フリーターと正社員の年収差
20代フリーター 就職サイト > フリーターとお金 > 20代 正社員とフリーターの格差

20代 正社員とフリーターの格差


20代 正社員とフリーターの格差について

正社員とフリーターでは、やはり差がついてきます

生涯賃金の差はよく言われるように「1億円以上」。
もっと差が出る場合が多いです。

もちろん、人それぞれで稼ぎが違いますから、時給が安めのフリーターの方と、高年収を得る正社員では、それこそ3億円など生涯賃金で差が出る事も珍しくありません。

フリーターと正社員の差生涯賃金だけではなく、様々な部分に現れてきます。

新卒として就職した時こそ、場合によってはフリーターの方が手取りが多かったりしますが、次第に逆転していきます。

それも圧倒的に正社員が有利、と言って良いでしょう。

20代でも差が付きますね。正社員の方が有利に、安定度が増していきます。

フリーター、正社員 年収の差

フリーターの年収は時給で決まります。
後はどれくらい、働く時間を取れるかです。

時給800円で1日8時間のアルバイト、月に22日間頑張って働く場合の月収は、単純計算で140,800円です。
年収:1,689,600円

高時給のアルバイト、例えば時給1,000円で働く事が出来た場合、同条件の働き方で、月収は176,000円。
年収:2,112,000円

年収200万を超えました。

対して正社員は20代の平均年収は、業種・職種によっても違いはありますが、平均して200万円~240万円と言われています。
最初から年収200万円以上の方が多いのです。

高年収の会社であれば、新卒入社で年収300万円以上の待遇もありますから、既にフリーターと正社員では大きな差が付く場合もある、といえます。

20代後半ともなればさらに差は広がります。

フリーターの現実として、

何歳になっても給料・年収があまり変わらない

という事があります。

勤続年数が長くなって、時給がもし上がるとしても時給100円アップくらいが限界ではないでしょうか。

お店の店長の立場とすれば、アルバイトの仕事は誰がやってもあまり変わらない仕事内容ですから、時給は100円でも本当は上げたくないに違いありません。

利益を削って、時給を上げる訳ですからね。

もしお店の業績が悪くなれば、時給が高い年長フリーターがリストラのターゲットになる場合も多いです。

そうした1年が積み重なっていきますから、生涯賃金の格差が大きくなっていくのはよく分かります・・・

ちなみに、時給800円のフリーターが先ほどの条件で22歳から60歳まで、38年間働いた場合の生涯賃金は、64,204,800円

約6,400万円

となります。

正社員として働く人の生涯年収は、バラツキはありますが2億円~3億円、と言われています。

非常に大きな差です。

キャリアの形成にこそ大きな差

就活の厳しさ
フリーターと正社員では、キャリアの形成にこそ大きな差が生まれます。

アルバイト経験は、未経験からの正社員就職ではアピールすることで活かせますが、それも27歳くらいまで。

未経験OKの求人は27歳まで応募可、といった事も多いためです。

なんとか20代は未経験OKの正社員求人が見つかりますが、28歳、29歳になると応募出来る求人が少なくなります。

30歳を越えると、ほぼ応募可能な求人が見つからなくなりますから、そのままフリーターを続けるしかない・・・といった状況になる方が増えてしまいます。

正社員として働く場合、目的意識を持って働く事で転職によってキャリアアップやキャリアチェンジを狙っていく事が出来ます。

働く場所、といった条件も含めて転職を考える事が出来る場合、選択肢を多く得られます。

社会的な信用度にも大きな差

フリーターと正社員では社会的にも大きな差が生まれます。

アパート、マンションを借りるとき。

クレジットカードを作るとき。

各種ローンを利用したい時の審査。

いずれもフリーターだと審査に通らないケースが多いです。

身近な話でいうと、親戚や身内で集まるときの視線も次第に気になってくると思いいます。

友人達との飲み会も、段々と自分の立場が気になるようになってきて遠ざかる・・・

夢に向かって、目標があってのフリーター生活。でも期限を決める事が大切

フリーターの方には、夢や目標があって時間が欲しいからフリーターをしている。
といった方も多いと思います。

公務員試験や、税理士など国家資格を受けるため勉強時間を確保したいのでフリーター、という方も多いかもしれません。

趣味の時間が欲しいから、正社員就職しない、という方もいるかも知れません。

しかし、30歳を越えると応募可能な求人が急激に減ります。

正社員になりたい、と思っても道がなくなっていく現実があります。

仕事を選ばなければ、正社員になる可能性はありますが、それを選べない方も多いことも事実です。

夢や目標があってのフリーター生活。

諦めたくないという気持ちもあるとは思いますが、出来ればフリーター生活はいつまでと期限を決める事が、その後の長い人生を考えると重要といえます。

正社員で働く、といっても就職する会社によっては残業無し、土日祝もしっかり休めるような会社もあります。

時間の確保がしやすい正社員としての働き方もありますからね。

全ての情報収集にかかっています。

もしフリーターから正社員就職を考えた場合、情報収集に力を入れるのであれば

フリーター向け就職サイト、就職支援サービス

などでご紹介しているようなフリーター向けの就職支援サービスがオススメです。

求人先へ足を運んで情報収集をしている事が基本ですから、職場の詳しい情報を得てから、応募するかどうか、面接を受けるかどうかなどを考える事もしやすいです。

フリーターOK、未経験OKの正社員求人が多い事も利用するメリットです。

こうしたフリーター向け就職支援サービスの多くも、20代限定です。

それもまた、20代でフリーター生活からの脱出を目指した方が良い理由ともいえます。





キーワード