大学中退者、面接対策
20代フリーター 就職サイト > 大学中退から就職 > 大学中退後、ブランク期間が長い時の仕事探し

大学中退後、ブランク期間が長い時の仕事探し


大学中退後 ブランク期間が長い

大学中退後、ブランク期間が長い時の仕事探し

大学中退してからどうする?

といった時に就職する事を考える方がやはり多いのですが、就職活動をするまでの間にブランク期間(空白期間が)が出来てしまうという事もあるでしょう。

それもブランク期間が長くなってしまって・・・と困っている方も多いのではないでしょうか。

生活費を稼ぐためのアルバイト、在学中からのアルバイトが忙しくなってしまって就活を後回しにしてしまったり・・・すぐに就職活動をする気になれなかった、という方も多いのではないでしょうか。

大学中退してから、少しの間どうしてもやる気が起きなくて・・・という方は多いのではないでしょうか。
ニート生活をしていました、という方もいるのでは、と思います。

就職活動をする中で面接はとても重要なものですが、ブランク期間が長い求職者に対しては確実に面接の場で、

空白期間が長引いている理由

が聞かれます。

質問の意図をまず理解する事が重要ですね。

なぜ、面接官はブランク期間が長い事を質問するの?

就活の悩み
面接感は基本的にあなたを「落とすため」ではなくて「採用しても良い人材かどうか」を確認するために質問をしています。

面接に呼ばれるという事は、少なくとも書類選考では興味を持って貰えたという事です。

採用に対しての積極度は企業のその時の人的状況にも依りますが、

健康状態が良く、人柄が良ければ採用したい

といったように確認の度合いが大きい面接の場合もあります。

決して意地悪のために聞かれたくないこと(大学中退理由とか)を色々と質問しているのでは無い事は、理解されておく必要はあるかなと思います。

大学中退後、ブランク期間が長い場合に面接官が気にするのは、

「健康状態が悪かったのだろうか」

「家庭の事情などがあったのかな?」

「単にやる気が出なかったのだろうか」

どうして大学中退後に就職をしないブランク期間が長くなってしまったのかを確認したいのですね。

何らかの問題がある人を採用してしまっては問題です。

万が一健康状態の悪い人を採用してしまい、入社後やっぱりダメでした、と短期離職されては大変です。

面接官も一社員ですから、そうした自分の仕事の減点はやはり気にしますよね。

採用しても問題無い人材かどうかを確認するのが面接ですから、ブランク期間が長い理由も素直に答えるのがベスト、と言えます。

決して自分を良く言うために嘘をついたり、誇張をするのは良くありませんね。
あとで話のつじつまが合わなくなったり、目が泳いでしまったり・・・

沢山の求職者を面接してきた経験から、面接官は思っている以上にそうした事を見抜きます。

そうなると評価が下がってしまい、不採用の可能性が高くなってしまいますからね。

とはいえ、面接での1つの質問に対して上手い答えが出来なかったからといって、すぐに不採用が決まる訳ではありません。

他の質問に対してしっかり答え、アピールをする事で挽回はまだまだ可能です。
気持ちを切り替えて、改めて自分をアピール出来るように受け答えをしていく事が大切です。

どれくらいのブランク期間は注意が必要?

大学中退後、ブランク期間が長くなると面接官もその理由をかなり気にします

就職活動にかかる期間は2ヶ月~3ヶ月というのが平均的な期間、と考える面接官は多くそれくらいのブランク期間であれば、特に問題にならない事が多いです。

半年、1年以上など長い空白期間が空いている場合には、注意が必要です。

長い方の場合には、3年、4年とフリーター期間などがある方もいるでしょう。

「就職活動を頑張っていました」

だけでは不十分ですし、そんなに就活して決まらないの?何か問題がある人材ではないのかな?と思われてしまいます。

極端に言うと、

どこからも内定をもらえない人

というイメージを持たれてしまいます。

そう思われてしまうと、じゃあうちも採用するのは難しいよね・・・(不採用)、という結論になってしまう可能性が高いです。

「自分に合った仕事を見つけるために情報収集をし、やはりITエンジニアとして仕事をしたいと思ったので、再び就職活動を始めて御社を志望させて頂きました。そのために、資格も勉強して取得しました」

といったように、働く意欲も落ちておらず無駄にブランク期間を過ごしていなかった、という事をアピールする事が重要となります。
(上記は例であり、もっとブラッシュアップする事が必要です)

そうした勉強期間も無く、情報収集を頑張るでも無かったブランク期間であった場合には、

アルバイトを一生懸命頑張っていたこと、仕事を通して考えた事、身に付けた事。結果、正社員就職してキャリアをスタートしたいと思った理由など、素直に答えるのが良いでしょう。

夢の実現に向かって頑張っていた、努力していたなども頑張り方によってはしっかり評価してもらう事が出来ます。

事実を伝えるのが一番後から問題になりにくいですね。

家庭の事情や健康上の問題で通院が必要、といった場合には履歴書に記載しておくと良いでしょう。

面接でもしっかりとその旨伝え、仕事をする事には支障が無いことをアピールする必要があります。

大学中退後、ブランク期間の長さから就職活動が難しいと感じる方へ

長いフリーター期間からの正社員就職
そうはいっても、大学中退後の就職活動、フリーターをしていた期間が思った以上に長くなってしまって面接が上手く突破出来ない、書類選考で落ちてしまって・・・

といったように就職活動が難しいと感じている方も多いと思います。

このままずっとフリーターかも、仕事見つからないかも・・・

とついネガティブに考えてしまう事もあるかも知れません。

しかし、そうした時には大学中退者やフリーターの就職支援に実績のある就職支援サイトを利用してみてください。

無職期間が長くて困っている方でもしっかりとサポートしてもらう事が出来ます。

面接が苦手な方も多いと思いますが、想定される質問、確実に質問される事など対策をアドバイスしてもらう事が出来ます。

もちろん、求人紹介も受けられますし、書類選考無しで面接といった就活が出来る就職支援サービスも増えています。

大学中退 オススメ就職サイト

大学中退後、就活で困っている方はぜひ相談してみてはいかがでしょうか。





キーワード