フリーターからの正社員就職
20代フリーター 就職サイト > ニート就職 > 20代 ニート 採用されやすい仕事

20代 ニート 採用されやすい仕事


20代 ニート 就職

20代ニートの就職

ニートから就職を目指すのであれば、20代の間が有利です。

とはいっても、20代前半のニート歴が短い時期と、20代後半でニート歴が長くなってくる場合とでは自己アピールの作り方、面接対策(質問への答え)などの準備は変わってきます。

20代の間に正社員就職するには、ニート向け就職サイトの活用がオススメです。

⇒ ニートOKの就職支援サイト

20代ニート就職する方法

20代でニートの方なら就職できる可能性が高いです。

もちろん、就職活動に取り組むために動けることが前提ではありすけれど、ニート向け求人を多く扱う就職支援サイトを利用することで、脱ニート、正社員就職に成功しやすくなります。

ニート就職に実績が多いオススメの就職サイトは、

⇒ ニートおすすめ就職サイト

でご紹介をしています。

「どんな就職先があるか、就職相談をしながら考えてみたい」

といった方は、就職支援サイトの選び方として幅広い業界・職種の求人を扱っている就職支援を利用することをオススメします。

自社サービスで扱っている求人の中から、適性のある仕事を紹介してくれますので求人が少ないところだと、希望と全く違う職種を延々と勧められる可能性がありますからね。

就職支援サイトの中でも、幅広い業界・職種の求人があるということで、DYM就職、就職shop、ハタラクティブの3つをオススメしたいと思います。

ニートからの正社員就職に、こうしたニート向け未経験者歓迎の求人が多い就職支援サイトの活用をオススメしています。

ニートから正社員就職、採用されやすい仕事をご紹介します

このままずっとニート生活を続けていこう!という方は少ないと思います。

「もう少ししたら仕事、しないとな・・・」

と考えながら過ごしてきた人の方が多いのではないでしょうか。

それが今、そろそろ就職しないとな・・・と思ったら、出来れば一歩ずつで良いので動き出してみましょう。

ニートからの正社員就職も、20代の方が有利です。

フリーターからの正社員就職も同様ですが、どうしても30代になると未経験OKの求人が減ってきてしまいますから、就職先を見つけるのが難しくなってしまうんですね。

ニート歴がどれくらいの期間かも人それぞれですが、その期間も短い方が就職活動はしやすいです。

ニート歴が数ヶ月であれば、「就職活動をしていたけれどなかなか決まらなかった」という話にする事も出来ますが、さすがにニート歴5年、6年となるとそうもいきません。

「そんなに長い期間、何をしていたのですか?」

と面接で確実に聞かれる質問です。

もちろんニート生活を脱出して働きたいからと、正社員として仕事に就きたい気持ちをしっかりアピール、志望動機もしっかり作る事で就職に成功している方はたくさんいます。

就活をする際には、ニートからでも採用されやすい仕事を狙う事もポイントとなりますね。

無職期間が長い場合、30代になってから就職活動を始めるのは厳しいです。

少しでも、就職のチャンスが多い20代に就職活動を始める事をオススメします。

⇒ 正社員就職を目指すなら、ニートOKの就職支援サイトの活用がオススメ

でニート利用OKの就職支援サイトをご紹介しています。

ニートが正社員就職を狙いやすいのは人手不足の業界・職種

未経験OKの正社員求人
ニートから正社員になる事を狙う場合、就職のしやすさでいうとやはり「人手不足の業界・職種」を狙う事が重要です。

ただ、やりたい仕事が他にある場合には、そちらへの就活を先に行ってみても良いと思います。

ニートの人はITスキルが高い事が多いため、IT・WEB業界へ就職しやすいケースもあります。

好き(=スキルが高い、知識が豊富)を活かす事は、就職しやすい条件の一つです。

得意な事を活かして就活をしてみる方法もオススメです。

しかしある程度の期間、就職活動を行ってみて無理そうだった場合には、就職しやすい仕事へ狙いを変えて就活をすることも重要といえるのではないでしょうか。

その人の適性もありますから、必ずしも面接官が評価をしてくれるとは限りませんからね・・・。

ニートの人も採用されやすい仕事には、黙々と作業する仕事も多いです。

清掃業、ビルメンテナンス業など。
比較的、内定が出やすい仕事です。

製造・工場系の仕事や警備員もそうですね。

他人とのコミュニケーションが少々面倒・・・と思っている人にも向いていると思います。

ちょっとしたきっかけでニートになった。
元々体を動かすのは好き、人と話すのもそんなに苦手では無い、といった人の場合には、意外と働いてみたらバリバリ出来るかもしれません。

セールスドライバーや宅配員も人手不足ですから、体力に自信がある方には内定が出やすい仕事といえそうです。

人手不足の業界・職種で探してみると、待遇もそれなりに良いのにイメージがあまり良くないといった事から人手不足となっており、採用されやすい仕事もあります。

正社員として就職すれば、それまでの無収入から月収20万円といった収入が得られます。

収入があることで生活も安定しますから、それがさらに自信にも繋がりますし、趣味を充実させたりと言った事ももちろんしやすくなりますね。

まず、アルバイトから仕事に慣れてみる事もオススメです

ニートからいきなり正社員になるのはハードルが高いな・・・やっぱり気が進まない。
正直、就職がこわい。

といった場合には、アルバイトから外に出て働く事に慣れる方法もオススメです。
アルバイトであれば責任も少なくて済みますから、気持ち的にも楽ではと思います。

未経験OKで求人数が多く、オススメのアルバイトとしては接客業があります。
最初は大変だとは思いますが、仕事の多くは人とのコミュニケーションで成り立っているといって良いでしょう。

接客業を経験しておくことで、その後の仕事探しで色々な職種へ応募する度胸もつくと思います。

先ほども出ましたが、警備、会場設営などの仕事もアルバイト、フリーターを募集している事が多いです。

最近はWEBライターの仕事も増えてきています。
ある程度のクオリティで記事を書ける人の場合、そこからいきなりライター雇用の可能性もありますから検討してみても良いかもしれませんね。

アルバイト探しで便利なのは、

マッハバイト

バイトルNEXT

といったバイト求人サイトなどがオススメです。

正社員登用有りのアルバイトを探してみる方法もありますね。

これだと実際にアルバイトとして働いてみてから、自分に向いている仕事かどうか、続けられそうかを考える事が出来ます。

ニートやフリーターから正社員就職を目指す際、正社員登用有りのアルバイトを探す方法もオススメです。

20代 ニート就職するには

未経験OKの正社員求人を探す
20代のニートには就職のチャンスはまだ多く訪れます。

ニートとはいってもどれくらいのニート歴があるかどうか、今の年齢などによっても就職のしやすさは変わってきます。

人口減少社会に突入した日本では、労働力不足に悩む企業は多いです。
人手不足による倒産もあるのですから・・・

そうした状況で、未経験、フリーターやニートの方であっても「仕事へのやる気」があって若手(20代)であれば採用したい、と考える企業が増えています。

ニートから脱出し、正社員就職するには今は過去よりもチャンスが多い時代です。

2020年の東京オリンピック後の景気はどうなるか分かりません。

労働力不足には違いないから人手不足が続く、という予想も多いですが景気悪化もあり得るため、一転して人手が余るという人もいます。

ニートから正社員就職するには、20代は今は職歴なし・未経験であっても正社員求人が見つかりやすく、就職支援サービスも様々あり利用する事が出来ます。

ニート、といっても様々な方がいると思います。
仕事へのやる気がある就職を希望しているニートの方は、採用を積極的に考えてくれる企業を探してみませんか?

ニートOKの就職支援サービスを利用する事で、未経験者を採用している企業の求人を紹介してもらう事が出来ます。

正社員就職を目指すなら、ニートOKの就職支援サイトの活用がオススメ

就職アドバイザー
ニートから正社員就職を目指す場合、ニートOKの就職支援サイトの活用がオススメです。

自力での就職活動でも内定獲得を目指す事は出来ますし、就職先が決まる方もいます。

しかし、多くの方が就職活動で壁に当たることも多いでしょうから、サポートを受けながら就職活動を進めていける就職支援サイトの活用がオススメです。

ニートOKの未経験歓迎求人も多数あります。

膨大な求人の中から自由に業界・職種を選ぶと言った事は出来ませんが、それでも数千件の求人を所有している就職支援サイトもあります。

希望や適性のある仕事探しをサポートしてもらいながら、正社員就職を目指す事が出来ますので、ぜひ活用してみてはと思います。

ニートOKの就職支援サイトとしては、

⇒ DYM就職

⇒ ハタラクティブ

⇒ ジェイック(JAIC)

⇒ 就職Shop

などの活用がオススメです。

20代後半 職歴なしニートは就職できない?

20代後半、職歴なしニートからの就職は、確かに不利になることが多いです。
しかし、就職のチャンスはまだ多く得ることが出来ます。

20代後半になると、未経験OKの正社員求人もガクンと減ってきます。

特に27歳、29歳は求人数が減る区切りの年齢といって良いでしょう。

採用する側の立場に立って考えてみると理解できますが、ニート歴が長い人よりは1年でも短い人、少しでも仕事を覚える吸収力、柔軟性を備えているであろう若い年齢の人を採用したいと考えるのは当然といったところです。

ニート向け就職支援サイトを何度かご紹介をしていますが、こうした就職支援サービスの活用によりニート期間をそこまで重視せず、あくまでもこれからの働く意欲、人物重視での採用をしてくれる企業と出会うことが出来ます。

正直な所、自力での就活で内定獲得するのは難しいと思います。

こうしたニート向け就職支援サービスの活用をオススメいたします。

・ニートになった理由
・空白期間の説明
・志望動機

など、ニートが面接で必ずされる質問についても、答え方のアドバイスなどを就職活動のプロであるコンサルタントからもらいつつ、準備をすることが出来ます。

20代後半でも、就職に成功しているニートの方も多数います。

情報収集のために登録をした、という方も多いですからまず一歩、就職のために踏み出してみてはいかがでしょうか。

30代ニートの就職は厳しい、20代のうちに脱ニート正社員就職を

ニートから就職活動
職歴なし30代ニートが就職を目指すのは難しいです。

アルバイトから始めたり、契約社員から正社員登用を狙ってみたりすることが重要となってきますが、それであっても確実に正社員になれるとは限りません。

選択肢によっては30代もニート・フリーターのまま過ぎてしまう可能性があります。

一方で20代の間であれば、職歴なし・社会人未経験であっても、ニート歴が長くなっていたとしても正社員就職を目指しやすい状況です。

人手不足の業界も多く、未経験者の採用を考えている企業が増えていますが、未経験者の採用といっても何歳でも良いわけではありません。

採用後の教育期間、業務に必要な知識の吸収力、職場のコミュニケーションなどを考えた場合。

未経験者の採用は20代まで、といったように29歳以下で中途採用を行う企業が多いのです。

求人には掲載されていませんが、基本として27歳以下など条件を設定している企業もあります。

職種によっては就職してからの知識量が多い場合もあります。
その場合、30代後半の未経験者だとついていけない・・・といった可能性が高くなることは考えられます。

30代で未経験者を採用すると、職場の上司・部下のコミュニケーションも難しくなる事を不安に考える職場も多いです。

30代に入ると未経験者向けの正社員求人が激減するということもありますから、ニートを脱出し正社員就職を目指すのであれば、求人も多く見つけやすい20代の間が有利といえます。

就職したいニートの方へ

就職したいニートの方に想定しておいて欲しいのは、やはり就職活動がなかなか上手くいかなかった時のことです。

職歴なし、ブランク期間が長い場合にはさらにですが、就職活動をしても内定獲得までに時間が掛かることが多くなります。

諦めずに就職活動を続けていくことが最も大切になりますし、また不採用になった原因を分析し、改善をしていくことも大切です。

・応募書類の書き方に問題がある
・面接対策が不足している
・求人を選び過ぎている
・企業研究が不足している
・面接マナーで失敗している
・応募する業界・職種が手当たり次第になっている

などの他にも、様々なことが就職できない理由として考えられます。

ニートの方の就職活動の場合、サポートを利用しての就活をオススメしています。

ニート向け就職支援サイトを利用した場合には、担当コンサルタントが不採用になった場合には、その理由を企業側に確認をして、あなたに情報として伝えてくれます。

最終的に内定獲得をするためには、不採用になった場合こそ重要ですよね。

一人での就活では企業側に「不採用になった理由」を聞いても教えてもらえないことも多いです。
就職支援サイトを利用するメリットは、こうした部分にもあります。

ニートの方も高い成功率で就職活動をすることが出来る、就職支援サイト、ぜひ活用してみてくださいね。

【関連記事】
ニート就職支援、おすすめ就職サイト





キーワード