メモを取る女性
20代フリーター 就職サイト > 大学中退から就職 > 大学中退者の年収、給料は低いって本当?

大学中退者の年収、給料は低いって本当?


大学中退者の年収、給料は低い?

大学中退者の年収、給料は低い、と言います。
大学を中退したら、最終学歴が高卒になる方は多いのではと思います。

確かにはじめて正社員就職してもらう初任給にしても、高卒、大卒、大学院卒などと分かれていますよね。

大学中退して就職活動、正社員になった後の年収、給料について。

また、大学中退者が年収を高くするにはどうしたら良いかも幾つかの方法をご紹介しています。

その前に就職しないと!という方向けの就職サイトについてもご紹介しています。

高卒、大卒など学歴によって給与差はある

求人サイトを利用して求人を調べていると、

・高卒
・専門卒
・大卒
・大学院卒卒

といったように給与が違う掲載になっている求人情報も多く見ることが出来ます。

学歴によって給料差はあります。

例えば初任給はどれくらい学歴によって変わるのでしょうか。
厚生労働省による賃金調査のデータがありますので、参考にしてみましょう。

初任給に関しての調査は厚生労働省からの金額となります。

【大学院修士課程修了】
・男性233,600円
・女性232,400円

【大学卒】
・男性207,800円
・女性204,100円

【高専・短大卒】
・男性180,600円
・女性178,400円

【高校卒】
・男性164,200円
・女性158,400円

となっています。

参考URL:平成29年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況:1 学歴別にみた初任給

男性では大卒者と高卒者では43,600円の給与差があります。

女性では45,700円の給与差があります。

高卒と大卒、生涯賃金の差

では、大学中退者(高卒者)と大卒者ではどれくらい、生涯賃金の差が生まれるのでしょうか。

ユースフル労働統計の2018年度の資料に生涯賃金のデータが掲載されていますので、参考にしてみたいと思います。

生涯賃金(2016年)

【大学・大学院卒】
・男性2億7000万円
・女性2億1500万円

【高専・短大卒】
・男性2億1300万円
・女性1億7600万円

【高卒】
・男性2億1000万円
・女性1億4800万円

【中卒】
・男性1億9600万円
・女性1億4000万円

上記は、退職金を含めない金額となります。

参考URL:ユースフル労働統計 2018 労働統計加工指標集:21 生涯賃金など生涯に関する指標
(pdfファイルが開きます)

男性で約6,000万円の差、ではフリーターとの生涯賃金の差は?

大学卒と高卒の生涯賃金を比較してみると、男性は約6000万円の差です。

女性は約6700億円、生涯賃金の差があります。

ちなみにフリーターの平均年収を150万円として、20歳~60歳までもし働いたとしたら、生涯賃金は6,000万円となります。

大学卒の男性とは約2億円の生涯賃金の差となります。

仮にとはいえ、非常に大きな格差といって良いのではないでしょうか。
(実際、大学中退後ずっとフリーター、ニートをして中高年になるとこうした将来になる可能性は高いです。生活保護の可能性も考える必要があります)

大学中退者の最終学歴は「高卒」

大学を中退した場合、最終学歴は高卒となる方が多いと思います。

学歴を「●●大学中退」と書くことはありますが、こうした給与ベースを決める時などは最終学歴が用いられることになります。

(最近でこそ、稀に大学中退者向けの給与を設定している企業も出始めていますが、増えるとは考えにくいです)

また、短大や専門学校を卒業してから大学に入り直している場合には最終学歴は、短大卒、専門学校卒となります。

その場合は、少しだけ初任給や月給が上がる企業も多いでしょう。

フリーターと正社員就職の月収・年収の差

大学中退した後、生活のためとフリーターになる方も多いでしょう。

とはいえ、いつまでもフリーターを続けるわけにはいかないですよね。
いつかは正社員として働き、キャリアをスタートさせないといけません。

大学中退後、フリーターで生活した場合の月収、年収とここで比較してみたいと思います。

地域によって時給差はありますが、単純計算するためにフリーターとして稼ぐ条件を以下にしてみます。

【時給】900円

【1日の労働時間】 8時間

【1ヶ月の勤務日数】 20日間

900円 × 8時間 = 144,000円

実際にはフリーターとしてガッツリ働ける人も多いでしょうし、もう少し高い時給で働ける場合も多いと思いますのでフリーターの平均月収を150万円として比較したいと思います。

アルバイト・パートの最低賃金も少しずつですが上がってきていますね。
(東京都の最低賃金は、令和元年10月1日から時給1,013円です。時給790円の地域も多いです)

【フリーター】
平均月収 15万円
平均年収 180万円

【正社員(25歳)】
平均月収 28万6千円
平均年収 344万円

正社員就職の月収・年収はDODAの各種データを参考としています。

ちなみにDODAによれば、29歳の平均年収は約400万円です。

昇給、ボーナス額によっては30歳を前に年収400万円超えることになりますから、フリーターを続けているよりも非常に多い年収・賃金を得ることが出来ます。

フリーターは劇的に時給がアップしない限りは、基本的には同じ年収がずっと続く事になりますからね・・・

フリーターは将来詰む、という理由になります。

大学中退後、「やりたい仕事がないから・・・」とフリーターになるのも良いのですが、期間を決めて正社員になるための就職活動をしなくては、将来非常に厳しい生活になるのは間違いありません。

大学中退でも高年収、高賃金を稼ぐ

大学中退してもその後のキャリアの積み方で高年収、高賃金を稼ぐことは十分に可能です。

そのためにも最初の就職先選びが重要となってきます。

年収が高い業種を狙う

大学中退者が高年収を将来的に狙うには、そもそもの年収が高い業界・業種へ就職する事が重要です。

就職してからどれくらいの年収を得られるか、というのは企業の利益率なども関わってきます。

稼げない業界で働いてしまうと、40歳で年収300万台といった可能性もあります。
ほとんど給料が上がりません。
業績が悪いとボーナスカットもありますし、早期退職の可能性もあります。

参考URL:マイナビ 2019年版 業種別 モデル年収平均ランキング

を参考にしてみていきましょう。

年収が高い業界としては、

・外資系金融
・不動産
・生命保険・損害保険
・その他金融

などがあり、金融関連は強いと言えます。

大卒として新卒カードを使えない中途採用の場合には、高卒者(大学中退者)が就職しやすい職種は制限がありますから、なかなかこうした高年収業界への就職は難しいのが現状です。

限られた求人の中でも、高年収を得られる業界・業種を狙うことが重要となってきます。

例えば、

・リフォーム・内装工事
・建設・土木
・専門店(自動車関連)
・ゲーム関連
・広告
・インターネット関連
・人材派遣・人材紹介

などは大学中退者でも求人状況によっては未経験者OKの正社員求人を見つけることが出来ますので、就職を狙うことが出来るでしょう。

将来的に需要が高い職種で就職する

年収アップの方法として、転職も有効です。

特に20代半ばくらいまでの転職は年収アップしやすいといえます。

最初に就職した会社の居心地が良ければ、定年退職まで勤める事を考えても良いのですが今のご時世、途中で倒産する可能性も十分にあります。

いつでも他の会社へ転職出来るように、スキルを身に付けておくといった考え方も重要ではないでしょうか。

転職によって年収アップを狙うには、需要の高い職種で経験を積んでおくとアピールがしやすくなります。

需要の職種で経験を積むことが出来れば、求人も多いので転職がしやすくなります。

転職ではそれまでの経験を活かして転職先を探すことが、転職成功率を上げるために重要ですよね。

大学中退者が高待遇、優良企業へ就職するには

大学中退者が社会人になってからの低い年収を将来的に逆転するためには、業界・業種選びも重要ということを見てきました。

そのためにも就職活動の情報収集にはぜひ力を入れてみてください。

20代フリーター、第二新卒、既卒 オススメ就職サイト ランキング

こうした就職サイトを利用することで、大学中退者の中途採用に積極的、高待遇な優良企業からの求人を見つけられることもあります。

情報収集の利用は無料です。

ぜひ活用してみてください。





キーワード