営業職
20代フリーター 就職サイト > フリーターとお金 > フリーターはバイトしながら就活をした方が絶対良い理由

フリーター バイトしながら就活


バイトしながら就活

フリーターはバイトしながら就活するのがオススメ

就職活動をする際、今アルバイトをしているフリーターの人はバイトを続けながら就活をした方が絶対良いと思います。

特に一人暮らしのフリーターの人は、バイトを辞めても半年くらいは生活出来る!くらいの貯金があれば別ですが・・・、生活のためにバイトを辞める選択肢は無い、という人の方が良いのではないでしょうか。

「アルバイトが忙しくて就活が本当に出来ない!」

バイト先の店長が就活をしている事を伝えても、お店が忙しいからとシフトを減らしてくれないし休みも取りにくい・・・といったケースは確かにあります。

レアなケースと思いますが、バイト先の店長(正社員)が就活を応援してくれないというケースです。

アルバイトも今は人手不足になってきていますからね。
少ない人数でシフトを多めにして乗り切っているお店も多いと思いますし、どうしてもシフトを減らせない、といった事情もあるかも知れません。

でも、あなたの人生にとってはアルバイトよりも正社員就職する事の方が重要!ではないでしょうか。

その場合には、アルバイトを辞めたい前提で交渉する必要があるかなと思います。

もう少し就活のためにシフトの融通が利きやすいアルバイトに変えるべきです。

フリーターしながら就活する事は出来ます

むしろスケジュール管理能力を鍛えられますし、就活もお金が掛かりますからね。
出費に備えてお金を貯めておく事も重要ですよ。

フリーターがアルバイトしながら就活した方が良い理由

就職セミナー
フリーターがアルバイトを続けながら就職活動をした方が良い理由です。

就活資金が必要だから

フリーター歴が長い人の場合には、就活するための出費が一時的に大きくなります。

就活スーツを新たに購入したり、靴も必要ですよね。
カバンも持っていなければ、必要です。

まさかリュックで面接に行く、とかはないですよね?

腕時計もGショックしか持っていないのであれば、ビジネスにふさわしい時計を一本買った方が良いでしょう。

これから面接に進む機会もありますが、面接は第一印象が超重要です!

「この求職者は面接に来る格好じゃないない」

「面接なのに、身だしなみがなっていないな・・・」

と思われてしまっては、内定獲得が少し遠のいてしまいます。

面接のために身だしなみを整えるのは、仕事への取り組み方にも繋がる、と考える採用担当者は多いです。

就活スタート時には、就職活動に必要なものを購入、揃えるために出費も大きくなります。

また就活中も証明写真を撮りますし、面接会場まで交通費が掛かります。
求職者にまで交通費支給の会社はほぼありませんからね。

フリーターはアルバイトを辞めると収入が途絶えます
その分、確かに就活をするための時間は増えますが一日中、求人サイトを見たり応募書類の作成をしたりする訳ではないですよね。

アルバイトを辞めたら、時間を持てあましてしまう人が多いのではと思います。

バイトを辞めるよりも、アルバイト先の上司に就活をスタートすることを伝えて、シフト調整の相談に乗ってもらうようにしてください。

普通は、正社員になるための就職活動を応援してくれるハズです。

事情があってバイトを辞めた、といった場合には1日の単発バイトで繋ぐ方法もあります。

⇒ 1日から働ける激短バイト!ショットワークス

明日の単発バイトを探すと言った事も出来ます。

などを活用して、生活費や就活資金を得る事も考えてみてはと思います。

求人への応募から内定獲得まで、時間がかかる

就職活動を始めて、内定獲得まで時間がかかります。
まず、その間の生活費が必要ですよね。

求人サイトを利用して良い会社、興味のある仕事を見つけて応募。
書類選考を通過して面接、合否の連絡が来るまでも日数が必要ですね。

実際に内定獲得まで通常の就活スケジュールで、1ヶ月くらいは見ておく必要があると思います。

基本的に、就職活動は応募先の企業の都合に合わせて動く事になります。
連休を挟んだり、面接担当の現場責任者、役員の都合がつかず面接日が遅れる可能性もあります。

面接も二次面接がある場合が多いですが、日程調整がまた必要になりますね。

就職活動に必要な期間は、少し長めに見ておくと良いと思います。

空白期間(無職期間)は長く空けない方が良い

フリーターはアルバイトをしています。
アルバイトをしていない人は、ニートです。

企業側としては、フリーターはアルバイトをしながら就職活動をするのが普通、と思っています。

もし辞めて長く空白期間が空いている場合、「なぜアルバイトをしないんだろう?」と疑問を持たれてしまいます。

アルバイトのシフトを調整しながら就活する事は十分可能ですから、今度は「アルバイトをしない理由」を説明する事が必要になってしまいます。

1日中、就活する事は無いですから、単にアルバイトが面倒なだけでは?と思われないようにしっかりと説明しなければなりません。

アルバイトをしっかり続けながら、就活もしっかり出来ている場合スケジュール管理能力があるなど、多少は印象が良くなる可能性もあります。

アルバイト経験をアピールすることが出来る

書類選考を通過し、面接となった際にアピールできることは一つでも多い方が良いですよね。

アルバイト経験は職歴としては見なされませんが、バイトを通じて身に付けた事を話す事は出来ますし、職場の改善に繋がる貢献をしたことがある場合には、そうした事例も十分アピールにつながります。

アルバイトとはいえ、日々言われたこと仕事だけをする姿勢の人材よりも、少しでも職場が良いように改善するために考えて行動が出来る人材、どちらが良いかと言われれば間違いなく後者です。

アルバイトでありながらも職場の改善のために行動した、というのは誰もがする行動では無いですから印象に残る可能性は高いです。

立場的にはそこまで経験を積めないかもしれませんが、小さな事であったとしてもアルバイトを通じて得た事、働くという事について考えた事などがあれば、アピールされた方が良いと言えます。

もちろん、(本人は良いと思っていても)実はアピール出来ない内容を熱く語ってもマイナスになる可能性もあります。

どういった内容を面接でアピールするかについても、就職支援サービスの担当コンサルタントと相談をされると客観的にアドバイスをもらう事が出来ますので、オススメです。

アルバイトをしながら、就活は十分可能

就職アドバイザー
企業側もフリーターはアルバイトをしているのが普通と思っていますから、ある程度は面接日の調整などに応じてくれるものです。

あまりに提示される日程にNOを言うのは避けたいですが、シフト上、どうしても面接に向かのが難しい日は交渉しても問題ありません。

フリーターがアルバイトをしながら就活する大きな理由は、

生活費、就活資金

です。

アルバイトを辞めて就活に専念したら、貯金がすぐに底を尽きる、といった方も出てくるのではと思います。

お金が無くなると、妥協して就職先を決めることにもなりかねません。
それこそ、内定が出やすいブラック企業へ就職・・・といった事も考えられます。

アルバイトをしっかり続けながら就活をしているフリーター

と、

アルバイトを辞めて就職先がまだ決まっていない元フリーター

では、印象も違います。

アルバイトを辞めて就活に専念しても、すぐに就職が決まる訳でもありませんからね。

アルバイトをしながら就活する方法

フリーターの就職活動は一人で様々な事をこなさなければなりません!

未経験OKの求人を探して、応募書類を作成して応募、書類選考が通過したら面接日の調整、面接、二次面接の日程調整、内定が出たら就職の準備・・・

細かく見ると、もっとやる事があります。

企業研究も当然しっかりやる必要があります。

でも、アルバイトも忙しい・・・

そうしたフリーターの方に便利なのが、フリーター向け就職支援サイトを利用する就活の仕方です。

フリーター向け就職支援サイトを利用する事で、経験豊富な就職アドバイザーなどが担当に付いてくれて、就職活動をサポートしてくれます。

あなたに合っている求人探しから、企業の詳細な情報、面接日の調整なども行ってくれます。

20代フリーター、第二新卒、既卒 オススメ就職サイト ランキング

でオススメのフリーター向け就職支援サイトをご紹介しています。

複数を利用してみて、自分似合っている就職サイトの利用に絞っていくという方も多いです。

実際に就職活動をするにあたっても、フリーターは自力での就職活動は大変な事が多いですからね。

こうした20代フリーター、既卒、ニートの就職支援を専門とするサポートを利用した方が内定獲得はしやすいと言えます。





キーワード