面接
20代フリーター 就職サイト > 就活ノウハウ > 中途採用されやすいフリーターとは

中途採用されやすいフリーターとは


フリーターから正社員就職、中途採用されやすい人とは

フリーターから正社員になる、就職活動を通して中途採用されやすい人には幾つかの共通点が挙げられます。

様々なポイントを挙げる事が出来ると思うのですが、その中でも特に重要と思われる事を挙げたいと思います。

過去を肯定して、本気で就活に取り組める

当たり前の話ですが、過去は変えられません。

どのくらいの期間、フリーター生活をされていたか、ニートとして生活をされてきたかは人それぞれです。

高校や専門学校を中退して、フリーターになった方もいらっしゃるでしょうし、大学中退の方もいらっしゃるでしょう。

高校や大学卒業時に、特にやりたい仕事もなかったのでアルバイト生活を続けてきた、という方もいるかもしれません。

そうした生活が楽で、就職活動をするきっかけが無く、28歳、29歳といった年齢になってしまったフリーターの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今までの自分を認めて、向き合ってこれからの就職活動に真剣に取り組む事はとても重要です。

どうして就職してこなかったのか、といったような自分への問いに対しても真剣に考え、答えを出すことでより本気で就職活動を進められるようです。

正社員就職に向けて、適切なサポートを受ける事

就職アドバイザー
正直な所、一人で就職活動をして中途採用が決まる方は少ないです。

一般の求人サイトやハローワークを利用しての就職活動が多いと思いますが、この場合にはフリーターやニート以外、他の会社で働いてきた方とも競争するケースが増えてきます。

一般の中途採用枠での応募となりますからね。

結果として、不採用が続く状況になりやすいのです・・・。

であれば、最初から「フリーター、既卒、第二新卒、ニート向けの就職サイト、就職支援サービス」を活用する事で、中途採用に前向きな会社からだけの正社員求人について情報を得ることが出来ます。

また、こうした就職支援では担当の就職アドバイザーが付いて内定獲得までサポートしてくれます。

「就職活動自体が初めて。何から準備して良いか分からない・・・」

「やりたい仕事が無くてもカウンセリング面談を通して、適職を探す事が出来る」

実は就職支援サービスの多くは、自社開発などで適職診断プログラムなどを持っています。
参考程度にして欲しいとは思いますが、そうしたツールを活用して就職活動の一助になるようにする事も出来ます。

自分一人で就職活動をするよりも、様々な可能性から就職先探し、会社選びをする事が出来るという大きなメリットは、ぜひ活用してみて頂きたいポイントです。

アルバイト経験を活かせる仕事を希望した

バイトから正社員になる
中途採用を行う企業としても、アルバイト経験を評価しないところもあれば、関連したアルバイト経験であればしっかり評価してくれる企業とで分かれます。

社会人未経験、とはいえアルバイト経験を活かせる就職先を中心に探す事で、やはり中途採用はされやすいといえます。

そうなると就職先としては限られては来ますが、それでもOKという場合には十分検討したい就職活動の進め方といえます。

面接の受け答えがハッキリしている

やはり面接の印象は大切です。

フリーターOK、社会人未経験でも可、とはいっても誰でも良い訳ではありません。

職場の雰囲気が重くなる人は避けたい、と思うもの。
明るくハキハキしていて、職場の雰囲気も明るくしてくれそうな人材がやはり好印象です。

面接の受け答えに軸があってぶれない事も重要です。
そして明るきハキハキした受け答えが出来る事も、大切なポイントといえます。

諦めない人

就職活動を諦めない
フリーターから正社員を目指しての就職活動。
なかなか1社目で中途採用が決まる方は少ないです。

面接にも慣れていく必要がありますから、本命の会社は3,4社目にした方が良い、という話もあります。

実際1社目には持ってこない方が良いと思います。

フリーターや既卒、ニートといった状況からの正社員就職は、なかなか上手くいかない事も多いと思います。

人によっては不採用が続き、

「またアルバイト生活に戻ろうかな、楽だし」

と思ってしまうかもしれません。

しかし、中途採用される方に共通するのは、諦めずに就職活動を続けている事、なんです。

そのための就職活動のツールとして、

フリーター向け就職サイト、就職支援サービス

などがあります。

フリーターや既卒、ニートといった状況の方の就職支援に関して、多くの経験を積んだエージェントがサポートをしてくれます。

一人で就職活動を続けるよりも、就職成功率は高いと言えます。

こうした就職支援サービスも活用しながら、正社員就職を目指して就職活動を続けてみてはいかがでしょうか。





キーワード