面接に失敗した帰り
20代フリーター就職サイト > 就職サイト > ジェイックはやばい?やめとけ、って評判は本当?

ジェイック やばい やめとけ


ジェイックはやばい?やめとけ、と言われるのはなぜ?

ジェイックはやばい、やめとけ、って本当?

フリーター、既卒、大学中退、高卒、ニートといった方が正社員就職を目指す際に、おすすめと言われる就職エージェントがジェイック(JAIC)です。

就職エージェントを利用する際、口コミ・評判を調べる方も多いと思います。

ジェイックの口コミ・評判を調べている方も多いと思うのですが、

・やばい
・しつこい
・やめとけ
・炎上

といった検索キーワードの他、研修、セミナーなどもよく調べられており、ジェイックの内容について知りたい方も多いようです。

ジェイックやばい ネガティブ検索ワード

この記事では、ジェイックが「やばい、やめとけ」と口コミ・評判で多く見られる理由、ジェイックの利用をやめた方がいい人、逆にジェイックで就活した方が良い人についてもご紹介しています。

ジェイックはヤバイ?おすすめの就職エージェント?どっち?

ジェイックの口コミ・評判を調べていると、

・悪い口コミ
・良い口コミ

どちらもたくさん見つかります。

そのため、口コミ・評判や体験談は参考程度にするくらいにして、あまり口コミ、体験談を調べ過ぎない方が良いかもしれません。

口コミ、体験談はどうしてもネガティブなものが目立ちます。

大多数のネットに口コミ・評判を書かない、ジェイック経由で就職して満足して働いている方たちを忘れてしまいがちです。

ブラック企業が全く無い、とは思いませんがホワイト企業もジェイックを利用して求人をかけています。

職歴なし社会人未経験、というフリーターやニートの方にとって、

内定率が高い就職支援

が利用できるジェイックは就職支援サービスとして使い方によってはメリットが多いです。

ジェイックを利用して、

ジェイックはやばい、やめといた方が良かった

となるか、

ジェイックを利用して良かった、正社員になれた

といった感想を持つかは、就職したい仕事や準備の仕方によっても変わってきそうです。

ジェイックは「やめといた方が良い」と思う人

ジェイックはやめとけ、という口コミを書く方を調べていくと次のような内容の口コミも見られます。

就職した職種への後悔

ジェイックは基本的には営業職の求人の紹介が多く、面接会に参加している企業は自分では選ぶことが出来ません。

そのため、必然的に「今回、面接会に参加している企業の中から選ぶんだったら・・・」といった考え方で会社選びをする方も多いと思います。

実はやりたい仕事、希望の職種、目指す働き方があったという方にとっては、ジェイックを通して就職した先の会社、職種がやっぱり違った・・・といったように後悔する気持ちが起きることも多いようです。

営業に向かないのに営業職として就職してしまった方も、ジェイックはやめとけ
、といった感想になる傾向があるといえます。

ただジェイックは研修はフリーターやニートといった社会人未経験の方にとっては、参考になる部分も多いですから、面接会に参加している企業を見てそこから先の就職は考える、といった方もいます。

色々な業種・職種の求人紹介が期待できる、ジェイック以外の正社員就職支援サービスでいうと、

フリーター向け就職支援サービス

⇒ 第二新卒エージェントneo

⇒ 就職shop

⇒ いい就職ドットコム

⇒ ハタラクティブ

などがあります。

営業職の求人はどのエージェントでもやはり比率は多めにはなりますが(未経験者歓迎が元々多いため)、複数のエージェントを利用することで選択肢が増えるのでぜひ活用してみてください。

ジェイックを利用しつつ、他の就職エージェント経由で就職する方もいます。

時間的に大変かもしれませんが、併用すること自体は問題はありません。

ジェイックの口コミ・評判は「良い、悪い」で分かれます

ジェイックの評判は「良い、悪い」でかなり分かれます。

ジェイックの口コミの傾向

ジェイックの口コミ・評判を調べていて、やばい口コミの傾向としては、

・紹介される求人がブラック企業ばかり・・・

・研修がキツい

・担当者の質が悪い

といったものが多いです。

良い口コミの傾向としては、

・無事に正社員就職できて良かった

・スタッフの手厚いサポートへの感謝

・研修が役立った

などの傾向があります。

実際、ジェイックを利用してニート期間が数年ある人であっても正社員として就職に成功している方も多いです。

職歴なし、空白期間が長くなっている方にとっては研修内容も含め、ジェイックは良い就職支援サービスになるといえるでしょう。

ジェイックはやばい?やめとけ、という評判が多い理由

ジェイックはやめとけ、という評判が多い理由を考えてみます。

過去に行われていた、飛び込み営業が原因

「ジェイックはやばい」

「ジェイックはやめとけ」

といった口コミ・評判が多い理由としてよく挙げられるものに、

「本を売るという飛び込み営業」

がよく言われます。

当時はそうした営業ができる人材が企業から求められていた、といったような背景もあり、飛び込み営業は確かに過去に行われていました。

しかし、今は時代に合わない、といったことから研修内容から外れています。

飛び込み営業は行われていませんので安心してください。

それに何より、現在はオンラインで研修、集団面接会、面接が完結します。

国内の景気が悪く求人に大きな影響がある現在の就活も、安心して就職活動ができる環境が整っているといえます。

ジェイックは体育会系?

ジェイックは過去にかなり体育会系色が強い就職支援サービスだった、といえます。

現在は時代に合わせて、かなり体育会系色は薄まってきており、アドバイザーについても良いお兄さん、お姉さん的な存在になってきているようです。

就職が決まって働き始めた後も、やり取りしている就活生も多い、という話をジェイックのアドバイザーの方に聞きました。

一方で担当者の質に関しては、どのエージェントもそうですが、差はあるでしょう。

相性の問題もあると思いますので、どうしても合わない場合には他の就職支援サービスに切り替えることもお考えになると良いと思います。

ジェイックでなければ正社員就職できない、ということはありません。

(年齢的に30代フリーター・ニートの方は、ジェイックしかない、ということはあるかもしれません)

営業職の求人が多い

今は「就職カレッジ」ですが、元は「営業カレッジ」という名称の就職支援サービスでした。

これは元々、ジェイックの求人紹介は営業職の求人に特化していたこともありますし、

「営業の仕事はあらゆる職種の仕事のベースになる」

という考えもあるそうです。

営業を経験しておけば、その後のキャリアで活かすことができるということになります。

とはいえ、現在は営業職の求人以外にも、エンジニア、販売・サービス、事務など、割合は少なくはなりますが求人もあるということです。

どうしても営業職はイヤだ、といった方はアドバイザーに相談をされてみると良いかもしれません。

ジェイックはブラック企業の求人が多くてヤバイ

ジェイックでブラック企業を紹介された、という方の体験談もあります。

とはいえ、ジェイックでは公式サイトにもありますが、一般的に離職率が高いといわれる、

・外食
・投資用不動産
・アミューズメント(パチンコなど)

といった業界への紹介を行っていません。

ただ、上記以外の業界でもブラック企業は存在します。

今は改善されているかもしれませんが、一昔前のIT業界はブラック企業が多かったといえます。
(全ての会社がそうだとは思いませんが・・・)

だからこそ、一時期は花形とも言われたITエンジニアは人気が落ちたといえます。
身体が持ちません。

労働時間の長さは半端ではありませんでした。

ブラック企業という定義も人それぞれです。

就職先の情報収集が大切ですね。

一年を通して労働時間が長いのか、繁忙期だけ残業時間が増えるのか、といったことも担当者を通して確認してもらうと良いと思います。

就職先の企業の労働環境は離職しないためにも重要ですよ。

面接会に参加した企業についても詳しく情報収集をするといったことは大切になりそうです。

ジェイック経由で就職する企業の中には、そうしたキツい働き方になる会社もあるでしょう。

反面、ジェイックの口コミにはホワイト企業へ就職できたという口コミもあります。

ただし、求人紹介する企業には必ず取材に訪れて、労働環境や職場の状況も確認しているそうです。

そのため、完全ブラック企業は紹介はされないと考えて良いでしょう。

ちなみに、どの就職エージェントを利用してもブラック企業を紹介された、といった口コミは出てくるといって良いです。

エージェントがどの程度、ブラック企業を排除する取り組みをしているか、といったことも注目されると良いかなと思います。

ジェイックは「就職紹介優良事業者」認定を受けている

ジェイックは「就職紹介優良事業者」に認定されています。

これは非常に厳しい審査で、全国の就職支援会社約18,000社のうち、わずか50社ほどが合格しているもので厳しい審査です。

就職紹介優良事業者ということで、安心して就職活動に利用することができます。

ジェイックは30代フリーター・ニートにおすすめの就職支援サービス

ジェイックは、確かに色々な口コミ・評判・体験談が見つかります。

口コミ・評判が多い方ではと思います。

それだけ利用者が多いということもあります。

これまでに2万人以上の就職支援を行ってきていますし、フリーター向け就職支援サービスとしては老舗と言って良いと思います。

当然、ジェイック経由で就職して離職している人もいるでしょう。

ジェイック経由で就職して、人事としてジェイックを利用しているケースや、昇進して頑張っている方も多いといいます。

30代、特に30代後半のフリーターやニートの方にとっては、も利用できる正社員就職支援サービスは少ないです。

そういったことから、崖っぷちから脱出するためにジェイックに登録しようという方も多いと思います。

ハローワークなどは別ですが、30代はやはり職歴なしの人にとっては就職活動は厳しいです。

年齢的にジェイックが唯一利用できる就職支援サービスという方も多いでしょう。

あまりジェイックのヤバイ評判を探さずに、思い切って登録して就職を目指してみると、良い結果につながるかもしれません。

⇒ ジェイック 公式サイト

ジェイックは30代向け就職支援サービス

ジェイックのコース

ジェイックは30代も利用可能な正社員就職支援サービスです。

30代向けの就職支援コースとしては以下の2つあります。

就職カレッジ

ジェイックのメインサービスです。

就職カレッジの利用対象年齢は18歳~34歳となります。

過去には29歳まででしたが、利用可能な年齢が34歳までとなっています。

東京、大阪、名古屋といったエリアは一年を通じて就職カレッジを利用できますが、他にも不定期開催される都市も多いので公式サイトで確認してみてください。

札幌、仙台、岡山、広島、熊本などで利用できる正社員就職支援サービスは少ないので、活用したいフリーターやニートの方も多いのではないでしょうか。

30代カレッジ

2020年2月17日より30代限定の就職支援講座「30代カレッジ」がスタートしています。

39歳までの社会人未経験、経験の浅い方が利用対象です。

現在は東京のみで利用可能な就職支援サービスとなっています。

30代後半もOKの正社員就職支援サービスはまだまだ民間の就職エージェントでは少ないですから、ぜひ活用してみてください。

⇒ ジェイックの正社員就職支援サービス 詳細はこちら

ジェイックと併用をおすすめする正社員就職支援サービス

ここまで、

「ジェイックはやばい?やめとけ?」

といったことから始まり、ジェイックの就職支援サービスについてご紹介してきました。

調べていて、また実際に研修を受けてみてジェイックはやっぱり自分には合わなさそう・・・という方もいると思います。

途中で辞める人も確かにいますからね。

その場合、ジェイック以外の就職支援サービスを利用することを検討してみてください。

フリーター、既卒、大学中退、ニート向けの正社員就職支援サービスは他にもあります。

併用することも問題ありません。

それに複数の就職支援サービスを利用することで、サポートの質や求人についても比較をすることができるようになりますので、おすすめです。

ジェイックと合わせて活用をおすすめしたいのは、次のようなフリーターやニート向け就職支援サービスです。

正社員就職支援サービス

⇒ 第二新卒エージェントneo

⇒ 就職shop

⇒ いい就職ドットコム

⇒ ハタラクティブ

今は求人が減っている状況ですから、2,3就職支援サービスを利用した方が良いかもしれません。

ぜひ、活用してみてください。





キーワード