就活の疑問
20代フリーター 就職サイト > 就活ノウハウ > フリーターの就活 内定を断っても良い?

フリーターの就活 内定を断っても良い?


フリーターの就職活動、内定を辞退したい場合

フリーターから正社員になる事を目指して就職活動を頑張った結果、内定をもらえる事もあるでしょう。

応募する求人・企業は一応、応募するにあたって興味のあるところを選んでいるものの、やはりちょっと違うかも・・・と内定を辞退したい事もあると思います。

就活は並行して行う方も多いでしょう。
同時期に、複数の企業から内定を頂いた場合、当たり前ですがどちらかは辞退しなければなりませんね。

もしくは、内定をもらった企業についてネットで口コミや評判を調べていたらネガティブな事、あまり良くない評価が多いので内定を辞退したい・・・といった事もあるでしょう。

ネットの口コミをあまり信用するのは真偽が分からない噂も多いため、どうかと思いますが、どうしても辞退したいという気持ちで固まった場合。

基本的には内定は断っても問題ありません。

内定を頂いたからといって必ず入社しなければならない、と言うわけではありませんからね。

とはいえ、内定辞退の仕方には注意が必要です。

内定辞退の連絡の仕方

内定を辞退したい場合、連絡手段としていくつかありますが最も良いのは「電話連絡」です。

面接に関しての連絡も今はメールでやり取りする事が多いと思いますが、「内定辞退の連絡は電話連絡」が基本といって良いでしょう。

重要な事ほど、電話、というのは内定辞退の連絡にも当てはまります

メールで内定辞退の連絡をするのは、失礼な印象を与えてしまいます。

また、メールで連絡をすると迷惑メールに紛れてしまったり、担当者が読み落としてしまったり、といった事も万が一として考えられます。

相手側のメールサーバーの問題がタイミング悪くあって・・・といった可能性も否定できません。

確実に内定辞退を伝えるために」電話連絡をする、という意味もあります。

メールは届かない可能性がある、と言う事は改めて認識しておきたいことでもあります。

そうした理由から、メールで今まで担当者とやり取りしていたとしても、内定断りの連絡に関しては電話連絡で行う事をオススメします。

確実に伝えるには、電話連絡がベストと言えます。

せっかく入社後の活躍を期待されて頂いた内定ですから、断るときは誠意を見せて伝える事を心がけたいものです。

ちなみに、内定辞退の連絡をすると会社まで来て直接説明して欲しい、と言われることもありますが、これは断っても大丈夫です。

トラブルにならないように言葉を選んで伝える必要はありますが、内定を辞退すること辞退は問題ありません。

内定の断り方

内定辞退の連絡をすると、やはり「なぜ内定を辞退するのか」という理由を聞かれます。

これに関しては正直に伝える方が良いでしょう。

ただし、迷いつつも考え方が変わって入社を断りたい場合、説得されてしまう可能性があります。

内定辞退の気持ちがぶれないようにする事が重要かも知れません。

また、複数の企業から内定をもらえた場合にも、考えに考えた上で他社に入社する事にした、という事を誠意を持って伝える方が良いでしょう。

大抵は、納得してもらえるはずです。

その際、他の内定先の企業名を答える義務はありません。

内定誓約書について

内定が出た場合、会社側から【内定承諾書】【内定誓約書】が渡されると思います。

しかしこれらの書類に関しては法的拘束力は無いそうですから、この後でも内定辞退をする事は可能となります。

民法においては入社の2週間前に辞退すれば大丈夫、と言う事になっています。

とはいえ、出来るだけ早く内定辞退の連絡はするべきですね。

特に内定誓約書を用意する企業への内定辞退の連絡は早いに越した事はありません。

内定を辞退する事は可能ですが、辞退した企業はまた採用活動をやり直し、と言った事になります。

そうした事も考えて、もし内定を辞退したい場合には出来るだけ早めに連絡をする事をオススメいたします。





キーワード