就職決まらず卒業、就職したい
20代フリーター 就職サイト > 既卒 就活 > 就職決まらず卒業。卒業後、正職員就職するには

就職決まらず卒業。卒業後、正職員就職するには


就職決まらず卒業はマズイ!就職するには

就職決まらず卒業卒業後に正社員就職を目指す既卒、フリーターの方向けに情報を掲載されています。
就活を頑張っていたにも関わらず、就職が決まらない方も多いと思います。
希望の職種では無かったので内定を蹴ってしまったら、その後もう内定がもらえなかった・・・
一つも内定が出なかった。途中で就活を止めてしまった、といった方もいるかもしれません。
就職決まらず卒業。卒業後、正職員就職するにはどういった就活をすると成功率の高い就活が出来るかをご紹介しています。

就職決まらず卒業、フリーターになるよりも正社員就職したい場合

就職できないフリーター
フリーターになると正社員就職が難しくなる、と聞いたことがある方も多いと思います。

実際、一旦フリーターになってしまうと、その後はなかなか非正規雇用から抜け出せずに何年にも渡ってフリーターを続ける方は多いです。

そのため、フリーターになるよりも早く正社員就職したい、という焦りから手当たり次第に求人へ応募してしまう方もいるようです。

しかし、そうした就活では内定獲得は難しいです。

志望動機もあまりアピールできるものとはなりませんし、様々な業界へ応募すると、企業研究も甘くなります。

卒業後には改めて自己分析を行って、応募する業界・職種を考え直すことが大切といえます。

フリーターが就職が決まらない理由

就職が決まらずに大学を卒業、フリーターになってしまうと今度は「なかなか就職できない状況」になる可能性が高いです。

卒業後、フリーターになると就職できない理由としては、次のようなことが原因として考えられます。

  • 卒業時に内定がなかったことで、目標がなくなってしまう
  • 内定無しで卒業したことで、ネガティブになっている
  • 自己PRが上手く作れなくなってしまう
  • フリーターになった理由をうまく説明出来ない
  • 大学時に志望した業界・職種にこだわり過ぎてしまう
  • フリーターが気楽で、就職活動を止めてしまう

といったことなどがフリーターになった後、就職が決まらない理由となるケースが多いといえます。

やはり思考がネガティブになってしまい、自己PRでアピールが弱くなってしまったり、フリーターになった理由を上手く説明出来ないケースは多いようです。

内定がもらえなかった理由を、出来れば避けたいものですが自分なりにしっかりと分析をして、反省することが重要となってきます。

就職が決まらず卒業、フリーターに。

フリーター歴が長くなると、さらに正社員就職しにくくなっていってしまいます。

いずれは正社員として働くことをお考えであれば、卒業してからブランク期間が出来るだけ短い間に就職活動をして、正社員就職を目指すほうが内定は得やすいです。

フリーター(職歴なし)から正社員就職しやすいのは20代!

職歴なしフリーターから正社員就職するには、年齢が非常に重要です。

年齢制限を求人に記載することは出来ませんから明確には書かれていませんが、多くの企業では未経験者の採用は29歳まで、としているケースが多いです。

30代フリーターは、

  • 体力的な問題
  • 仕事への対応力(未経験業務を覚えるスピード)
  • 職場の人間関係(上司が年下など)

といったような理由があり、なかなか書類選考も通過しなくなってきます。

そもそも、30歳以上は「即戦力のみ」しか応募を受け付けないといった企業もまだまだ多いです。

これからさらに人手不足が深刻となり、未経験者の応募は35歳まで、39歳までとする企業が増える可能性がありますが、まだ現状ではそうした企業は少ないといえます。

30歳を超えると厳しくなるフリーターの就職

就職できない27歳 職歴なし大卒
30歳を超えるとフリーターの就職は一気に厳しくなります。

20代といっても、1歳でも若い方が就職は有利です。

22歳、23歳と29歳では、未経験者歓迎の求人応募してもその後の反応が大きく変わります。

早く正社員就職したほうがキャリアも早くスタート出来ます。

生涯賃金もその分多く稼げるでしょうし、20代後半で転職を考えることも出来るでしょう。

20代後半で正社員としキャリアをスタートすると、転職する機会を得るのは難しくなってくる方が多いです。

フリーター歴が長くなり20代後半での就活、となると様々なデメリットが増えてきます。

フリーターから正社員を目指すのであれば、20代、それも1歳でも若い間に改めて就活に取り組まれることをおすすめいたします。

既卒として就職を目指す方法もあります

卒業後、3年以内であれば既卒として就職を目指すことも出来ます。

既卒者の応募を受け入れている大企業もありますから、フリーターから大企業への就職を目指すのであれば、既卒者として就活が出来る3年以内(卒業後5年以内、中には20代ならOKといった企業も)が勝負といえます。

新卒と比べては、やはり不利な就活にはなります。

しかしブランク歴が長いフリーターやニートといった立場からの就活と比べると、まだまだ有利に就職活動をすることが出来ます。

25歳くらいまでは既卒として就活が出来る企業も多いと思います。

既卒の就職チャンスも企業の採用難に合わせて広がっていますので、ぜひ就活の際の選択肢としてみてください。

合わせて読みたい

既卒 就活の関連記事一覧

・まだ間に合う!既卒おすすめ就職サイト・就活サイト
・職歴なし 既卒 就職できない?
・【既卒 フリーター】バイトしながら就活できる?
・内定ゼロ 就職決まらず卒業してしまったら?
・職歴無し、既卒フリーターでも就職できる

といった関連記事を掲載しています。

なかなか就職が決まらないときは、就職支援サイトを利用してみる

女性が働きやすい職場へ就職
就職が決まらず卒業後、改めて就職活動に取り組んでみたものの・・・やはり内定がもらえない、希望の仕事では就職先が決まらない、といった場合には就職支援サイトを活用してみる方法もおすすめです。

その際、ポイントとしては、

複数の就職支援サイト

を利用してみること、です。

特に希望の職種が女性であれば「事務職」を希望されている方も多いと思います。

事務職の求人は希少です

しかし未経験者でも採用されやすいことは採用されやすく、需要もあります。
ただ、求人が少ないのですね。

ですからエージェントとしては、事務職を希望する相談者が来た場合、ちょうど求人があれば紹介しますし、事務職の求人が無ければ他の職種へ少々強引に誘導しようとすることもあるようです。

担当するエージェントにもよります。

同じ就職支援を利用した場合でも、担当するエージェントによって親身に出来るだけ近い職種で探してくれる場合と、今あるすぐに応募可能な求人(全く関係無い職種)を強く勧めてくる場合など、対応は変わってきます。

そのため、複数の就職支援サイトを利用して、より自分の希望の仕事が探せそうなところ、担当者と相性が合う・合わないを比較することが大切となってきます。

男性で就活をする場合も同様です。

実際、複数の就職支援サイトを利用してサポート内容を比較、求人の質、サポートが合っているところを最終的に選んで就職活動をする方は多いです。

フリーターから就職を目指す場合、上手く活用出来れば、とても短期間で正社員就職が成功出来るのがフリーター向け就職支援サイトです。

いくつか利用してみて、自分に合っている就職支援サイトを活用することが、後から後悔しない就職を成功させるためにも重要なポイントといえます。





キーワード