ニート向け就職支援サイト
20代フリーター 就職サイト > ニート就職 > ニート就職支援サイト

ニート就職支援サイト


ニート向け就職支援サイト

ニート就職に役立つ就職支援サイト

ニート脱出、正社員就職を目指したい!と思った時、でもやっぱり一人での就職活動は自信が無くて・・・という方も多いのではないでしょうか。

ニートになった理由もいろいろあると思います。
最初はこうした生活になると考えていなかった方もいるかもしれませんね。

ニート生活が長く、ブランク期間が長い方の場合だとより漠然と不安や悩みがあり、正社員として働くことも怖いといった気持ちもあるかもしれません。

「でも、いつまでもニートでいてはいけない。そろそろ正社員にならないと」

そうした気持ちもあって、という方も多いのではと思います。

ここでは、ニート就職に利用できる、職歴なし・社会人未経験からの就職に役立つ就職支援サイトをご紹介しています。

一般的に知名度が高い求人サイトを利用し、自分で求人を探し応募する就活の仕方よりも、サポートを受けながら就職相談をし適性のある仕事を紹介してもらう就活の仕方の方が、ニートの方にとっては成功率の高い就職活動が出来るはずです。

ニート向け就職支援サイト、ぜひ活用し就職先をお探しになってみてください。

ニート就職支援サイト

ニート利用OK、ニート向け就職支援サイトをご紹介いたします。

DYM就職

DYM就職はフリーター・ニートの就職支援にも特化している就職エージェントです。

相談からの就職成功率が業界トップクラスの高さを誇っています。

寄り添うサポートで内定獲得まで二人三脚でサポートしてくれます。

またエージェントの質が高く、求職者に合わせて様々な求人紹介が出来ることが強みの就職エージェントとなります。

新卒紹介でも業界トップクラスの実績があり、その実績やノウハウ、企業とのパイプなども活かしフリーター・ニートの方の就職サポートも行っているそうです。

様々な業界・職種の求人があり、偏りが少なめなこともオススメのポイントです。

もちろん、紹介してもらった企業が気に入らない場合には、改めて求人を探してもらうことが可能です。

書類選考無し、面接を受けられることもメリットです。

DYM就職はフリーター・ニートの方も高い就職成功率を元に就職活動を行うことが出来る就職エージェントです。

DYM就職の口コミ・評判も概して高いものが多いといえます。

サポート対応年齢は18歳~35歳までとなっています。

対応エリアは、東京、大阪、名古屋、福岡、仙台、広島、札幌。
(仙台と広島、札幌は時期により面談場所に指定できないこともあります)

最新の利用状況をDYM就職の公式ページでご確認ください。

⇒ DYM就職 詳細はこちら

就職shop

リクルート運営、就職shopです。

利用企業数が業界トップクラス、求人数も豊富で業界・職種のバランスが良い就職エージェントではないでしょうか。

フリーター・ニートなど、職歴なし・社会人未経験の就職支援にも強みがあります。

直接会って話をすることに非常に力をいれており、拠点に通うことが出来ない方は利用できません。

書類選考無しで面接が受けられることもメリットとなります。

就職shopは関東エリア、関西エリアに拠点が集中しています。

東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、兵庫、京都にお住まいのフリーター、既卒、第二新卒、ニートの方の就職活動にオススメです。

⇒ 就職Shop 詳細はこちら

ジェイック(JAIC)

ジェイック

ジェイックはフリーター・ニートなど社会人未経験から正社員就職を目指す方の支援をしている就職支援サービスです。

就職成功率は80%以上。

無料の就職支援講座、面接会が特徴です。

就職支援講座の中でしっかりとビジネスマナーなども学ぶ事ができますので、はじめて就職活動をする方、何から就活をして良いか分からないニートの方にもオススメです。

拠点が多い事もジェイックの特徴です。

女性フリーター・ニートの方の就職支援に特化した女子カレッジもあります。

女性ニートの方で利用可能な拠点近くにお住まいの場合には、おすすめです。

説明会が頻繁に実施されていますので、まずは情報収集に参加してみてはいかがでしょうか。

⇒ ジェイック 詳細はこちら

⇒ ジェイック 女子カレッジ 詳細はこちら

ハタラクティブ

ハタラクティブは関東、大阪エリアを中心に、フリーター・ニートなど社会人未経験から正社員就職を目指す方のサポートをする就職支援サービスです。

就職支援サービスの中でも幅広い業界・職種の求人を扱っています。

中卒以上の方で就職を希望する20代までの方が利用できます。

⇒ ハタラクティブ 詳細はこちら

ウズキャリ

ウズキャリ既卒フリーター卒就職支援

サポートの手厚さが特徴のウズキャリです。

一人にかけるサポート時間は、業界No.1といって良いでしょう。

後発ベンチャー企業のため、求人数はまだまだ少なめでIT系求人の割合が多めといえます。

サポートの手厚さが欲しいニートの方には合っているのではと思います。

ウズキャリの拠点は、東京、大阪、名古屋にあります。
ただし、遠方の方であってもSkype面談や電話面談ができれば相談可能です。

⇒ ウズキャリ 詳細はこちら

ニート向け就職支援サービスの種類

ニート向けに就職支援サービスを行っているところは上記のような民間の就職支援サービスだけではありません。

いくつかご紹介をいたします。

引きこもり、社会復帰のために少しずつカウンセリングを受けたい、就労体験を利用してみたい、といった場合など目的に応じて利用する就職支援を選ぶ事も大切なポイントです。

本人の気持ちも重要ですが、親御さんからの相談も可能な支援もあります。

ハローワーク

公共職業安定所です。

全国各地にあるため、地方にお住まいの方でも利用できる事が最大のメリットです。

ここまで拠点を置く就職支援サービスはハローワーク以外には無いと言って良いでしょう。

・求人の閲覧、紹介
・就職相談
・各種就職支援セミナー
・職業訓練

などを利用することが出来ます。

関連サイト:ハローワークインターネットサービス

わかものハローワーク

正社員を目指す若者を専門的に支援しているのが「わかものハローワーク」です。

「わかもの支援コーナー」「わかもの支援窓口」という政令指定都市もありますが、ここでは正社員を目指す若者(おおむね45歳未満)を対象に就職支援を行っています。

民間の就職支援サイトは基本的には20代を対象に就職支援を行っています。

30代になると紹介可能な求人が激減するからなのですが、わかものハローワークは45歳未満までとなりますので、30代、40代のニートの方が正社員就職を目指す場合にも利用することが出来ます。

ハローワークとの違いは、担当者が付いてアドバイスをくれることです。

適性検査、自己分析、各種就職支援セミナーなど利用することが出来ます。

関連サイト:厚生労働省 わかものハローワーク

地域若者サポートステーション(サポステ)

15歳~39歳までの若者を対象として就職支援サービスを提供している施設です。

若者支援の実績やノウハウがあるNPO法人などが運営しています。

就労体験が出来るところが多く、少しずつ社会復帰したいというニートの方には適しているのではないでしょうか。

ジョブカフェ

ジョブカフェとは、都道府県が主体的に設置する、若者の就職支援をワンストップで行う施設です。

正式名称は「若年者のためのワンストップサービスセンター」となります。
ジョブカフェの方が圧倒的に知られていると思います。

利用対象年齢はジョブカフェによって違いがありますが、主に10代~30代となっています。

関連サイト:厚生労働省 ジョブカフェにおける支援

就職エージェント

先ほどご紹介した民間の就職支援サイトの他にも、たくさんのニート利用OKの就職エージェントが今はあります。

就職活動のプロがアドバイザーとして一人ひとりを担当、内定獲得まで手厚いサポートをしてくれることが特徴です。

就職活動に先立ってのカウンセリング、自己分析、求人の紹介、企業研究サポート、面接対策、入社までのサポート、入社後のフォローがある場合も。

自力での就活よりも就職成功率が高くなることも、大きな利用のメリットでしょう。

ニートの仕事探しで重要なポイント

就職支援サービスの活用
ニートの仕事探しで重要なポイントは、一人の就職活動にこだわらず就職活動のプロを利用することです。

サポートを受けながら就活をした方が、挫折しにくいといえます。

企業選びの基準がとても重要ですが、社会人経験がなくニート歴が長い方は、ブラック企業に引っかかりやすい傾向はあると思います。

内定がたくさんもらえる訳ではない、という自覚があるためか、内定が出ると引き続き良い職場を探してといったことではなく、入社を決める方も多いようです。

しかしそこがブラック企業であった場合には、早期退職につながりますし、再びニート・引きこもりに戻ってしまう可能性もあります。

就職するのですから、正社員としてしっかり長く働ける職場を選ぶ事が大切となります。

企業に直接足を運び、独自の基準で厳しくブラック企業を排する民間の就職支援サービスは、そうしたニートの方の就職活動にピッタリといえます。

ニートの就職はいつまで大丈夫?年齢について

IT・WEB業界の仕事
ニートの就職はいつまで?年齢は何歳まで大丈夫?

ということをお考えになる方もいると思います。

これまでの経歴、職歴にもよるのですが既卒、大学中退した後ずっとニート、と言った場合には、職歴なし・社会人未経験という状況からの就活となります。

職歴なしニートの就活は、年齢を考えると20代の間に就職先を決めることを目指す必要があります。

できれば27歳くらいまでの間に正社員就職を目指したいところです。

29歳を過ぎ、30歳になると未経験者歓迎の求人が激減します。

就労体験も40歳を越えると受け入れ先が減る傾向があるということですし、ニートからの就職は30代がギリギリと考えて良いのではないでしょうか。

正社員経験が2,3年あって、1,2年ニートといった方はまた違った就活の結果になると思います。

ニート歴が長い場合には、正社員経験があっても考慮されないことが多いので、こちらの場合も就職は大変厳しくなります。

職歴なしニートであっても、20代後半、29歳まではまだ正社員就職を目指しやすい、というのが現状といえそうです。

既に30代でニート、40代も間近・・・という方は出来る限り早く就活をスタートされた方が良いのではと思います。
まずアルバイトから始める、といったことでも前進として考えるべきかと思います。

ニート脱出のポイントは、就職支援のサポートを利用すること

正社員として事務の仕事に就く
ニートや引きこもりといった状況から、いきなり正社員就職を目指して就職活動を全力でするのは難しい、という方も多いと思います。

ヤル気を出して就活をスタートしてみたものの、少しの悩み、壁によって就活が止まってしまう、というニートの方も実際に多いのです。

ニート脱出、正社員就職を成功させるポイントは、就職活動のプロの支援・サポートを利用しながら一人ひとりのペースで就活を進めていくことでは、と思います。

自己分析も一人ではしっかりと行うのは実は難しいです。

企業へアピールするポイントを抑えている就職支援サービスを利用することで、必要な自己分析がキャリアカウンセリングを通して行うことが出来ます。

履歴書や職務経歴書の添削、面接対策などもサポートしてもらえます。

企業との交渉、面接日の調整なども代行してくれます。

そうした就活の負担が軽いことも、ニートの就職活動に就職支援サイトの活用をオススメする大きな理由です。

ニートから正社員就職するための方法として、こうした就職支援サイトをぜひ活用してみてくださいね。





キーワード