20代フリーター 就職サイト > ニート就職 > 30代 ニート就職支援

30代 ニート就職支援


30代 ニート 就職支援

30代ニート就職支援について。

30代にニートのまま突入すると、じわじわとニートとして詰む将来が近づいてきてしまいます。
未経験、職歴なし、無職ニートから正社員就職を目指すのはやはり難しいのが現実です。

年齢からいうと30代前半であればまだ正社員就職できる可能性は高く残っています。
30代後半になると、あまり選択肢はありませんが幾つかの職種で正社員を目指すことは可能です。

30代、職歴なしニートから正社員を目指すのはギリギリ、という気持ちを持って就職活動をされてみてはいかがでしょうか。

今はまだ生活出来ていても、いずれ行き詰まるのは確実です。

30代ニート就職支援で利用できるサービスをご紹介しています。

30代 ニート就職支援で利用出来るものは?

30代ニートから正社員就職に成功した人がいます

もちろん、自宅でひこもってニート生活をしたまま、良い就職先の話が舞い込んできたので就職してあげた・・・という話ではありません。

ニートの気持ちを完全に切り替えて、必死に就職活動をした結果、正社員になることが出来たという話です。

よく言われる話なのですが、30歳を越えると「未経験OK」の人は応募可能な求人が激減します。

30代の転職は経験者、即戦力が基本となります。

そうした就活市場の中で30代の職歴なし、未経験OKのニート向け求人を探すには利用する求人媒体を選ぶことがまず重要です。

30代 ニート就職活動の方法

30代をニートで迎えてしまった場合であっても、まだ諦める必要はありません。

30代、40代の非正規雇用、ニート・フリーターの就職支援、、政府の支援もさらに本格化しそうですから、補助金目当ての企業が増え30代のニート・フリーターを積極採用する企業が増える可能性はあります。

就職氷河期、ロスジェネ世代の救済、30代、40代の非正規社員、フリーター・ニートの正社員化が過去に無いくらい問題になってきていますからね・・・。

ただ、やはり正社員就職を決められるかは、本人次第といった部分が大きいです。

正社員就職は確かに厳しいですが、諦めずに就職活動をすることで内定をもらい正社員になった30代ニートの方はいます。

30代ニート脱出、社会復帰するために正社員になるには、

  • 30代、職歴なし未経験OKの求人を探す
  • 30代も利用可能な就職支援を利用する

といった就職活動の方法があります。

また出来れば少しずつアルバイトで外に出て働きながらの就職活動が良いでしょう。

完全にニート生活をしていた求職者の場合、採用担当者はコミュニケーション能力を疑問視する場合もあります。

アルバイトができるということは、少なくとも完全に引きこもっていない、ということを分かってもらうことは出来ます。

求人サイトで30代、未経験OKの正社員求人を探す

利用する求人サイトによっては、まだ30代の未経験OKの正社員求人が見つかる場合もあります。

リクナビNEXT【未経験求人を探す】

がやはり求人数が多いので、情報収集には活用しやすいと思います。

しかし、こうした自分で求人を探して直接応募するタイプの求人サイトは、書類選考を通過するのが難しいです。

面接を受けることが出来ても、内定をもらうのもさらに難しいために就活をして心が折れる可能性があります。

30代ニートの方も求人を探すことは出来ますが、あまりオススメの就職活動とはいえません。

30代無職からの脱出、ニート就職支援を利用する

30代ニートから正社員就職を目指す場合、最も成功率が高いと言えるのがニート向け就職支援を利用する方法です。

求人サイトと比べると求人数の少なさがデメリットとして言われることが多いのですが、そもそも普通に求人サイトを利用して応募をしても書類選考に通らないことが多いです。

であれば、ニートでも人物重視、人柄重視で採用を考えてくれる企業が利用して採用活動をしているニート向け就職支援サービスを利用した方が内定をもらえる可能性は高いです。

求人サイトを利用した場合、30代ニートの就職活動は、数を打っても当たりません
当たるとしても、ブラック企業しか当たらないと言って良いでしょう。

ニートの就職支援を行っている就職支援サービスはいくつかあります。

その中で、年齢制限が無いところ、30代前半まで利用可能な就職支援をご紹介します。

就職相談にはこうした就職支援を利用されることをおすすめします。

ただし、求人の状況によって30代でも紹介可能な求人が無い場合もあります。

就職のためにまず一歩、動いてみることがとても大切です。
まずは相談から始めてみてはいかがでしょうか。

就職shop

リクルートが運営する正社員就職を目指す若者向け就職支援が就職shopです。

年齢制限はありません。
ただ、基本的には20代向け求人となります。

30歳を超えた方でも、求人状況によっては紹介してもらえることがあります。

就職shopは人材採用に利用している企業が業界トップクラスに多いことが大きな特徴です。

30代ニート・フリーターの就職実績もありますので、まずは相談してみてはいかがでしょうか。

30歳、31歳といった方は、まだ就職できる可能性はあるでしょう。

⇒ 就職Shop 詳細はこちら

DYM就職

35歳まで就職サポートを利用可能なのがDYM就職です。

30歳を越えるとどうしても就職の際、職業の選択肢が減ってしまいます。
どうしても無理な仕事もあるかもしれませんが、まずは正社員になってキャリアをスタートすることも大切といえるのではと思います。

30代前半の職歴なし社会人未経験ニート・フリーターの利用も可能なDYM就職に相談をしてみて、どういった求人があるかを確認してみてください。

⇒ DYM就職 詳細はこちら

30代ニートの就職は、採用されやすい仕事を選ぶことも大切

29歳まで正社員としてキャリアがしっかりあり、1年ほどニートをしていた30歳ニートの方の場合は転職活動をしても転職先が決まるかもしれません。

仕事も選びやすいでしょう。

しかし、30代まで職歴なし社会人未経験できてしまった場合、仕事の選択肢が非常に限られてしまいます。

それはもう前提として受け入れて、就職活動をする必要があります。

選び過ぎていては、それこそ就職できません。

見つかる求人の中で、出来そうな仕事、やってみたい仕事を選ぶことが必要になってきます。

やりたい仕事がないから就職しない、では今までとずっと一緒ではないでしょうか。

本気でニートから社会復帰を目指す場合、あまり業界・職種を選び過ぎずに就職できる可能性があれば挑戦する気持ちも重要です。

30代ニートの就職は、採用されやすい仕事を選ぶことも大切といえます。

人手不足、学歴・職歴が重視されない仕事で無職ニートから脱出

タクシードライバーとして就職
求人サイトを利用して情報収集をしてみると、東京や大阪など都市部では面白そうな職種の求人をたくさん見つけることが出来るかもしれません。

しかし、30代ニート、未経験から採用されるとは思えない求人がほとんどといって良いでしょう。

職歴なし社会人未経験の人が採用されやすいのは、やはり人手不足の業界です。

介護、飲食、IT、タクシー、建設など。

職種で考えても良いかもしれません。

営業、販売・サービス、工場、警備、ドライバーなど。

ニート生活の中でSNSスキルやプログラミング、サイト作成などスキルを身に付けている人は、IT業界で評価してもらえるかもしれません。

ニート生活中、何をしていたかによって就職を目指しやすい仕事もあります。

自動車免許を取得している方で車の運転が好きな場合には、タクシードライバーになるという選択肢もあります。

タクシードライバーへの就職 関連記事

フリーターからタクシードライバーへ就職する

フリーター歓迎、未経験歓迎の求人が多いこともタクシードライバーの特徴です。

ここではフリーターからタクシードライバーになる際のメリット・デメリットやタクシードライバーの給料・年収、求人の見つけ方などについてご紹介をしています。

タクシーの仕事はフリーター・ニートも歓迎、30代もまだまだ若手です。
よほどコミュニケーション能力に問題があったり、健康状態が悪くなければ採用はしてもらいやすい仕事です。

働き方が少々特殊ですから、調べてみて興味を持てるようであればタクシー求人を探してみてはと思います。

タクシードライバー専門の求人サイトもあります。

30代ニート 就職支援サイトを利用して正社員就職を目指す

30代ニート就職支援で利用出来るものをいくつかご紹介しました。

年齢的には、どういった就職活動をしても厳しいと思って取り組むことが必要になってくるのではないでしょうか。

このままニート生活をしていたとしても、親に何かあればたちまち生活が行き詰まるのは見えています。

1歳でも若い方が正社員就職はしやすいのは事実です。

利用出来る就職支援を活用してみてはいかがでしょうか。

まずは相談から、一歩始めてみてはと思います。

30代でも利用できるニート向け就職支援として、

⇒ 就職Shop 公式ページはこちら

⇒ DYM就職 公式ページはこちら

をご紹介しました。





キーワード