営業職
20代フリーター 就職サイト > フリーターとお金 > フリーターはバイトしながら就活をした方が絶対良い理由

フリーター バイトしながら就活


バイトしながら就活

フリーターはバイトしながら就活するのがオススメ

就職活動をする際、今アルバイトをしているフリーターの人はバイトを続けながら就活をした方が絶対良いと思います。

特に一人暮らしのフリーターの人は、バイトを辞めても半年くらいは生活出来る!くらいの貯金があれば別ですが・・・、生活のためにバイトを辞める選択肢は無い、という人の方が良いのではないでしょうか。

「アルバイトが忙しくて就活が本当に出来ない!」

バイト先の店長が就活をしている事を伝えても、お店が忙しいからとシフトを減らしてくれないし休みも取りにくい・・・といったケースは確かにあります。

レアなケースと思いますが、バイト先の店長(正社員)が就活を応援してくれないというケースです。

アルバイトも今は人手不足になってきていますからね。
少ない人数でシフトを多めにして乗り切っているお店も多いと思いますし、どうしてもシフトを減らせない、といった事情もあるかも知れません。

でも、あなたの人生にとってはアルバイトよりも正社員就職する事の方が重要!ではないでしょうか。

その場合には、アルバイトを辞めたい前提で交渉する必要があるかなと思います。

もう少し就活のためにシフトの融通が利きやすいアルバイトに変えるべきです。

フリーターしながら就活する事は出来ます

むしろスケジュール管理能力を鍛えられますし、就活もお金が掛かりますからね。
出費に備えてお金を貯めておく事も重要ですよ。

フリーターがアルバイトしながら就活した方が良い理由

就職セミナー
フリーターがアルバイトを続けながら就職活動をした方が良い理由です。

就活資金が必要だから

フリーター歴が長い人の場合には、就活するための出費が一時的に大きくなります。

就活スーツを新たに購入したり、靴も必要ですよね。
カバンも持っていなければ、必要です。

まさかリュックで面接に行く、とかはないですよね?

腕時計もGショックしか持っていないのであれば、ビジネスにふさわしい時計を一本買った方が良いでしょう。

これから面接に進む機会もありますが、面接は第一印象が超重要です!

「この求職者は面接に来る格好じゃないない」

「面接なのに、身だしなみがなっていないな・・・」

と思われてしまっては、内定獲得が少し遠のいてしまいます。

面接のために身だしなみを整えるのは、仕事への取り組み方にも繋がる、と考える採用担当者は多いです。

就活スタート時には、就職活動に必要なものを購入、揃えるために出費も大きくなります。

また就活中も証明写真を撮りますし、面接会場まで交通費が掛かります。
求職者にまで交通費支給の会社はほぼありませんからね。

フリーターはアルバイトを辞めると収入が途絶えます
その分、確かに就活をするための時間は増えますが一日中、求人サイトを見たり応募書類の作成をしたりする訳ではないですよね。

アルバイトを辞めたら、時間を持てあましてしまう人が多いのではと思います。

バイトを辞めるよりも、アルバイト先の上司に就活をスタートすることを伝えて、シフト調整の相談に乗ってもらうようにしてください。

普通は、正社員になるための就職活動を応援してくれるハズです。

事情があってバイトを辞めた、といった場合には1日の単発バイトで繋ぐ方法もあります。

⇒ 1日から働ける激短バイト!ショットワークス

明日の単発バイトを探すと言った事も出来ます。

などを活用して、生活費や就活資金を得る事も考えてみてはと思います。

収入が途絶えない安心感がある

バイトを辞めて就活に専念する方が、面接の連絡が来てもすぐに調整が付くし、入社日の調整も必要ないので楽ではあります。

ただ無収入になってしまうと当然ながら生活に困りますよね。

貯金を切り崩して何とか頑張るしかありませんが、貯金にも限りがあるので底が尽きる前に新しい就職先を見つけなくてはいけません。

しかしお金が無いというのは非常にストレスが掛かるもので、特に無職中にみるみる残高が減っていく様は恐怖でしかありません。

そんな精神状態で就職活動を行えば、どうしても焦りが出てしまいます。

焦りは失敗に繋がりやすいので、焦った気持ちで就活に臨むのはできるだけ避けた方が良いです。

アルバイトによる安定した収入があると金銭的な不安が無くなり、安定した気持ちで就活に取り組むことができるようになります。

求人への応募から内定獲得まで、時間がかかる

就職活動を始めて、内定獲得まで時間がかかります。
まず、その間の生活費が必要ですよね。

求人サイトを利用して良い会社、興味のある仕事を見つけて応募。
書類選考を通過して面接、合否の連絡が来るまでも日数が必要ですね。

実際に内定獲得まで通常の就活スケジュールで、1ヶ月くらいは見ておく必要があると思います。

基本的に、就職活動は応募先の企業の都合に合わせて動く事になります。
連休を挟んだり、面接担当の現場責任者、役員の都合がつかず面接日が遅れる可能性もあります。

面接も二次面接がある場合が多いですが、日程調整がまた必要になりますね。

就職活動に必要な期間は、少し長めに見ておくと良いと思います。

空白期間(無職期間)は長く空けない方が良い

フリーターはアルバイトをしています。
アルバイトをしていない人は、ニートです。

企業側としては、フリーターはアルバイトをしながら就職活動をするのが普通、と思っています。

もし辞めて長く空白期間が空いている場合、「なぜアルバイトをしないんだろう?」と疑問を持たれてしまいます。

アルバイトのシフトを調整しながら就活する事は十分可能ですから、今度は「アルバイトをしない理由」を説明する事が必要になってしまいます。

1日中、就活する事は無いですから、単にアルバイトが面倒なだけでは?と思われないようにしっかりと説明しなければなりません。

アルバイトをしっかり続けながら、就活もしっかり出来ている場合スケジュール管理能力があるなど、多少は印象が良くなる可能性もあります。

アルバイト経験をアピールすることが出来る

書類選考を通過し、面接となった際にアピールできることは一つでも多い方が良いですよね。

アルバイト経験は職歴としては見なされませんが、バイトを通じて身に付けた事を話す事は出来ますし、職場の改善に繋がる貢献をしたことがある場合には、そうした事例も十分アピールにつながります。

アルバイトとはいえ、日々言われたこと仕事だけをする姿勢の人材よりも、少しでも職場が良いように改善するために考えて行動が出来る人材、どちらが良いかと言われれば間違いなく後者です。

アルバイトでありながらも職場の改善のために行動した、というのは誰もがする行動では無いですから印象に残る可能性は高いです。

立場的にはそこまで経験を積めないかもしれませんが、小さな事であったとしてもアルバイトを通じて得た事、働くという事について考えた事などがあれば、アピールされた方が良いと言えます。

もちろん、(本人は良いと思っていても)実はアピール出来ない内容を熱く語ってもマイナスになる可能性もあります。

どういった内容を面接でアピールするかについても、就職支援サービスの担当コンサルタントと相談をされると客観的にアドバイスをもらう事が出来ますので、オススメです。

就活が苦しいとき、バイトが気分転換になる

フリーターから正社員就職するためにアルバイトを辞めないメリットとして、不採用が続いてしまい就活が辛くなった時に、アルバイトが良い息抜きになることです。

バイトの始業前、休憩中、仕事終了後などに気楽にバイト仲間と話が出来るのはとても良い気分転換になります。

バイト仲間は年齢もバラバラなことが多いでしょうし、就職活動の話をしても軽く聞いてくれるのではないでしょうか。

失敗話に出来ることで気持ちも楽になるというのはあると思います。

また、生活リズムもアルバイトがあることで一定にすることが出来ますね。

バイトを辞めて就活一本の生活になると、内定が決まらないことで精神的に追い込まれ、生活が少しずつ崩れていく可能性があります。

バイトしながら就活をすることは、収入面でのメリットもありますが、気持ちを維持するためのメリットもあるといえるのではないでしょうか。

バイトしながら就活、内定獲得は可能です

アルバイトをしながら、就活は十分可能

就職アドバイザー
企業側もフリーターはアルバイトをしているのが普通と思っていますから、ある程度は面接日の調整などに応じてくれるものです。

あまりに提示される日程にNOを言うのは避けたいですが、シフト上、どうしても面接に向かうのが難しい日は交渉しても問題ありません。

フリーターがアルバイトをしながら就活する大きな理由は、

生活費、就活資金

です。

アルバイトを辞めて就活に専念したら、貯金がすぐに底を尽きる、といった方も出てくるのではと思います。

お金が無くなると、妥協して就職先を決めることにもなりかねません。
それこそ、内定が出やすいブラック企業へ就職・・・といった事も考えられます。

アルバイトをしっかり続けながら就活をしているフリーター

と、

アルバイトを辞めて就職先がまだ決まっていない元フリーター

では、印象も違います。

アルバイトを辞めて就活に専念しても、すぐに就職が決まる訳でもありませんからね。

アルバイトをしながら就活する方法

フリーターの就職活動は一人で様々な事をこなさなければなりません!

未経験OKの求人を探して、応募書類を作成して応募、書類選考が通過したら面接日の調整、面接、二次面接の日程調整、内定が出たら就職の準備・・・

細かく見ると、もっとやる事があります。

企業研究も当然しっかりやる必要があります。

でも、アルバイトも忙しい・・・

そうしたフリーターの方に便利なのが、フリーター向け就職支援サイトを利用する就活の仕方です。

フリーター向け就職支援サイトを利用する事で、経験豊富な就職アドバイザーなどが担当に付いてくれて、就職活動をサポートしてくれます。

あなたに合っている求人探しから、企業の詳細な情報、面接日の調整なども行ってくれます。

実際に就職活動をするにあたっても、フリーターは自力での就職活動は大変な事が多いですからね。

20代フリーター、既卒、ニートの就職支援を専門とするサポートを利用した方が内定獲得はしやすいと言えます。

バイトしながらの就活で就職支援サービスを利用するメリット

アルバイトをしながら就職活動をする際に就職支援サービスを活用するメリットについて、もう少し詳しくご説明します。

求人探しを代行してくれる

毎日バイトをしながら求人を探す、というのは結構大変です。

毎朝新着求人をチェックするためには遅番の日でも早起きしなくちゃいけないし、毎朝ハローワークに通うのも大変ですよね。

それに良い求人が見つかったとしても、webから応募したり電話を掛けたりといったアクションを起こさなくてはいけません。

朝の出勤前にそうした作業を行うのは落ち着かないし、もしすぐに折り返しの電話がきて話が長引いてしまったらバイトに遅刻してしまいます。

就職支援サービスならコンサルタントが代わりに求人探しを行ってくれるので、自分で毎日求人情報をしなくても大丈夫。

あなたの希望条件に合う求人を見つけたら連絡してくれるので、バイトをしながらでも楽々求人探しができるんです。

面接日や入社日の調整も代わりに交渉してくれる

書類選考が通って面接の段階まで進んだ時、今度は面接日をいつにするかの調整をしなくてはいけません。

しかし、アルバイトが忙しいと応募先企業との連絡の時間が上手く取れなくて・・・と困る方も中にはいるのではないでしょうか。

せっかく応募先の会社から連絡をもらってもバイト中は電話に出られないことも多いでしょうし、かといってかけ直したらつながらない…といった感じでなかなか連絡が取れなくて困るというのも、バイトしながらの就活ではよくあることです。

こうした問題も就職支援サービスなら解決できます。

コンサルタントが企業担当者と連絡を取り合ってくれて、面接日の調整だったり、内定後の入社日の調整などを代わりに行ってくれます。

何度も先方と連絡を取り合う必要がないので、バイト中に着信を気にする心配がなくなります。

就職支援サービスの多くは電話やLINEなどSNSでも対応してもらえる

バイトしながらの就活だと、応募先企業とのやりとりもそうですが、そもそも就職支援サービスのコンサルタントとのやりとりもろくにできないんじゃないかと心配に思うかもしれません。

仕事中は一切電話に出られない、せいぜいお昼休みや休憩中にスマホをちょっといじるくらいのことしかできないという方は少なくないと思います。

しかし最近は就職支援サービスでも積極的にSNSやチャットアプリを導入しているようで、コンサルタントとの連絡手段にこうしたツールが使われることが多くなりました。

電話は出来なくても、LINEでちょっと連絡をするくらいなら短い休憩時間中でも可能ですよね。

またカウンセリングも直接支店に行く時間を取れなくても、FaceTimeなどのビデオ通話アプリで対応してくれるところもあります。

最初の面談こそじっくり話し合うため直接会って行われるのが基本ですが、その後の連絡はLINEなどSNSを活用するエージェントも多いですよ。

これならアルバイトの休憩時間や休みの日などで十分に対応して就活を進める事が出来るはずです。

バイトしながらの就活に活用したい就職支援サービス

アルバイトを続けながら同時に就職活動を行うなら、就職支援サービスを活用すると便利だということがお分かりいただけたかと思います。

そこで、20代フリーターにおすすめの就職支援サービスをご紹介します。

複数を利用してみて自分に合っている就職サイトに絞っていくという方も多いですので、最初は一つに絞らずいくつかのサイトに同時登録してみるのもいいと思います。

就職Shop

就職Shopは、リクルートキャリアが運営する若者向け就職支援サービスです。

未経験からの就職に強く、これまでたくさんの正社員未経験者を就職に導いています。

就職Shopは書類選考が無いというのが特徴で、面接からのスタートとなります。

学歴や資格よりも人柄ややる気といった人間性で評価してくれる企業が多いから、経験が少なくても採用してもらえるチャンスがたくさんあるんです。

応募書類を作成する手間も省けるので、そういう意味でも書類選考が無いのは忙しい方には大きなメリットになりますね。

そして扱う求人はすべて就職Shopが取材しているので、ネットだけでは分からない細かな情報が豊富です。

求人先に関する情報はたくさんあった方がミスマッチを防げるので、これも利用する大きなメリットとなるでしょう。

今のところ東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、兵庫、京都の求人を扱っているので、該当地域の求人をお探しの方はぜひチェックしてみてください。

ハタラクティブ

ハタラクティブ

ハタラクティブは20代のフリーター・既卒・第二新卒の人向けの就職支援サービスです。

ハタラクティブは未経験OKの求人が豊富で、就職経験が無くてもしっかりサポートしてもらえます。

履歴書作成のアドバイスや面接対策などの丁寧なサポートを受けられるので、就活が初めての方、ニートの方も安心して利用できます。

未経験から正社員に就職したいという方はぜひチェックしてみてください。

ハタラクティブは現在、東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、愛知、福岡の地域に対応しています。

以前は東京近郊のみでしたが、徐々に対応エリアが拡大しているようで、東京以外にお住まいの方も利用しやすくなりました。





キーワード