一生就職できない?どうしても就職できないフリーター
20代フリーター 就職サイト > 正社員就職 > 一生就職できない?どうしても就職できないフリーター

一生就職できない?どうしても就職できないフリーター


就職できないフリーター

就職活動を頑張っているけれど、どうしても就職できない・・・なかなか就職先が決まらずに辛い。

そうしたフリーターの方も多いのではと思います。

私も就職活動に取り組んで、1年ほど就職先が決まらずに毎日ふわふわと不安な日々が続いていたときは精神的に追い込まれるような気になることがよくありました。

そうした時はやはり少し就職活動を休むことも必要かもしれません。

どうして就職できないのか。、原因をしっかり分析してみて、その後の就活に再度取り組むことが大切です。

20代、30代半ばくらいまでは利用出来る就職支援サービスもありますので、そうしたところをフル活用される方法をおすすめしています。

20代フリーター、第二新卒、既卒 オススメ就職サイト

どうしても就職できないフリーターになっている?と感じたら

どうしても就職できないフリーター

フリーターをずっと続けていると20代で感じる焦りとは別の質感の焦りが、30代になると感じるようになってきます。

このままだと、本格的に自分は就職できないのではないか。

フリーターの末路ってどんな感じなんだろう・・・?

毎同じ繰り返し。
アルバイトに行って、働いて、帰ってきて寝る。

友達はみんな正社員として活躍しているから連絡も取りにくい。
一人。
フリーターだから手取りもずっと一緒。
増えない。

「自分、何してるんだろう・・・?」

そう思う日が増えてきます。

フリーターから正社員就職するために重要なのは、年齢なんですよね。

これはもう多くの就職エージェントから話を聞いていますし、知り合いといっても数社ですが、企業の採用担当者からも年齢は採用にあたり重要、という話を聞いています。

ずっとフリーターでいたい、という方はいないと思います。

正社員になりたい

安定した正社員として就職して結婚もしたい、貯金が出来る生活をしたい、安心感が欲しい。

そのためには気持ちを切り替えて、改めて就職活動をするしかありません。

20代の方は自力での就活に加えて、フリーター就職支援サービスを活用されると良いと思います。

1社利用してみて、合わなかったり良い仕事が紹介されなかったら他のフリーター就職支援サービスを利用してみてください。

違う企業の求人を持っているので、希望に近い職種の未経験OK正社員求人を紹介してもらえる可能性があります。

30代フリーターの方も、前半の方はまだ利用可能なフリーター就職支援サービスがあります。

もちろん求人はかなり減ってきますので、あまり職種を選んでいる余裕はないと思いますが利用する価値はあるでしょう。

40代になると、非常に難しいです。

職業訓練を受け、何かしらスキルを身に付けた方が就職成功の確率を上げることが出来ます。

職業訓練校には40代、50代の方も通われています。

少しでも就職の可能性を上げるものは、利用されることをおすすめしたいです。
正直、職種も選んでいる場合では無いと言えます。

見つかる求人から少しでも自分に合っている仕事を探してみる必要があります。

フリーターから就職できない理由

フリーターから就職できない場合、何かしらの理由があるものです。

書類選考で落ちる。
面接をどうしても突破できない、内定がもらえない。

そうした時期が続く場合、以下に当てはまっている可能性があります。

年齢(企業が採用したい年齢を超えている)

今は年齢について求人には書けないのですが、企業が採用したい人材の年齢はやはりある場合が多いです。

未経験なら27歳まで、経験者で即戦力になりそうでも32歳まで。
それ以上の年齢の方は落として良い。

社員の年齢構成比もあるでしょうし、経営層、上司からの何歳までなら採用したい、といった指示がある場合には残念ながら書類選考で落ちます。

まして職歴なしフリーターからの正社員就職であれば、特別なスキルなどが無いと思います。

30歳に近くなってくると、年齢で落ちることも増えてくることもあります。

応募した企業とは縁が無かった、と思い気持ちを切り替えて次の企業を探すしかありません。

一貫性が無い

一貫性が無くなっていないかどうか、チェックすることも必要です。

就職が決まらない、内定がもらえない原因として、

「仕事に対して一貫性が無い」

ことがあります。

色々な業界、職種に応募していると起こりがちです。

仕事に対しての一貫性

・どんな職種の仕事に就きたいか
・就職してどんな社会人になっていきたいか
・どんな働き方をしたいか
・どういった姿勢で仕事を続けて行くのか

といったことに一貫性が無いと面接でしっかりと志望動機を伝える事も難しくなってしまいます。

結局は、数撃ちゃ当たるで就活

自分としては職種を絞って一貫性を持って就職活動をしているつもりでも、結局は、「数撃ちゃ当たるで就活」をしている場合があります。

だって、就職活動の期間が長くなってくると、応募出来る会社も無くなってきますからね。

希望の職種で応募出来る企業が無くなったら、正社員就職するためには「広げて応募する」しかありません。

結果、一貫性が無くなる
悪循環になってしまっています。

就職活動が長引く事で、さらに不利になっていきます。
その間にフリーターとして年齢が上がってしまう方もいるかもしれません。

求人を探す媒体を変えてみる、フリーター就職支援サービスを利用してみるなど、変化を付けて就活をする必要もあります。

志望動機が弱い

業界研究、企業研究がしっかり出来ていないために、志望動機が弱い可能性があります。

フリーター期間があることで最初の時点で不利になっているという気持ちを持って、徹底的に業界研究、企業研究をします。

就職したらどういったことで貢献出来るか、辛いことがあっても諦めずに粘って頑張り切ることなどもアピールすることが必要です。

採用した人材がすぐに辞めないかどうか

も人事担当者が強く重視する点となります。

面接対策が弱い

面接でよく聞かれる質問

面接対策がしっかり出来ていないと、いくら頭の中ではアピールが上手く出来ていても、現実の面接であがってしまったり、言葉に詰まったりで失敗してしまいます。

面接が苦手・・・という方は、面接対策をするしかありません。

対人で面接対策をする必要があります。

家族や友人に面接官役をお願いするのが恥ずかしい、という方は、フリーター就職支援サービスを利用されると良いです。

就職支援の中に面接対策もありますので、第三者として、企業からフリーターがよく聞かれる質問を重点的に対策、答え方の練習などをすることが出来ます。

フリーター就職支援サービスを利用するメリットの一つと言えます。

20代フリーター、第二新卒、既卒 オススメ就職サイト

就職できない場合、どうする?

就職できない27歳 職歴なし大卒

フリーターから正社員になりたいけれど、どうしても就職できない・・・

といった期間が長くなってきた場合、20代後半、30代の方は年齢が気になる方も多いとは思いますが少しだけ就活を休むことをおすすめします。

煮詰まった頭で就活を続けても、良い結果は得られないでしょう。

数日でも良いので就活を離れて気分転換した方が良いと思います。

その上で、今まで使っていなかった求人媒体、フリーター就職支援サービスを探し利用することを検討してみてください。

求人を選んでいた場合には、今まで避けていた求人もしっかり検討してみてください。

どうしても自分に合わない仕事は避けた方が良いでしょう。
早期退職の一因になってしまいます。

重要なのは今までと就活のやり方を変える、ということになります。

今までずっと内定をもらえなかった就活のやり方を続けていても、今後も内定がもらえない可能性は高いでしょう。

改めてハローワークを利用してみる、職業訓練の利用を考えてみる。
30代後半、40代の方でも職業訓練を経由して就職した人も多いですよ。

全くの未経験者よりも、少しでも学んだ人を作用したいという企業はありますし、補助金の絡みで採用してもらえた、といったケースも中にはあるでしょう。

情報収集を変えてみるのも効果がある場合があります。

20代、30代半ばまではフリーター就職支援サイトを利用して就活

29歳、20代の方。
30代半ばまでの方は、フリーター就職支援サービスを利用して就職先を探す方法をおすすめしています。

フリーター就職支援サービスを運営している就職エージェントが持つ求人にしか応募出来ませんが、自力での就活よりも内定率が高く短期間で就職が決まる可能性があります。

自分で半年、1年と就職活動をしてみて良い結果(内定)がもらえなかった場合には、就職支援サービスを利用してみることをおすすめします。

就職支援サービスといっても、サービスによって扱っている求人も異なりますし、求職者への接し方、距離感も違います。

複数を利用してみて、自分に会っている就職支援サービスをメインで使うといったことも考えてみてください。

20代フリーター、第二新卒、既卒 オススメ就職サイト





キーワード