就活の疑問
20代フリーター 就職サイト > 就活ノウハウ > やりたい仕事・向いている仕事が分からない、でも就職活動する事が重要

やりたい仕事・向いている仕事が分からない


やりたい仕事、向いている仕事が分からないからフリーターを続ける、は危険!

フリーターの方が就職しない理由として、

やりたい仕事が分からない

自分に向いている仕事が分からない

などがあります。

確かにやりたい仕事に無理矢理、就く必要はありません。
でも、いつまでもフリーター生活を続けていても良い、とは思っていない方も多いと思います。

それに、今の生活を続けていて急に「やりたい仕事が見つかった!」「自分の天職はこれだ!」と見つかる人は少ないですよ。

私の経験からいうと、フリーターとして毎日アルバイトを頑張る日々がずっと続くだけです。

何かを変える努力を自分自身でしているのであれば、また別かもしれませんが・・・今と同じ日を繰り返すのであれば、多分何も変わらずずっとフリーターをしている事になると思います。

というよりも、やりたい仕事・向いている仕事を探してフリーターを数年続けてきた、という方も多いのではないでしょうか?

それでも今、やりたい仕事が見つかっていない場合。
方法を変えるしかありません。

その方法とは、「就職してみる」「就職活動をしてみる」というものです。

実際、正社員として働いてみると分かる事はとても多いです。

あれこれ考えていても、そこから動けない事の方が多いもの。
やりたい仕事・自分に向いている仕事が分からなくても、興味のある仕事、働けそうな仕事に就いてみて、経験してみる。

そこから、本当に自分がやりたい仕事・向いている仕事が分かる事は多いです。

就職して正社員として働いてみると、分かる事がとても多いです

東京で就職先を探す
一度、正社員として就職、仕事に就いてみると分かる事はとっても多いです。

仕事に対しても、自分に対しても発見があります。

何でもそうですが、考えていても答えが分からないことは多いです。
そうした場合にはまず動いてみる。

アルバイトを最初決めるときもそうだったのではないでしょうか?

働いた事が無い仕事は、具体的な仕事内容は分かりませんよね。
自分に合っている仕事なのかどうか、働いてみないと分かりません。

自分にとってどんな働き方があっているのか

人と会う事が好き、得意な事が分かった。意外と営業職も面白いかも

コツコツ積み上げる作業が楽しい。プログラマー、SEとか目指してみたい

人の役に立つととても嬉しい。介護や看護に関連した仕事に興味が出てきた

仕事といっても本当に色々な職種がありますし、働き方があります。

一人で黙々と作業をする仕事もありますし、チームで仕事をする事がメインの場合もあります。

体力勝負の身体を使っての仕事もありますし、デスクワーク中心で頭を使う事がメインの仕事も多いです。

就職活動を始めてみるだけでも、視野が広がります。

その中で、興味を持った仕事にとりあえず就いてみる。
2,3年経験を積めば、十分、転職活動をする下地が出来ますから、そこでさらに「やりたい仕事・向いている仕事」へ転職をしても良いんです。

アルバイトと正社員では任される仕事への責任も違いますし、経験出来る事が大分違います。

フリーターと正社員、収入・年収の格差については見たり聞いたりされた事がある方も思いますが、収入がアップする事による精神的な安定もありますね。

そのためにはずっとフリーターを続けているのではダメで、どんな仕事であっても正社員として働いてみる事が大切といえます。

就職してみたけれど、仕事が合わなかった場合

就活の厳しさ
一度、正社員として就職して働いてみる事で「分かる事」はとても多いです。

働く事で、

自分にどんな社風の会社、仕事、働き方が合っているのか

が分かるようになります。

就職した会社が自分に合っていない事が分かった場合、転職をすることも出来ます。

もちろん、入社して2ヶ月、3ヶ月といった短期で退職するのではなく、2年~3年は働いてからでなければ、転職活動は厳しいです。

20代、23歳、24歳、25歳くらいであれば1社目を短期で辞めても転職先は見つけやすいですから、転職の成功率については年齢にもよりますね。

第二新卒と言われる年代の方は、今はまだまだ企業の採用意欲も高いですから転職先は、フリーターとして就職活動をした時よりも見つけやすいかもしれません。

じゃあ、フリーターからの就職活動、どんな就職サイトを使えば良いの?

未経験OK求人
ひとまずフリーターから脱出、正社員として就職する事を考えてみたいけれど、ブラック企業には就職したくない

というフリーターの方も多いと思います。

フリーターから正社員就職を目指しての就職活動は、自力で求人サイトを調べて応募するよりも、フリーター向け就職サイトを利用してサポートを受ける方法がオススメです。

フリーター、既卒、ニートの就職支援を専門とする就職支援サイトも今では多数ありますね。

⇒ オススメ フリーター就職支援サイト

の記事中で詳しくご紹介していますが、

・DYM就職
・ジェイック(JAIC)
・ハタラクティブ
・第二新卒AGENTneo

といった就職支援サイトは、フリーターOK、多くの方が実際に利用して就活を行い、正社員就職に成功しています。

就職した方の事例も掲載されている事が多いので、見るだけでも参考になると思います。

こうした就職支援サイトは、紹介する企業に足を運び、職場の雰囲気や経営者の考え方、仕事探し、働き方をしっかり情報収集、ブラック企業を紹介しないようにしています。

またもし万が一、就職支援サイトを利用して就職した会社がブラック企業だった場合、担当の就職アドバイザーに相談をする事も出来ます。

給料が支払われない、毎日終電まで残業を強いられている、いじめがある、パワハラ、毎日上司から詰められている、など問題があった場合には相談してください。

万が一の際に相談する事が出来る、ということだけでも就職支援サイトを利用するメリットはあるのでは、と思います。

就職する気持ちはあるのだけれど・・・やりたい仕事が分からなくて

といった場合にも、フリーター向け就職サイトは活用出来ます。

適職診断ツールを持っている所も多いですし、就職アドバイザーやキャリアアドバイザーとのカウンセリングで、興味のある仕事、今までのアルバイト経験を活かせる仕事などを探していく事も出来ます。

手厚いサポートが受けられますから、本人が就職を諦めさえしなければ、しっかりと内定獲得までサポートをしてもらう事が出来ます。

就職活動の最初の一歩が踏み出せないフリーターの方は、こうしたフリーター向け就職支援サイトを活用する方法がオススメです。

⇒ オススメ フリーター就職支援サイト

20代フリーター向けの就職支援サイトをご紹介しています。

合わせてご覧になってみてください。





キーワード