正社員として事務の仕事に就く
20代フリーター 就職サイト > 大学中退から就職 > 大学中退から正社員 事務の仕事に就きたい

大学中退から正社員 事務の仕事に就きたい


大学中退から正社員へ就職、事務の仕事に就きたい場合

大学中退後、正社員として就職する事を考えた場合、事務の仕事に就きたいと考える方も多いと思います。

事務・営業事務の仕事は昔から特に、女性に人気の仕事です。

長く安定して働ける職業ですし、仕事に対してのイメージもあると思います。

女性でも求人が多く見られるのは営業職ですが、売上げを上げるためにバリバリと新規開拓、セールスを行うのではなく、会社を支える仕事をする、サポート役として働く事務の仕事。

営業事務の仕事は特にそうかもしれませんね。

多くの方が、自分でも出来そうな仕事、という事で希望されている事も人気の理由となっていると言えそうです。

実際、事務・営業事務の求人を求人サイトで探してみると、未経験OKの正社員求人が多いんですね。

⇒ リクナビNEXT

など知名度の高い求人サイトを利用しても、未経験OKの事務・営業事務求人は多数見つける事が出来ます。

未経験OKの求人が多く、自分でも挑戦しやすそうな仕事というイメージ。

こうした応募のしやすさも、事務・営業事務の人気となっていると考えて良いでしょう。

前線で仕事をするよりも、サポート役として他のスタッフの役に立てる仕事をしたい、という方に向いている職種ですし、コツコツを仕事をこなす事に適性のある方にも向いているのが事務の仕事といえます。

事務職にも色々な職種があります

就職活動のポイント
一般的に事務職、と一括りにしてしまいがちですが、大企業になってくると事務と言っても幾つかの職種に分けて業務を行うようになってきます。

また、業界によっても仕事内容が大きく変わってきますから、目指す業界の事務職によって取得しておいた方が良い資格などもあります。

・一般事務

・営業事務

・総務事務

・貿易事務

・旅行事務

・経理事務

・受付事務

・秘書

・医療事務

・調剤薬局事務

・学校・大学事務

など、探せばまだ挙げる事が出来ますね。

事務の仕事に就きたい!と言っても就職先によって様々な仕事内容があります。

正社員就職を目指す場合、事前に目指す仕事の業務内容、業界知識は持っていた方が良いです。

また、事務の仕事は人気が高いがゆえに資格取得をして、正社員就職を目指す方も多いです。

そうした方達と正社員就職をかけて勝負する以上は、資格取得を考えた方が良い職種もありますね。

応募にあたり、「未経験者でも資格取得は優遇」といった正社員求人もありますから、しっかりと事前に情報収集をして少しでも有利に就職活動が進むように準備をする事も大切です。

ただし、資格取得には時間もお金もかかりますから、そこまでどちらも掛けられない、といった場合には未経験OKで募集されている事が多い一般事務・営業事務求人などを中心にお探しになると良いと思います。

事務の仕事に向いている人とは

就職活動の方法
事務の仕事に適性のある人、向いている人とは、

・コツコツと仕事をこなすのが好き

・人をサポートすることが好き

・コミュニケーションが得意な人

・機転が利く人

・注意力のある人

などです。

勤務する企業によっては事務職は、様々な案件を扱いますし他の部署スタッフからの質問も多いです。
様々な質問に対応出来る知識、機転も必要と言えます。

事務の仕事は細かい事の積み重ね。
計算も多いですから一つ一つをしっかり処理できる事も大切です。

そうした事から、コツコツと仕事を積み重ねていける事が苦では無い、むしろ好き、といった人の方が事務職に適性があるといえるでしょう。

細かい仕事を継続することは、時に忍耐力も必要ですね。

他のスタッフとのコミュニケーションも大切です。

経費の入力をするにしても、本当に必要な経費なのかを確認しなければならない事もあるでしょう。

円滑に事務作業を進めていくためには、事務職だからこそ全社員とコミュニケーションが取れる、といった事などが必要です。

大学中退から事務職になる、正社員として仕事に就くには

一般事務・営業事務を中心として、事務の仕事に正社員として就く方法としては幾つかの方法があります。

先ほどご紹介したような、

⇒ リクナビNEXT

といった求人数が多く、未経験OKの求人が見つかりやすい求人サイトを利用する方法。

ハローワークを利用して、主に地元の中小企業からの求人情報を探す方法。

そして大学卒業者の就職もサポートしている就職支援サイトを活用する方法です。
多くの就職支援サイトでも、事務求人を取り扱っています。

⇒ DYM就職

⇒ 就職Shop

といった就職サイトは当サイト経由でも利用される方が多い、オススメの就職支援サイトですが、事務職の求人も人気となっているようです。

応募先の企業について、しっかりと詳しい情報を得られる事が、こうした就職支援サイトを利用するメリットの一つですね。

就職支援サイトは大学卒業後にフリーターになっていた方も、大学を辞めてすぐに就職活動を始める方も29歳までであれば利用可能です。

30歳を超えるとこうした就職支援サイトは利用出来なくなりますから、もし活用する事を検討されている場合には早めに利用を決める事が大切といえると思います。

特に、28歳、29歳といった30歳を目前とされるフリーターの方は正社員就職の成功率が高い方法としてオススメです。

ぜひ活用してみてください。

大学中退後の進路で生まれる差

大学中退後、フリーターとなる方、ニート生活に突入してしまう方、正社員として仕事に就く事を目指す方と進む道が分かれますが、手っ取り早く生活費(収入)を得る方法としては、アルバイトですね。

大学生として一人暮らしをしていた、という方も多いと思います。

地方から東京に出て、大阪に出て大学へ通っていたといった場合には、早く生活費を稼がないといけませんからね。

しかしフリーターをするのではなく、しっかり就職活動をして正社員として仕事に就く事を目指す人も中にはいるでしょう。

フリーターと正社員を比較した場合、今後の人生を考えれば早く正社員就職した方が安定しますし、稼げる生涯年収も大きな差が付きます。

フリーターはずっと年収が変わりませんが、正社員として働く場合には勤務年数によって基本的には昇給していきますし、ボーナスもあります。

また見落としてはいけないのが、厚生年金など社会保険ですね。
老後の生活が全く変わってくると言っても良いでしょう。

60歳を超えてもフリーター、というのは避けたいな・・・と思う方がほとんどだと思います。

大学中退後、どういった進路を選ぶで人生が大きく変わる年代ともいえると言って良いでしょう。

出来るだけ希望通り、自分に向いている仕事に就けるように就職支援サイトなどを活用して、情報収集をされることをオススメいたします。





キーワード