優良中小企業へ就職するには
20代フリーター 就職サイト > 就活ノウハウ > 優良中小企業 求人の探し方

優良中小企業 求人の探し方


優良中小企業 求人

優良中小企業へ就職したい!求人の探し方

フリーター・ニートから就職を目指すなら、少しでも優良企業へ就職をしたい!と思いますよね?

大企業への就職は現実的に難しいとしても(特に東京以外、地方に住んでいると実感するフリーターやニートの方も多いのでは?)、就職するならブラック企業は絶対に避けたい、少しでも経営が安定していて社員にことを考えてくれる、働きやすい優良企業への就職を目指したい。

そうした方向けに、地元の優良中小企業の求人の探し方について掲載をしています。

大企業、中小企業の割合

日本国内に大企業はどれくらいあるか、というと割合的には、

・大企業 0.3%
・中小企業 99.7%

と言われています。

これを考えると、大企業への就職を目指すことのハードルの高さは容易に想像できるのではないでしょうか。

待遇も良いですし、キャリアも目指しやすい大企業へは新卒応募も多いです。
基本的に中途採用は即戦力の転職希望者のみ、といった大企業も多いですからね。

職歴なし・社会人未経験、フリーターから就職を目指しても難しいと言われる理由です。

フリーター・ニートから脱出し、正社員就職するには求人が多く見つかる中小企業への就職を目指す。

その中でも、より優良中小企業の求人を探して就職を目指す、ということをオススメしたいと思います。

大企業・中小企業の定義について

中小企業の定義についてですが、中小企業基本法において定められています。

・製造業の場合、資本金3億円以下 または 従業者数300人以下
・卸売業の場合、資本金1億円以下 または 従業者数100人以下
・小売業の場合、資本金5千万円以下 または 従業者数50人以下
・サービス業の場合、資本金5千万円以下 または 従業者数100人以下

となっています。

この範囲に当てはまる企業といっても、非常に幅広くあります。

十分に経営が安定していて、少数精鋭で日々頑張っている中小企業は本当に多いです。

社長との距離が近いのが中小企業の特徴でもあります。

社員が頑張っている姿勢を社長もしっかり見てくれている事も多いため、業績が伸びたときに還元(給与アップ、社員旅行、食事会など)を考えてくれる社長も多いのではないでしょうか。

中小企業で働く魅力もまた、たくさんあるといえます。

確かに大企業は福利厚生など手厚いですが・・・

大企業は確かに様々な点で恵まれていると言えます。

大企業と中小企業、比較をしてみたいと思います。

大企業は給与が高い

業種、企業にもよりますが、大企業の平均年収は700~800万円とされています。

中小企業も業界、勤める企業によりますが、中小企業の平均年収は400万円前後とされています。

これだけを見ると大企業の平均年収に驚くのですが、大企業といえども平社員に関してはそこまで大きな給与差が開いている訳ではありません(とはいっても初任給から中小企業よりは数万円高いことが多いです)。

部長クラス、取締役クラスになると年収が一気の伸びる事が多いため、平均年収をグッと押し上げています。、

当然ですが、こうした役職に就けるのは一握りといえます。

大企業は年間休日が多い

企業規模別で年間休日を調べていくと、確かに規模の大きな企業ほど(大企業)、年間休日は増えていく傾向にあります。

従業員1,000人以上の企業では、年間休日数は「120日~129日」が最も多い割合となっています。

従業員規模30人~99人の企業では、年間休日数は「100日~109日」が最も多い割合となっています。

ちなみに、私の知り合いの大企業勤務の友人達はみんな年末年始などは有給もくっつけて15連休などにしていることが多いです。

リフレッシュ休暇などがさらにある年は、月の半分以上を休みにすることも可能だとか。

最初に休みの多さを聞いた時、特に連休の多さ、長さに驚いたものです。

中小企業勤務の私は、ゴールデンウィークも飛び石が当たり前、年末年始も29日仕事終わり、4日始まり(忙しいと3日始まり)が当たり前です。

まあ今だと小売り業などで働くと年末年始もシフトで営業ですから、そうした働き方をされている方の方が大変ですね。

大企業は確かに年間休日数が多いです。

大企業は経営が安定していて、倒産の可能性が低い

倒産の可能性についてはどんな規模の大きな大企業でも可能性はありますが、倒産に至るまで耐えられる期間は長いと言えます。

大企業の場合、倒産の影響がとても大きいですから、メインバンクもギリギリまで融資を行う方向で考えてくれるでしょう。

企業自体が買収されて、従業員は保護される可能性もあります。

中小企業の場合には、キャッシュが無くなればそこでお仕舞い。
倒産、という可能性があります。

社長が給料をゼロにしてギリギリまで頑張る・・・といったケースもありますが、銀行からの支援も打ち切られやすいため、いかんともしがたく倒産に至りやすいというのは確かに言えます。

大企業は福利厚生が手厚い

大企業ほど、福利厚生が充実し手厚いです。

住宅手当、家賃補助、家族手当などを始め、宿泊・旅行に関して提携施設の割引なども多く目にします。

資格取得のための補助もある大企業が多いのではないでしょうか。

中小企業はそこまで資金的に使える余裕がない企業が多いため、福利厚生は最低限、となっているところが多いと言えます。

優良中小企業へ就職するメリット

優良中小企業へ就職を目指す際のメリットをいくつか挙げてみたいと思います。

未経験者も中途採用されやすい

中小企業の多くは人材採用に困っていることが多いです。

高卒、大卒と新卒募集をしても応募者ゼロ、といった企業も少なくありません。

そのため人材の中途採用に関して、業種・職種にもよりますが学歴不問、人物重視で採用を行っている中小企業が多いのですね。

就職を考えるにあたっては、企業研究はしっかりと行わなければなりませんが職歴なしフリーターの方が就職を目指す場合、人物重視での採用可能性が高い中小企業を狙った方が正社員として採用される可能性は高いと言えます。

昇進しやすい

大企業と比べて少数精鋭で仕事を行う中小企業では、昇進しやすい企業が多いです。

ポストがいつまで経っても空かない大企業の場合、頑張っても昇進できず平社員のまま・・・というケースもありますが、優良中小企業の場合にはポストも新設される可能性もあります。

昇進して昇給するかしないかは、もちろん業績次第。
社員全員の頑張りがあり、業績も伸びていればしっかりと昇進に伴って昇給も期待出来る優良中小企業が多いのではないでしょうか。

転勤の可能性が無い

中小企業で働くメリットは、転勤の可能性が無い、低い事。

支社・支店があっても同市内、と言った事が多いため。
自宅から知らない土地へ単身赴任、といったことはありません。

将来的にはマイホームも購入しやすいのではないでしょうか。
子供の転校も心配しなくて大丈夫です。

全国に支社のある大企業の場合、最初から2,3年おきに転勤がありますが大丈夫ですか?と面接で聞かれる事もあります。

将来的に家族が出来ることを考えた場合、転勤無しの働き方ができるのは、とても大きなメリットに思える方は多いのではないでしょうか。

20代フリーター・ニートから優良中小企業へ就職を目指すには

フリーターやニート向け就職支援サイト
フリーター・ニート、職歴なし・社会人未経験といった状況から優良中小企業への就職を目指すには、求人をどう集めるかが重要となります。

中小企業の求人掲載が多い求人サイト、就職支援サイトをいくつかピックアップしてご紹介いたします。

リクナビNEXT

上場企業、大企業の中途採用も多いですが、中小企業の求人掲載も多いのがリクナビNEXTです。

利用者が多いため、中小企業も掲載を行っている事が多いです。

利用して求人を探してみると、意外と「フリーター歓迎」「未経験者歓迎の求人」が多く見つかります。

⇒ リクナビNEXT【未経験求人多数】

フリーター・ニート向け就職支援サイトの活用

社会人未経験から正社員就職を目指す場合、dodaやリクルートエージェントなどの転職エージェントは利用できません。

フリーター・ニートに特化した就職支援サイトの活用がオススメです。

⇒ DYM就職

⇒ 就職shop

⇒ ハタラクティブ

⇒ ジェイック(JAIC)

といった就職支援サイトは、人物重視、ポテンシャル採用で中途採用を考えてくれる中小企業(一部、大企業などからの求人がある就職エージェントも)からの求人を扱っています。

求人紹介を行っている企業へもしっかりと足を運び情報収集を行っているため、詳しい企業の情報を得られることも利用のメリットです。

未経験から就職して、安心して長く働きやすい企業、優良中小企業を紹介することに力を入れている就職エージェントが多いため、フリーターやニートから就職を目指すのオススメ情報源となります。

優良中小企業 非公開求人を見つけるために

先ほどご紹介したような就職支援サイトが紹介してくれるのは、基本的に非公開求人となります。

人材採用はとても大変です。

書類選考をして面接を行って・・・という時間が、応募者の数だけ必要となります。

面接をしても必ず良い人材とは限りません。
人材採用のためにそこまで時間を取れない、と悩む中小企業も多いです。

特に人数が少ない中小企業の場合、社長が採用に多く関わる事も多いため、時間を作るのが大変といった場合もかなり多いと言えます。

そのため、人材紹介会社を通して条件に合った人だけ紹介してもらう、という採用活動を行う企業も多いのです。

地元の優良中小企業が、こうした就職支援サイトの活用により中途採用を行っているケースは増えているといって良いでしょう。

フリーター・ニートの方が就職するために様々なサポートも受ける事が出来ます。

ぜひ、活用されてみてはと思います。





キーワード