大学中退から高年収の仕事に就くには
20代フリーター 就職サイト > 大学中退から就職 > 大学中退でも稼げる!高収入の仕事

大学中退でも稼げる!高収入の仕事


大学中退、高卒でも稼げる仕事

大学中退して働くことを考えた場合、就職先として出来るだけ高収入が稼げる仕事に就きたい、という方も多いと思います。
もちろん目指すは正社員です。

正社員で就職、男性も女性も稼げる仕事は探せばあります。

契約社員、派遣社員、フリーターなどの非正規雇用の平均年収は200万円に到達しないというデータも出ています。
あくまで平均年収です。

派遣社員は高時給ですから、もっと年収は高いですよ。
でも派遣は問題は年収が上がらないこと、年を取ると仕事が減ってくることです。

一度、非正規雇用で働き出すと、そこから脱出するのがまた難しいのです。

大学中退者で就職を希望される方は20代の方が多いと思います。

20代は職歴なし未経験からでも正社員就職しやすい年代です。
大学中退であっても就職は最もしやすい年齢といえます。

ここでは大学中退でも稼げる、学歴関係無しで高収入を狙える職種をご紹介しています。

職種による年収の差

稼げる仕事、稼げない仕事があります。

最初の就職で、どういった会社でどんな仕事に就くかがその後の一生を決める、とまでは言いませんが生涯賃金に大きな影響を与えることは間違い無いでしょう。

残念ながら、

稼げる仕事

稼げない仕事

があります。

楽して稼ぎたい、というのは難しいですが努力をすれば学歴不問で評価され、高年収を稼げる仕事はあります。

一般的によく知られる仕事で高年収なのは、医師ですよね。

職種別の年収ランキングでも医師は1位常連です。
年収1,200万円前後が平均年収となります。

ただ、大学中退後に改めて勉強し直して目指すのは現実的では無いですね。

医師免許取得までに必要な時間、学費があります。

次いでパイロット、公認会計士、税理士と言った職種が高年収です。
平均年収1,000万円を超える職種といえます。

稼げない仕事、年収が低い仕事を見ると、ミシン縫製工、ビル清掃員、美容師、警備員、コンビニ社員、ホームヘルパー、店員、タクシー運転手といった職種を見ることが出来ます。

どんな仕事に就くかで、その後に稼げる年収はある程度決まってきます。

歩合給なら別ですが、年収1,000万円を稼ぐ警備員、といったことはあり得ません。

少しでも高年収を稼げる仕事に就きたいのであれば、最初の就職はとても重要です。

いずれ転職をするにしても、最初の仕事の経験をベースとして転職先を探す方が多いためです。

大学中退が採用されやすく稼げる仕事

大学中退者でも高収入を稼げる仕事に就きたい、就職したい。

最終学歴が高卒、中には専門中退、さらに大学中退といった学歴となる方もいるかもしれません。

中退者は就職活動が難しくなりますが、学歴不問で求人が出ている職種の中でも稼げる仕事があります。

代表的なのが営業職といえるでしょう。

様々な業界で営業職の求人があります。

働き方もそれぞれの業界で変わってきますから、自分に向いていそうな営業職の求人を探すことも出来ます。

営業職は未経験の方にもおすすめの職種の一つです。

他にも将来的に高収入を稼げる可能性がある仕事もあります。
平均年収が高めの仕事もあります。

大学中退後、どういった仕事に就こうか迷っている方も多いと思います。

仕事選びのポイントは、やはり自分に合っている仕事を選ぶこと。

「絶対、自分は営業に向かない」

と分かっているのに、高年収を稼ぎやすいからと無理に営業職で就職すると、アポ取り、売り込み、ノルマのプレッシャーなどいずれかの段階で精神的に参ってしまう可能性が高いです。

少なくとも自分に合っている、続けられそうな仕事を選ぶことも就職活動では大切といえるのではないでしょうか。

最初の就職先選びはとても重要です。

その後のキャリアにも大きな影響があります。

大学中退でも稼げる仕事、高収入を得やすい仕事とは

未経験OKの正社員事務

学歴不問、大学中退でも稼げる仕事をご紹介いたします。

大学中退でも採用されやすく、稼げる仕事

もあります。

お金があると生活の中で選択肢が増えます。

特に大学中退理由が経済的な事情、といった方の場合には少しでも年収の高い仕事に就きたいといった気持ちが強い方もいらっしゃるのではないでしょうか。

せっかく正社員として仕事をするのだから、安定した余裕のある生活をしたい!

収入が低いと結婚できないとも言いますからね・・・。

ちなみに低所得者のラインは「年収300万円以下」とされています。

年収300万円は、前年の大体手取りが250万円前後です。
月収20万円を超えるくらいといえます。

営業職

営業職の男性

学歴不問で多くの求人が出ており、さらに高収入を稼げる仕事というと代表的なのが「営業職」でしょう。

営業職は学歴不問の会社も多く、実力主義で高年収を得やすい仕事です。

就職にあたり、特別なスキル、知識が必要ない会社も多いため大学中退者も就職をしやすい職種となっています。

営業職が稼げる理由

営業職が稼げる理由は、

・歩合給
・成績が数字で把握しやすい

からといえるでしょう。

また事務職など内勤者と比較しても、就職、転職の初年度から高い年収となる場合が多いですね。

営業手当が付くケースが多いためです。

営業成績の良い営業職は会社の売上げへの貢献も大きくなります。
そのため会社としても利益を還元しやすい職種ともいえますね。

歩合給が発生するのは売上げへの貢献が大きな職種です。
事務方で歩合給というのは難しいです。

どんなにコストカットに実績を挙げても、事務職で年収は上がらないですよね。

営業求人は未経験歓迎の正社員求人が圧倒的に多いです。
そのため、大学中退、高卒の方でも就職先を見つけやすいといえます。

営業職への就職、注意点

注意点としては、離職率も高いこと。

就職先の企業によってはノルマのプレッシャーがキツイ可能性があるということです。

就職活動の段階でどんな企業体質なのか、しっかりと情報収集をして就職先を決めることが重要となります。

会社によっては営業職で年収1,000万円以上も十分可能です。

大学中退で高収入を目指したい場合、営業職はオススメの仕事といえます。

ITエンジニア

大学中退後、ITエンジニアとして就職
大学中退者にとって、就職した後に学歴コンプレックスを感じないことも人によっては重要ではと思います。

大学中退者におすすめの職種として、ITエンジニアがあります。
将来性もある仕事です。

ITエンジニアは慢性的に人手不足、それも深刻な人手不足、と言われています。
そのため、開発会社によっては未経験者歓迎で採用を行っています。

今はITエンジニア不足が深刻なため、無料のスクールもあり就職斡旋までしてくれます。
(注意点としては、無料スクールの場合、紹介される就職先IT企業や開発会社が微妙な場合が多いことです)

ITエンジニアは転職によってステップアップ、年収アップを目指していくことが出来ます。

スキルを身に付けるまでの20代は年収も伸びずに苦労するかもしれませんが、必死に仕事を覚えスキルを身に付ければ30代、40代になって高年収を得られる可能性があります。

年収1,000万円を超えるITエンジニア

年収1,000万円オーバーのエンジニアの方もいます。

ITエンジニアの仕事はハードですが、学歴不問で高年収を目指せる仕事、将来性のある仕事はそう多くはありません。

ちなみに、ITエンジニアは現場で仕事をしていて学歴に関して言われることはほぼありません。

仕事が出来るエンジニアかそうではないか、で評価が決まります。

むしろ学歴が高いのに仕事が出来ないと、残念な人という印象を持たれる可能性があります。

プログラマーやシステムエンジニアとして身に付けた技術はとても強いです。

その後もスキルがあれば転職がしやすい職種です。
60歳を超えてフリーランスで活躍されているエンジニアの方も知り合いにいます。

IT業界、最初の就職先選びには注意が必要

ただし、就職先には注意が必要です。

就職した後、しっかり経験が積めるプロジェクトが無いとスキルが身に付かないまま年齢を重ねてしまいます。

ステム開発会社などに就職する場合には、身に付けられる技術、将来のキャリアなどについてしっかりと情報収集をし、検討する事が必要となります。

ホワイトな会社、はブラック企業と言われるような、厳しい働き方になる可能性もある業界ではあります。

すべては就職先の企業次第、ともいえます。

大学中退でも高年収を稼ぐには

高年収、と聞いていくら位の年収をイメージされますか?

高年収といえば、年収800万円、年収1,000万円かなといった方は多いと思います。

上記2つ、営業職、ITエンジニアは学歴不問、大学中退者が高年収を目指すことが出来る代表的な職種といえるのではないでしょうか。

ITエンジニアは女性にもおすすめの職種でもあります。

上記2つよりもさらに高年収を稼ぎたい、となると「起業」です。

起業して社長に就任し、事業が成功すれば年収1,000万以上を稼ぐことが可能です。

年収5,000万円、年収1億、それ以上もあり得ますよね。

ただし会社員とは全く違うスキルが必要になりますし、時に借金をしてもアクセルを踏み込める決断も必要になります。
何年も赤字で踏みとどまる気力も必要になるかもしれません。

社長には残業なども関係無いですから、それこそ365日ハードワークになる可能性も高いです。

借金を背負って倒産・・・といった可能性もあります。

誰もが選べる道ではありませんが、自分で切り拓きたい気持ちがある方は、スキル、経験を積み重ねて独立する道もあります。

大学中退者におすすめ、高年収の仕事はITエンジニア

大学中退者の方におすすめの仕事は、ITエンジニアです。

就職先には注意が必要ですが、しっかりとスキルを身に付けてステップアップの転職をすることが出来れば、転職の度に年収アップをすることも可能です。

またその後はフリーランスで活躍される方も多いです。

女性の場合、子育てのために派遣エンジニアになったとしても高時給で生活が可能です。

子育てとの両立は難しい問題ですが、働き方の一つとして派遣やフリーを選ぶ方もいます。

未経験からIT業界への就職を目指す場合、

⇒ IT業界、未経験からの転職に強いワークポート(WORKPORT)

などの転職エージェントの活用もおすすめです。

リクナビなどを利用してもITエンジニアは人手不足ですから求人が多く見つかりますが、求人先の企業の詳しい情報を得て検討するには、転職エージェントの方が有利と言えます。

大学中退でも稼げる仕事に就くために

大学中退した後、正社員就職を考える場合に求人情報を得る場としておすすめなのが、未経験者向け求人を主に扱っている就職支援サービスの活用です。

大学中退、高卒OK 就職支援サービス

⇒ DYM就職

⇒ ハタラクティブ

⇒ ジェイック

などがあります。

こうした就職支援サービスを利用しても、

・営業職
・エンジニア職

の求人は多いため、正社員求人を紹介してもらえることが多いです。

20代向け就職支援サービスをおすすめする理由は、職歴なし未経験者を歓迎する企業が利用しているためです。

フリーター、ニート歓迎の企業です。

一般的な求人サイトを利用した場合、基本的にはニートは特に歓迎されません。
ニート期間が長いと、書類選考で落ちる事が多いのが現実です。

そのため、大学中退後に空白期間がある方はこうした就職支援サービスの活用がおすすめです。

未経験から就職を目指すには年齢も重要です。

20代後半になってくるとエンジニア職への就職はかなり厳しくなってきます。
少しでも若い年齢の間に就職を目指すことが大切になってきます。

大学中退後、少しでも稼げる高収入を得られる可能性のある職種に就きたい場合には、こうした職種も検討してみることをオススメします。

平均年収が高めの安定した優良企業、ホワイト企業へ就職を目指す道もあります。

大学中退者の就職 関連記事

⇒ ホワイト企業へ就職

フリーター・ニートからホワイト企業へ就職を目指す場合、就職したらどういった働き方になるのか職場の雰囲気など求人票だけでは分からないことを知ることが重要になります。





キーワード