正社員就職に成功するには
20代フリーター 就職サイト > 就活ノウハウ > フリーター就活 はじめ方

フリーター就活 はじめ方


フリーターの就活 はじめ方

正社員就職に成功するフリーターの就職活動とは

フリーターやニートから正社員になるためには、就職活動を成功させる必要があります。

しかし学生時代に今まで就職活動をしたことが無く、「就活が初めてで何からして良いか分からなくて・・・」というフリーターの方も多いと思います。

また、就職活動を自分なりに始めてみたけれど不採用続き。
ちゃんとしたフリーターの就活のやり方を知りたい。

そうした方も多いかもしれません。

ここでは、改めてフリーターが内定獲得をするための就職活動のはじめ方について、まとめています。

フリーターやニートから就職に成功した人達の就職活動のはじめ方、その後の行動を知る事で、あなたもフリーターから正社員へ、成功率を上げる事ができるはずです。

フリーターの就活のはじめ方とは?

フリーターから正社員就職を目指して就職活動をする場合、ただ給料が良さそう、家が近いから、といったような漠然とした理由で正社員求人へ応募を続けていても内定獲得は難しいです。

フリーターは中途採用を目指して就職活動をする事になりますが、数打ちゃあたる、というやり方は多くの方にはまず通用しません。

新卒ならどこかに引っかかり内定がもらえる・・・という可能性は、人手不足の今は大いにありますが、中途採用を目指すフリーターは実は就職は厳しく、しっかりと準備をしなければ20代をずっとフリーターで過ごしてしまう、といった可能性もあります。

フリーターから正社員就職までの流れですが、基本的には以下の流れとなります。

1.自己分析

2.業界研究・職種研究でやりたい仕事を決める

3.応募したい会社、求人を見つけて応募

4.履歴書、職務経歴書(応募書類)の作成、応募

5.面接(2回、3回など複数)

6.内定獲得!

7.入社

となります。

フリーターから正社員就職するための自己分析

職歴なし・未経験から正社員就職を目指すフリーターやニートの方も多いと思うのですが、

自己分析はとても大切です

自分の事をしっかり分かってから就職活動を始めないと、求人探しの軸が決まらず、あっちの求人も良さそう、こっちの求人もちょっと良いかも、と色々な職種で良いかもが多くなります。

自己分析をしっかりせずに就活を始めてしまうと、様々な職種の「なんとなく良さそうな求人」へ応募してしまうため、どれ一つとして上手くいかない可能性が高いのですね。

自己分析は面倒ですし、特に深くやらなくてもイイや、と思ってしまうフリーターの方も多いかもしれませんが、実は最初にしっかりと行う必要があります。

自己分析を行う事によって、

自分のやりたい仕事、適性がある仕事

が見えてきます。

そうすることによって、志望動機の中身が変わってきます。
面接官、人事担当者にアピール出来る、志望動機になっていきますよ。

自分に合わない仕事が分かる事もとても重要です。

内定は出ると嬉しいものですが、自分に合わない仕事に就いてしまった場合にはミスマッチが大きい可能性があります。

そうなると、早期離職の可能性も。

フリーターやニート、職歴なし・未経験からやっと就職して早期離職では、その後の再就職先探しが本当に難しくなります。

フリーターやニートだからこそ、最初の就職先選びはとても重要!と言えます。

就職活動の最初である自己分析は、しっかりと時間を取って行ってみて頂きたいです。

フリーターの自己分析のやり方については、また別記事で詳細に掲載したいと思います。

自分で一から自己分析を始めるのは難しそう、というフリーターの方は、

⇒ リクナビNEXT グッドポイント診断LP

が自己分析としても便利です。

こうした就活ツールを利用するのも、効率良く就職活動を進めるためには有効ですね。

業界研究・職種研究でやりたい仕事を決める

自己分析の後、やりたい仕事(業界・職種)をある程度絞り込んだら、業界研究、職種研究です。

もし就職した場合、どんな業務になるのか。
業界の将来性はどうか。
興味を持った業界・職種の平均年収、なども調べていきましょう。

就職を狙う業界・職種によって、かなり年収は変わってきますから、合わせて調査してみる事をオススメします。

応募したい会社、求人を見つけて応募

その後は、興味を持った業界・職種に沿って、早速どんな求人があるかを調べていきましょう。

就職を希望するエリアで「未経験OKの正社員求人」がどれくらい見つかるかをチェックしてみてください。

この際も、求人数が多く知名度の高い、

⇒ リクナビNEXT【未経験求人多数】

が役立ちます。

求人が少ない地方都市にお住まいの場合には、上京したりエリアの中心都市に引越も含めて就職を考える必要もあるかもしれませんね。

この時、良さそうな求人や興味を持った求人に早速応募していきましょう。

応募しなければ、就活は本当には始まりません。

情報収集ばかりしていて、具体的な就職活動がなかなか始まらない方もいますので、注意が必要です。

履歴書、職務経歴書(応募書類)の作成、応募

求人へ応募する際、履歴書は必須です。

フリーターが履歴書を書く際に面接官が重視するのは、学校を卒業してからの期間です。

面接では空白期間について、詳しく説明をする必要がありますので、そちらについても準備をする事が大切となります。

職歴なし・社会人未経験の場合には、職務経歴書は必要に応じて作成する事になります。

フリーターの方の場合にはアルバイト経験がありますから、職務経歴書を利用してアピールのために仕事を通して学んだ事などを書いてア、ピールしても良いですね。

5.面接(2回、3回など複数)

面接が最も重要です。

フリーターから正社員就職を目指す場合、中途採用ですから基本的には一人で受ける面接が多いと思います。

フリーターが就職の面接で「必ずされる質問」はある程度予想がつくものです。

・どうしてフリーターになったのか
・フリーター期間、どんなアルバイトをしていたのか
・なぜ、正社員就職しようと思ったのか
・なぜ、うちの会社に応募したのか
・正社員になって、どう働いていきたいのか

など質問には、確実に答えられるようにしておく事が必要です。

もちろん、予想していない質問もあるでしょうから答えに詰まらない、何も答えられずに沈黙が続いてしまわないようにする事が重要です。

しっかりと志望動機を用意して、ポジティブに話を繋げられるようにしたいですね。

6.内定獲得!

複数回(2回が多いでしょうか)を経て、面接を突破すれば内定獲得です!

最後に入社条件(給与、待遇など)を詰めて、良ければ入社するための手続きを進めていくことになります。

フリーターやニート脱出です。

具体的に入社する日も決める事になります。

フリーターの方の場合には、アルバイトを辞める日を上司に相談する事が必要になりますね。

7.入社

晴れて入社!となります。

入社日は会社から大抵は指定されますので、それに合わせて調整することが基本です。

「いつから働けますか?」

と聞かれて、それに合わせて入社となる事もあります。

この辺りは、企業によりますね。

どうしてもアルバイトの関係で早めの入社が難しい場合、予定していた入社日が難し場合は早めに相談する事が大切です。

フリーターの就職活動のやり方には成功のポイントがある

フリーターから正社員就職するためには、いくつか成功のためのポイントがあります。

特に重要なのは、

・適性のある仕事、求人探し
・面接対策

こうした事は自分一人でも行う事は出来ますが、効率良く進められない事も多いでしょう。

面接対策に関しては、一人では難しいものですよね。

出来れば就職活動に慣れている人からのアドバイス、サポートが欲しいところですが、周りにそうした方がいるとは限りません。

またもし人事役員が身内、親戚にいたとしても忙しいでしょうから、サポートをしてもらうのも難しいでしょう。

この時、フリーターやニートから効率良く就職活動をして正社員就職を成功するために便利なのが、フリーター就職支援の活用です。

フリーター就職支援の活用がおすすめ

フリーター就職支援を利用する事で、就職活動のはじめ方に迷うこと無く、スムーズに就活をスタートする事が出来ます。

就職活動全般をサポートしてもらえますから、

「全く就職活動について初めてでよく分からなくて・・・」

といったフリーターの方も仕事探しをする事が可能です。

女性フリーターの方は働く条件面などで就職活動で苦労される方も多いと思うのですが、こうしたフリーター向け就職支援を利用すれば、希望に合う働き方が出来る職場を探してもらう事が出来ますよ。

希望条件によっては、求人紹介が難しい場合もありますので、そうした場合には働く条件、仕事内容なども相談しながら広げていくと良いでしょう。

20代フリーター、第二新卒、既卒 オススメ就職サイト

高卒、大学中退フリーターの方も就職は可能です。

また、正社員就職には年齢が若いほど有利になります。

求人が多く見つかる20代を逃さずに、就職活動に取り組んでみてはと思います。





キーワード