東京スカイツリー
20代フリーター 就職サイト > 就活ノウハウ > 東京で就職するメリット

東京で就職するメリット


東京で就職 メリット

上京して東京で就職するメリット・デメリット

フリーターや大学中退、既卒、第二新卒といった方の中には、就職や転職先の企業として東京の企業を希望されている方も多いのではないでしょうか。

東京で働く事に元々憧れを持っていて・・・といった方も多いと思いますし、地元では就職先が見つからない(未経験者OK求人がほとんど無い)といった事情から、東京での就職を考えざるを得ない、といった方もいるかと思います。

東京で就職する事はメリットもたくさんあります。
デメリットもあります。

でも、北海道から東京の企業へ就職し、働いた経験からいうとメリットの方が断然大きいのではと思います。

これから上京して働きたい、とお考えの方へ少しでも参考になりますと嬉しいです。

東京で働くメリット

求人が多い、仕事が選びやすい

地方と東京を比べて一番思うのは、やはり求人数が多い!ということです。

就職先、転職先を探す時の情報量が圧倒的に違う

特に、職歴なし・未経験といった状況から正社員就職を目指す場合にも、最初に就く仕事、職種を選びやすい事は今後の自分のキャリアを考える上で、とても大きなメリットです。

住む場所によっては東京都に限らず、横浜市なども通勤圏内として就職・転職活動をすることが可能です。

札幌と比べると、正社員求人の求人数の差に最初はビックリする他ありませんでした。

エンジニア職として就職を希望していましたが、本当に求人が多くて東京で就職先を探すメリットしか感じませんでしたね。

もちろん就職先も決まりました。

地元では半年以上就活をしても就職先が決まりませんでしたが、東京で探したところ2ヶ月も掛からない位で就職先が決まりました。

未経験OKの正社員求人がとても多いのです。
(特に20代)

他の仕事でも同様です。

営業職、サービス・販売、エンジニア、技術職、開発・研究、企画、マーケティングなどあらゆる職種の求人が多いといえます。

地方に住んでいると、希望する職種によっては求人が無く、仕事に就くのはまず無理な事も多いです。

東京で就職する一番大きなメリットは、

求人が多く、仕事を選びやすい

という事といえます。

東京オリンピックまでは超売り手市場が続くと考えられますし、オリンピック後も人手不足は続くでしょうから、就職・転職を考えた場合には、やはり東京はメリットの多い都市といえますね。

給料が高い

東京都で働く場合、基本的には給料・年収が高い求人が多いです。

生活費も高いということもありますが、地方都市での求人と比べて給料や時給は高めに設定されています。

基本給が高かったり、手当が多く支給されているなど企業によって違いはありますが、給料が高いのも東京で働く魅力ではないでしょうか。

キャリアアップの機会が多い

最初の求人数が多いといった事にも関連しますが、東京都で働く場合には転職を考える際も選択肢が多く、キャリアアップの機会を得やすいのも魅力ですね。

外資系企業の多くは東京都にまず日本支社を立ち上げますし、体力を付けて地方から東京へ進出する企業も多く、新規事業に関わる機会も地方と比べて圧倒的に多いです。

東京にしかない仕事も多いですし、経験やスキルによっては高年収を得る機会も多いでしょう。

地方で年収1,000万円を超える事が出来る会社って、なかなかありません。

キャリアアップと共に高年収を希望したい場合には、都市部で働く事はとても重要なポイントではないでしょうか。

東京都で働くメリットとして、キャリアアップに繋がる仕事が多い、ということも挙げられます。

刺激が多く、プライベートが楽しい

これは本人の行動力にも関係してくるので必ずしも、そうならない方もいるかもしれませんが・・・イベントも多いですしあらゆる産業が集まっていますから、どんな趣味をお持ちの方も、東京は刺激が多くてプライベートが楽しい!と思います。

食べ歩きにしても、地方だとすぎ終わっちゃうんですよ。
お店が少ないので(汗

東京だと、週末に食べ歩きをしてもいつ終わるんだろう・・・という位、お店が多いのでずっと楽しめますよね。

旅行にしても新幹線など利用すれば、どこでも行けます。
便利ですよね。

朝、急に旅行に行こうと思ったらすぐ行けますから。

音楽も同様で、東京にしかライブに来ない海外アーティストは多いですよね。

様々なイベントも多く、一年中楽しめるのが東京だと思います!

プライベートが楽しいとお金を貯めるのが難しいですね。

東京で生活している間は、なかなか貯金が出来ませんでした。
でも刺激の多い、楽しい生活を送れました。

東京で働くデメリット

通勤ラッシュが辛い

東京で働き出して最も辛かったのが、これです。

通勤ラッシュです。

地方出身者の多くが、通勤ラッシュにやられると思います・・・
(東京出身の方も同じだとは思いますが・・・)

少しでも早起きして、1本でも通勤ラッシュの時間帯をずらそうと必死でしたね。
始発で会社に行く人の気持ちも分かります。

お盆とか、ゴールデンウィーク、年末年始とかに出勤すると、普段は足を踏まれたり身動きが取れない状況ですが、ラッシュ時でもとても空いている車内が快適でちょっと嬉しかったものです。

出勤前から疲弊する通勤ラッシュが、東京で働く際の一番の障壁かもしれません。

実際、具合悪くなる事もありますしね。

東京は物価が高い

東京都は物価水準が高いです。

家賃にはじまり、様々な商品、サービスの値段が高いとえます。

狭いのに高い家賃には、最初ビックリしました。
地元で部屋探しをする感覚はすぐに捨てないとダメですね。

社会人1年目、2年目、まだまだ給料が低い身としては特に、節約は必須ですね。
とはいっても刺激が多く、楽しい都市ですからつい外出してお金を遣ってしまうのですが・・・

東京で働く場合には、特に節約の意識を持っておいた方が良いかもしれません、
と個人的に思います。

ドライな感じの人が多い

人にもよるのだとは思いますが、ドライな人が多い印象です。

地方だと、フレンドリーな人が多い(街を歩いていても)のですが、都会はあまり干渉せず、な人が多い印象があります。

職場でも同様になる可能性がありますから、自分からコミュニケーションを取れる人でないと友達が出来ない可能性があるかなと思います。

友達がいない都会暮らしも結構辛いと思います。

東京で就職する際の注意点

これから就職先を探したい、というフリーターや大学中退、既卒、第二新卒の方も多いと思います。

地元ではやりたい仕事が見つからない

東京に住んでみたい!

東京行きのモチベーションは色々とあると思います。

東京で就職を目指す場合、就職活動の仕方をどうするか、という問題があります。

就職先が決まらないまま東京へ行くのは、オススメしません。
東京へ引っ越してから就職活動をするのも同様です。

東京に住むと、地元で生活するのとは全く違う金額感でお金が減っていきます。

アルバイトしないとすぐに就職活動の資金も尽きるのではないでしょうか。

東京でフリーターになってしまうと、何のために仕事探しのために東京へ上京したか分からなくなってしまいます。

フリーターになると、なかなか抜け出すのが難しいですからね・・・。

慣れない土地での就活、アルバイトの2本立てはかなり精神的にも辛いと思います。

地方から上京して就職を希望される場合、遠方の方の就職支援を行ってくれる就職支援サイトもあります。

遠方でも就職サポートをしてくれる就職支援サイト

遠方であっても首都圏など求人がある地域での就職を希望する場合、電話サポートなどで対応してもらう事が出来る就職支援サイトを活用する方法もオススメです。

⇒ ハタラクティブ

⇒ DYM就職

就職活動の上で、複数の会社の面接日を1日にまとめてもらう、など対応もお願い出来るでしょうから交通費を節約することが出来ますね。

就職先が決まってから、東京へ引っ越すのがオススメ

東京で就職先が決まってから引越をした方がお金も節約できますし、万が一仕事が決まらない・・・といった際の焦りなどとも無縁です。

土地勘の無い東京都で就職活動をする事を考えても、こうした就職支援サイトの活用がオススメといえます。

関連記事として、

上京支援サービス おすすめ

なども書いています。





キーワード