就活セミナーへ参加
20代フリーター 就職サイト > 既卒 就活 > 職歴無し、既卒フリーターでも就職できる

職歴無し 既卒フリーターの就職


職歴無し、既卒フリーターの就活

既卒者でフリーターの方も多いと思います。

大学卒業後にすぐ就職活動ををする人ばかりではないですよね。
生活のためにアルバイトをする人も多いでしょう。

引き続き、資格試験を受検するためにアルバイトをしながら資格の勉強、という方もいると思います。

特にやりたい仕事がないから・・・とフリーターになる人もいますよね。

単に内定を獲得出来なかった、という方も結構多いんです。

しかしある時、「正社員にならないと」と思って就職活動をスタートする。

きっかけも色々と思います。

先ほどの資格試験にしても、この年齢までは挑戦する!と決めている方も多いでしょう。
27歳まで、それからは就職活動しよう。

正社員として仕事をがんばる友人から刺激を受けて、自分もそろそろ正社員にならないと!と思って就活をスタートされる方もいます。

でも・・・実際に就職活動を始めてみると、新卒の時と違って就活の情報が少ない事に不安を感じる方も多いのではないでしょうか?

「既卒・職歴なし」からでも正社員就職するために有効な方法についてみていきましょう。

新卒よりも就活が難しい事は、理解してしっかりと準備する

卒業してどれくらいの期間が経つかは一人ひとりで違いますが、新卒の就職活動をまだハッキリと覚えている方も多いと思います。

いざ既卒の就職活動をスタートしてみたけれど、新卒の時の就職活動とはだいぶ違う・・・と思われている方も多いのではないでしょうか。

新卒の時は上場している大企業へも応募しやすかったですし、人気企業、様々な業界・職種の求人へ応募しやすかったと思います。

しかし、既卒になると狙うのは中途採用です。
年齢によって、応募出来る求人数もかなり変わってきます。

応募する求人によっては、転職を希望する経験者ともライバルとなるケースもあります。

「未経験・職歴無し」は不利になるケースがとても多くなります。

そのため、既卒者の就職活動でなかなか内定がもらえない・・・フリーター生活が長引く、といった人もいます。

フリーター生活が長くなればなるほど、正社員就職がまた難しくなってしまうという悪循環もあります。

既卒者の就活は、新卒の時と比べて難しい事。
そのため、しっかりとした情報収集と準備が必要なことは、事前に理解しておく必要があるかなと思います。

面接でもネガティブな質問が多くなる事が予想されますから、しっかりと面接順をしておく事が重要です。

既卒になった理由、フリーターになった理由、空白期間

想定される質問に対しては、どんな質問のされ方であっても答えられるように準備をしておきたいですね。

既卒、職歴なしの人が狙うのはどんな求人?

既卒で職歴無し、といった人が狙うべきはどんな正社員求人でしょうか。

その前に「卒業後、3年以内なら新卒向け求人も受けられる」事をご存じでしょうか?

厚生労働省の通達により「卒業3年以内の既卒者を新卒扱いとする」事が定められています。

ただ注意点としては、この場合ライバルが新卒となります。
応募者、非常に多いことが予想されます。

そして、既卒者はどうしてもネガティブな印象を持たれてしまうのは致し方のないところです。

年齢も他の新卒応募者よりも上です。

不利である事を理解した上で、しっかりと準備をする事が必要です。

新卒向け求人は、中途採用で探しても出てこないような企業からの求人も多いため、どうしても受けたい企業があれば「卒業3年以内」として応募される事をオススメします。

手当たり次第に応募しても、実際にはなかなか内定獲得には至らないと思いますので、志望動機をしっかり作れる企業への応募に留めるのが良いかもしれません。

それよりも既卒者向けの求人を狙った方が、就職成功率は高くなります。

既卒向け求人を狙う就職活動の方法

まず、求人サイトを利用して情報収集をされる方も多いと思うのですが、今は人手不足で困っている企業も多く、リクナビやマイナビ、enなどを利用しても既卒者向け求人が見つかることは増えています。

景気も良い状況ですから、多数の既卒向け求人が見つかるでしょう。

少しでも就職成功率を上げるには、こうした既卒者の中途採用に積極的な企業を狙う事が重要です。

しかし、求人情報だけでは実際のところ「自分に合っている会社かどうか」「ホワイト企業なのかブラック企業なのかよく分からない」といった事も多いでしょう。

そうした時には、求人サイトと比べると扱う求人数は減ってしまいますが、企業の詳しい情報を持つ就職エージェントの活用がオススメです。

既卒者の就職支援に多くの実績を持つ就職エージェントも多数あります

こうした就職エージェントは、求人を行っている企業に直接足を運び情報収集を行っていますから、未経験者歓迎で優良企業からの求人を紹介してもらえる可能性があります。

既卒者向け就職エージェントを利用する方法

既卒者の就職活動の方法で、オススメなのが既卒者向け就職エージェント(人材紹介会社)の活用です。

未経験者歓迎、既卒者OKの正社員求人が多数ありますから、情報収集にも効率が良いですね。

専任の就職アドバイザーが付いてサポートもしてくれます。

適性のある会社からの求人紹介、既卒OKの求人、応募書類の作成サポート、面接対策、入社日調整など様々なサポートが受けられる事で、就職活動を有利に進めていくことが出来ます。

特に面接対策が大切ですね。

「なぜ既卒になったのか」

「空白期間は何をしていたか」

「フリーターになった理由」

「当社を志望した理由」

様々な事を質問されるでしょうから、想定される質問に対してしっかりと答えを用意しておかなくてはなりません。

答えも何でも良い訳ではないですからね。

しっかりとアピールにつながるように、答えを用意しておく必要があります。
そのためにはノウハウが重要となります。

既卒者が就職成功するために多くのノウハウを持つ就職エージェント

無料で利用出来ますので、活用しない手はないのでは、と思います。

20代フリーター、第二新卒、既卒 オススメ就職サイト ランキング
で既卒者の就職に強い就職エージェントをご紹介しています。

これから就活をされる方も、自力での就職活動が上手くいっていなくて・・・という方も、利用してみてと思います。

就職活動の心強いサポートを受ける事が出来ます。





キーワード