就職支援サービスでも模擬面接等の面接対策は行っていますので、活用してみるといいでしょう。

専門学校中退で就職を成功させるポイント

就職活動、面接
専門学校中退、就職活動をする上で大切なのは、

中退したことを引け目に感じる必要はない

ということです。

中退した事実は変えられませんからね。

その上で、仕事をしたい熱意、志望動機、これからのビジョンをしっかりと伝える事に力を注ぎましょう。

専門学校中退を引きずらず、前向きに就職活動をする事が大切となります。

就職活動は一人でもする事が出来ますが、不安を感じる方は一人で悩むのでは無く、就職支援サイトを利用する事をオススメします。

仕事探しに関する事を何でも就職相談出来ますし、自分に合っている仕事や会社の求人も紹介してもらう事が出来ます。

苦手な方が多いであろう面接対策、面倒な日程調整なども代わりに行ってもらえます。

生計を立てるためにアルバイトと並行して就職活動、という方もシフトと調整して面接を入れるなどしやすいのではないでしょうか。

内定が出て就職先を決めた場合にも、アルバイトを辞め入社日についても、改めて調整しなくてはなりません。

就職に関する事をトータルでサポートしてくれるこうした就職支援サイトは、専門学校中退の方にもとても心強い就職支援になると言えます。

人手不足で売り手市場と言われる今は、学校中退者も就職がしやすい状況と言って良いでしょう。

しかし、正社員就職に成功するには、的確なアドバイスやサポートを受けながらの方が遠回りしなくて済みます

そのための方法として、

中退後、正社員求人を見つけるための就職サイト

でご紹介したような、就職支援サイトの活用がオススメです。

これから就職活動をスタートするという方、一人での就活に困っている方など、ぜひ活用してみてくださいね。





キーワード