長いフリーター期間からの正社員就職
20代フリーター 就職サイト > ニート就職 > ニートからの就職に必要なこと

ニートからの就職に必要なこと


ニートから就職

ニートを脱出、正社員就職するために

ニートだから就職できない、と時々思ってしまう方も多いと思います。

ニートになってしまうと就職活動は確かに難しくなってしまいますが、正社員就職に成功する方は実際はとても多いです。

一番大切なことは、脱ニートのためにしっかり行動できるかどうか

それも、出来るだけ早いタイミング、年齢が若い間に就職活動に真剣に取り組めるかどうかに掛かっているといっても良いでしょう。

ニートに限りませんが、就職や転職は年齢が高くなるにつれて難しくなります

特に30歳を越えて、職歴なし社会人未経験ニートから正社員就職を目指すことは非常に厳しくなってしまいます。

ニートから正社員として未経験で就職出来る会社を探す場合、20代はまだ求人を探しやすく採用の可能性があります。

ニートおすすめ就職サイト

を利用することによって、就職先を探すことは十分可能です。

ニートだから就職できない、ということはありません

未経験者歓迎の求人はたくさんありますし、採用後にしっかり教えて一人前に育てよう、ということで中途採用を行っている会社はたくさんありますよ。

特に中小企業は人手不足から、フリーターだから、ニートだからということではなく、面接をして人物重視、これからの仕事へのやる気、熱意を買って採用を考えたいという企業も多いです。

ただ、20代に限り、という企業が多いのが現実です。

ニート、仕事探しのポイント

ニートから正社員になるために仕事探しをする際、ポイントとなるのは次のようなことなどが挙げられます。

自己分析をしっかり行ってみる

求人サイトを利用すれば、今すぐにたくさんの求人を探すことが出来ます。
年齢や地域に応じて、未経験者歓迎の求人も多数見つけることが可能です。

でも、手当たり次第に応募をしても書類選考に通ることも難しいのではないでしょうか。

自己分析を就活の最初にしっかりと行う事で、自分の強み・弱み、得意な事・苦手な事、絶対にやりたくない仕事、などを明確にしておかれることをオススメします。

その際、ニートになった理由や原因についても、改めて考えてみてください。

正社員面接の際には、必ず質問されるものとして、

なぜ、ニートになったのですか?

といった質問があります。

それへの答えとして必要です。

求人を選ぶための条件をハッキリさせる

正社員就職するためには、応募したい会社を見つけ求人へ応募することが必要です。

その際、応募する求人の条件も決めておくと探しやすくなります。

・仕事内容(業務・業種)
・最低限、欲しい給料
・土日祝日の休み、年間休日数
・残業時間
・社風、職場の雰囲気
・転勤の有無

などが挙げられます。

全て理想通りの求人というのはなかなかありませんから、優先順位も考えておく必要がありますね。

これだけは譲れない、という条件でも良いと思います。

給料に関しては、求人サイトで正社員求人を調べていく中で、職種ごとに相場給与が分かってくると思います。

あまりに希望の給与額を上げると、求人が見つからなくなりますから注意が必要かも知れませんね。

ニートから正社員就職することも大変ではありますが、もっと大切なのは働き始めてからのことです。

早期退職したりしないように、納得できる職場の条件、仕事を続けられそうな職場を選ぶことが重要です。

生活習慣を整える

自宅で過ごすニート生活が長くなると、どうしても生活習慣が乱れる方が多くなるのではないでしょうか。

夜型生活の方は、少しずつ朝型に変えていくことが大切ですね。

今後ある面接も、日中に行われます。
早いと午前中、9時過ぎに始まる事もあるでしょう。

いつもは寝ている時間だから・・・と頭がスッキリ冴えない状態で面接を受けるのは避けたいです。

まして寝坊することは絶対に避けたいですね。

正社員就職を目指す場合、生活習慣も少しずつ規則正しいもの変えていく努力が必要となる方も多いのでは、と思います。

会社を選び過ぎない

先ほどの求人選びの条件に近いものがありますが、ニートから正社員就職を目指す場合には、会社を選び過ぎないようにすることも大切です。

ニート歴が長くなるほど、就職は厳しくなります。

そうした就活の厳しさがある中で、会社を知名度や規模などで選び過ぎてしまうと、就職できない期間が長くなる可能性が高いです。

まずは正社員就職して、仕事を始めること。
もっと良い待遇で働きたいという希望も、正社員としての経験があればこそ今後、転職を考える事もしやすくなります。

新卒の就活以外では、思っているような高待遇での就職は難しい、ということはやはり現実として受け入れる事が必要といえるでしょう。

中小企業、聞いた事がない会社の方が多いと思います。

しかし、そうした中小企業の中でも経営が安定しており、十分に優良企業といえる会社もあります。

そして、そうした知名度が低い企業の方が人手不足で困っている可能性が高く、ニートやフリーターといった未経験者の採用を積極的に考えてくれている可能性があります。

まずは情報収集をしっかりと行い、企業研究もしてみてはと思います。

そうする中で、長く働きやすそうな興味のある仕事が見つかるのではないでしょうか。

早期退職を防ぐために企業研究をしっかり行う

ニートから正社員就職するにあたり、気をつけたいのは早期退職しない職場、仕事を選ぶことです。

「とにかくニートから脱出したい。どこでも良いから就職したい」

就職活動の厳しさから、出た内定に飛びついてしまったり、妙に好条件の企業に入社をしてしまうと、実はブラック企業で激務により早期退職をしてしまう・・・という可能性もあるでしょう。

安易に就職先を決めてしまって、入社してから「こんなはずではなかった」と早期退職してしまう可能性もあります。

ニート生活をせっかく脱して正社員になっても、早期退職という経歴が残ってしまっては再就職するのはさらに困難になってしまいますから避けなければなりません。

企業研究をしっかり行う事で、業務内容は分かりますし、社風もある程度は掴めると思います。

その上で、面接を通して働き方や社風・職場の雰囲気なども質問をして確認する、といったことも大切ですね。

企業も採用する人材を選びますが、求職者としても自分が働きやすい会社を選ぶことも大切といえます。
(ただし、選び過ぎないにすることも大切です。バランスが重要ですね)

ニートから就職するために

一旦ニートになると、そこから抜け出して正社員就職することに苦労する方はとても多いといえます。

ただ、やはりこの先ずっとニート生活をしていても良い、と考える方は少ないでしょう。

「いつかは正社員として就職しなくては」

とお考えの方は多いと思います。

ニートでは、いずれ生活が出来なくなるのは目に見えていますからね。
実家が資産家などであればまた話は別かもしれませんが、そうしたご家庭は稀でしょう。

20代であればまだまだニートから正社員就職することは可能です。

それには自分を変えての行動が必要な方も多いと思います。

少しずつ、生活習慣を規則正しいに変えながら、ニートの就職支援にも多数の実績を持つ、

ニートおすすめ就職サイト

などを活用しての就活がオススメです。

人手不足で未経験からでも就職しやすい、フリーター・ニートOKの企業の求人を紹介してもらうことができます。

こうした就職支援を利用しながら、長く働きやすい会社への就職を目指す方法をオススメします。





キーワード